借金を早く賢く返済する方法とは?返済で悩む前に知っておくべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

多額の借金があって返済していると、早く完済したいと思うことはないでしょうか。

借金を返済し始めた当初は、これほどまで返済がきついとは想像していなかったでしょう。

お金を借りるのは簡単な時代になりましたが、返済するのは決して楽なことではありません。

そこでこの記事では、少しでも早く借金を完済したい方のために、借金を早く返済するための方法をご紹介していきます。

弁護士無料相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。
ご相談は無料ですので
お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ
0120-762-779
メールでのご相談

1、借金を早く返済するために最初にやるべきこと

借金を早く返済するために最初にしなければならないことは、自分の借金の現状を把握することです。

借金が多額でなかなか返済ができない人は、自分が毎月いくら返済しているのか、その返済によって借入元本が毎月どれくらい減少しているのかがわかっていないことが多いです。

おそらく借金がトータルでいくらあるのかさえ把握していないのではないでしょうか。

借金のことを考えると憂鬱になるので現実逃避しているのでしょうが、この状態では借金問題が解決されることはありません。

まずは、借金の現状を分析するため、計算することから始めます。

計算する具体的項目としては、以下のようなものがあります。

  • 借金のトータル金額
  • 毎月のトータル支払金額
  • 毎月のトータル支払金額の内に占める利息返済分
  • 毎月のトータル支払金額の内に占める元本返済分
  • 毎月の収入から返済に充当できる最大の金額

多額の借金があるのに毎月の返済額が少ないと、借入元本の利息分しか返済していない場合があります。

これでは元本の返済が行なわれていない状態なので、いつまでたっても借金のトータルは減りません。

借金を早く返済していくためには、元本を早く返済していく必要があります。

2、借金を完済するために知っておくべき2つのポイント

毎月の返済額をいくらにするかを計算しても、返済に回せるお金が少ない場合もあるでしょう。

借金をできるだけ早く完済するには、収入を増やすか支出を減らすかがポイントとなります。

(1)収入を増やすためのポイント

まずは収入を増やすための方法を紹介します。

① 副業をする

毎月の定期収入を急に増やすのは難しいので、本業以外に副業をして収入を増やすのがおすすめです。

本業がある時間を避けて、空いた時間や休日を使ってできることをします。

特に、スキルを活かせるものがおすすめです。クラウドソーシングサービスを利用して、企業から仕事を請け負うのもいいでしょう。

ただ収入を得るだけでなく、自分の専門スキルをアップさせることもできます。

ただし、職場によっては副業が禁止されていることもありので確認が必要です。

副業が禁止されているかどうかは職場の就業規則で確認できます。

就業規則に違反して副業を行なうと、戒告や減給等の懲戒処分を受けることもあります。

また、働きすぎて体調を崩すことがないように、体調管理はしっかりしましょう。

②本業の給料を増やす

給料を増やす方法として考えられるのは、残業をすることです。

もっとも、職場によっては残業をしようと思ってもそれほど仕事がないこともあるでしょうし、残業が許される上限時間が低めに設定されている場合もあるでしょう。

また、副業の項目で述べた通り、働きすぎて体調を崩さないように注意しましょう。

基本給が上がるなら、これに越したことはありませんので、昇給が望めそうな制度があれば、積極的にチャレンジしてみるとよいでしょう。

資格を取得すると資格手当が出る職場もあるので、職場の賃金規定等を確認してみましょう。

また、転職によって増収が見込めることもありますので、検討してみるとよいかもしれません。

③ 不用品を売却する

家に中に眠っている不用品で、売れそうなものを売却するのをおすすめします。

リサイクルショップなどへ売却してもいいし、インターネットオークションなどで販売してもいいでしょう。

それほど大きな金額にならないかもしれませんが、借金の返済にあてることができます。

(2)支出を抑えるためのポイント

収入を増やすことは簡単ではありませんが、支出を減らすことはすぐに実践できます。支出を抑えるためのポイントをご紹介します。

①優先順位をつけて低いものから削っていく

家計簿を見て支出に優先順位をつけ、優先順位の低いものから削っていきます。

家賃、光熱費、通信費などは削ることは難しいでしょうが、遊興費や服飾費などはコントロールできます。

②コンビニへ行かない

コンビニには便利なのでついつい立ち寄ってしまいますが、急な買い物をする時以外は行かないようにしましょう。

コンビニでは必要でない物まで買って、無駄なお金を使う可能性が高いからです。

③一番安い携帯料金プランにする

携帯料金は毎月かかりますが、通話をしないようにすれば料金を節約できます。

その他に、一番安い 料金プランを選択するといいでしょう。月額ではわずかな金額でも年間ではかなりの金額が節約できます。

④外食をしないようにする

自宅で食事を作ればお金がかからないので、特別な時以外は外食しないようにしましょう。

また食材を買う場合でも、スーパーの安売りをしているタイミングをねらうと節約できます。

⑤実家に帰る

家賃や光熱費などの固定費は節約しにくいのですが、実家に帰るとかなり節約できます。また実家では食費も安く抑えることができるので、節約できるお金はかなり大きいのです。

3、借金を早く返済するため10の方法

借金を早く返済するためには、次の10の方法があります。

(1)元本を減らすることに力を注ぐ

借金を減らすためには元本を減らすことに力を注ぐことが大切です。

金融会社が提示する最低返済額は、ほとんどが利息の返済にあてられます。つまり、元本はほとんど減らないということです。

これでは借金の返済はなかなか進まないので、少しでも元本を減らせる額を返済していくようにしましょう。

ただし、無理のない返済金額に設定することが大切です。

(2)給料日後には必ず返済する

給料が入ったら返済にすぐに回すようにしましょう。余ったお金で返済するのでは、いつまでたっても借金を返済することはできません。

毎月の給料から可能な限り返済していくのが、借金完済の近道です。

(3)予期せぬ収入は返済にあてる

思いがけない収入が入ってくることがありますが、そのお金は使わずに借金の返済に回しましょう。

手元にお金があると使いたくなるので、すぐに返済に回す習慣を身につけましょう。

(4)できるだけ貯金する

病気やケガをすると収入が途絶えることもあるので、できるだけ貯金をするようにしましょう。

万が一の場合に備えるというだけでなく、お金を管理する能力を高めることもできます。

(5)繰り上げ返済する

繰り上げ返済をすると、毎月の決まった返済額よりも多く返済することで、元本を早く減らしていけます。

その結果、トータルで返済する利息を抑えることができ借金を早く完済できるのです。

節約して支払いに回せるお金がある場合は、積極的に繰り上げ返済をするようにしましょう。

(6)返済先の優先順位を決める

多額の借金をしている人は、複数のところから借金をしている場合がほとんどです。

複数の借入先の中で、金利の一番高いところへ優先的に返済していきましょう。

金利が高いと返済額に占める利息分の割合は高いため、優先的に返済していくと、支払い利息のトータルを抑えることができるからです。

また、借金の残高が少ないほど金利が高くなる場合が多いため、残高が少ないところから返済すれば支払い利息は少なくて済みます。

金利負担が軽いと、精神的な負担もかなり軽くなるのもメリットです。

(7)借金を借り換えたり、おまとめローンで一本化したりする

複数の借入れ先があると借金の総額を把握しにくいし、返済日が異なる場合には返済し忘れるリスクもあります。

また、利息の高いところもあれば利息の低いところもあるでしょう。

そこでおすすめなのが、借金の借り換えや、おまとめローンを利用して借金をまとめることです。

支払い利息を抑えることができますし、返済日を間違えることもありません。

詳しくは「借金一本化で借金の完済を目指す!損をしない借金一本化の方法とは?」をご参照ください。

(8)債権者と返済方法について話し合う

借金の返済が滞りがちで利息を返済するのも困難な場合は、債権者と返済方法について話し合ってみましょう。

債権者としては返済してもらいたいので、話し合いに応じてくれることが多いのです。

話し合いをする場合に注意したいのが、返済する意志があることを示すことです。その上で、返済するのが困難なので現在の金利より低くしてもらえないかと交渉します。

必ず自分の希望が通るわけではありませんが、負担の少ない返済条件に変更してもらえる可能性はあります。

(9)親族に事情を話して借りる

親族からお金を借りるというのも有効な手段の一つです。

友人・知人から借金をするとトラブルになる可能性がありますが、頼れる親族がいる場合は友人・知人より頼みやすいでしょう。

もしも無利息で借りることができれば返済がぐっと楽になるでしょう。

ただし、軽々しく頼んでよい問題ではありませんし、返済期日を決めたら必ず守るようにしないと、信用問題になるので注意が必要です。

(10)新しい借金をしない

借金の返済期日にお金がないと、借金を返済するために他のところから借金する人がいます。

このような負のスパイラルになると、借金を返済するどころか借金はさらに膨らんでいくのです。

確実に借金を返済していくためには、新たな借金をしないようにしましょう。

4、借金を返済するのが困難になった場合は債務整理

トータルの借金額が多くなり、借金を返済していくのが困難になった場合は、債務整理をするのがおすすめです。

返済が不可能な状況になると、借金返済のために他のところで借金するという人もいます。

これでは借金は完済するどころか、さらに借金が膨らむ負のスパイラルです。

借金を繰り返していると、自分だけの問題ではすまなくなることもあります。

借金で生活が回らなくなったら、早めに債務整理を検討するようにしましょう。

債務整理には以下の4つの方法があります。

(1)任意整理

債権者である金融会社と交渉して、借金の減額や利息の引きなおしにより返済を楽にする方法です。

詳しくは「債務整理(任意整理)のデメリットは?クレジットカードを作れなくなる?」をご参照ください。

また、交渉中に過去に利息を支払い過ぎていることがわかった場合には、過払い金として返還請求することができます。

詳しくは「過払い金返還請求できなくなる?あなたの過払い金を守る方法」をご参照ください。

(2)特定調停

裁判所を仲介して債権者と返済条件を軽減する合意を行なう手続きで、裁判所を仲介役とする任意整理ともいえます。

(3)個人再生(民事再生)

借金の返済が困難であることを裁判所に認定してもらい、借金を減額して分割返済していく手続きです。

分割返済の期間は3年~5年ほどで、借金額が5000万円以下であれば、10分の1にまで減額することができます。

住宅などの財産を処分する必要がないのがメリットです。

詳しくは「個人再生のデメリットは?手続きや費用についても徹底解説」をご参照ください。

(4)自己破産

借金を返済できなくなった人に財産がないことを裁判所で認定してもらい、支払い義務を免除してもらう手続きです。

財産がある場合には処分する必要があります。借金をゼロにすることができるので、借金返済から開放されるのが最大のメリットです。

5、借金返済に困らないための2つの鉄則

時として借金しなくてはならない場面もありますが、以下の2つの鉄則を守れば借金返済で困ることはなくなるでしょう。

(1)借金することに慣れない

だれでも初めて借金をする時は抵抗を感じるものですが、借りたお金は自分のものではないので当然のことです。

ところが、借金に慣れてしまうと借りたお金を自分のものと勘違いするようになります。

これが借金を繰り返していく原因になるので、一度借りたら二度と借りないという意識を持つようにしましょう。

(2)元金がいくらかを意識する

常に借金の元本がいくらなのかを意識するようにしましょう。元本が多ければ支払う利息は多くなるので、余計なお金を借りることはなくなります。

利息を支払うのは損だという感覚を身につけて、無駄な借金をしないようになるのです。

6、借金を踏み倒してはいけいない

借金を返済することができない状況になっても、借金を踏み倒してはいけません。その理由は以下の3つです。

(1)社会的な制裁を受ける

借金の踏み倒しは犯罪ではなく、逮捕されるということもありません。その代わり、いろいろな社会的な制裁を受けます。

借金の踏み倒しをする場合は夜逃げという手段を使う人もいますが、夜逃げした場合、住民票を移すと逃げた先の居所が分かってしまうため、住民票を移す訳にもいかず、住民票上の住所を失うことになるのです。

この状態で長期間にわたって社会生活を送っていくのは、とても難しいものがあります。

まともな職に就けませんし、医療や福祉のサービスを受けることもできません。

一時的に借金の踏み倒しに成功して、元の普通の生活に戻ることは困難です。

(2)お金の面での信用を失う

借金の踏み倒しをすると、二度とお金を借りることができなくなることがあります。

15年以上経過すればお金を借れるようになることもありますが、可能性は低いでしょう。

(3)これまで築き上げた人間関係を壊す

借金の踏み倒しをすると、勤務先や実家などへ督促の連絡があり、これまで築き上げた人間関係は崩壊してしまいます。

お金の面での信用だけでなく、人としての信用まで失われてしまうので、その代償がいかに大きいかがわかるでしょう。

借金の踏み倒しを考える前に知っておくべき借金から解放される方法」も併せてご参照ください。

まとめ

借金が多くなると支払う利息は多くなるので、返済していくのは苦しくなります。

返済期間が長くなると支払総額は多くなるので、借金を完済するのは決して楽なことではありません。

借金を早期に返済するにあたり、この記事がお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士の無料相談実施中!


当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

ご相談は無料ですのでお気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。

SNSでもご購読できます。

最近の投稿