無職で借金がある人が借金から解放されて幸せになる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無職でも、借金をしてしまうことがあります。

また、借金がある状態で職を失ってしまうことだってあります。

そうすると、収入が無いから返済ができず、追い詰められてしまうことが多いです。

返済をせずに放っておくと、どのような問題があるのでしょうか?

また、無職でもお金がないときには、借金したいと考えてしまうことがありますが、仕事をしていなくても借金できるものなのでしょうか?

今回は、多数の借金問題を解決してきたベリーベスト法律事務所の弁護士が、無職で借金がある人が借金から解放されて幸せになる方法を説明します。

弁護士無料相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。
ご相談は無料ですので
お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。
お電話でのご相談
0120-762-779
メールでのご相談

1、無職で借金が返せない、放っておいたらどうなるの?

「無職なのに、借金がある…」

そんな状況に陥ってしまったら、どのようにして解決したら良いのでしょうか?

貯金があるうちは返済ができても、底をついたら返済はできなくなります。返済をせずに放っておくと問題があるのでしょうか?

カードローンやサラ金などで借金をして返済をせずに放っておくと、借入先から電話がかかってきたり、手紙や葉書で督促状が送られてきたりします。

それでも返済せずに放っておくと、「内容証明郵便」という郵便で、借金の一括請求書が届きます。

滞納してしまうと、分割払いが認められなくなるためです。だいたい、滞納後2~3ヶ月くらい経った頃に内容証明郵便が届きます。

また、この頃になると、信用情報に延滞情報が登録されてブラックリスト状態になります。

ローンやクレジットカードは利用できなくなりますし、今利用しているカードも止められる可能性がでてきます。

さらに放置していると、裁判をされる可能性があります。

裁判で判決が出たら、債権者から財産を差し押さえられてしまうかもしれませんし、将来就職したとしても、就職先での給料を差し押さえられる可能性があります。

このように、無職でも借金を放置しておくと大変なことになります。こんなことになる前に、早めに解決することが大切です。

2、無職で借金したいという考えは間違い?

無職で手元にお金がないとき、「どこか借入れができるところはないの?」と考えることがあります。

無職でもお金を貸してくれるところはあるのでしょうか?

借金には、基本的に審査があります

ただ、審査は緩い会社と厳しい会社があり、街の中小のサラ金などは審査が緩いので、借り入れることができるところもあるかもしれません。

親や兄弟、親戚、友人などの個人的な知り合いから借りられることもあるでしょう。また、闇金なら、無職の人にも貸付をします

しかし、無職で借金をしても、結局は返せなくなるだけです。借りたお金を使い切ってしまったら、その後はさらに厳しい借金生活が待っています。

友人からお金を借りた場合、返済ができないと人間関係も壊れてしまいます。闇金から借金をすると、厳しい取り立てに遭って追い込まれてしまいます。

また、当初から返済の当てがないのに借金をすると、将来債務整理するときに支障が生じる可能性もあります。

一度も返済していない借入先があると、個人再生や自己破産をするときに問題になる可能性がありますし、任意整理の話合いもスムーズにできないことがあるためです。

ですから、無職で返済ができないなら、借金はすべきではありません。

3、無職の人が、就職して借金を返す方法

それでは、無職なのに借金がある場合、どのようにして返済をすれば良いのでしょうか?

1つには、就職して返済をする方法が考えられます。

(1)自力で返済する

無職でも、就職できるなら、就職先の収入によって自力で返済することを考えましょう。これがベストな解決方法です。

ただ、就職先がすぐに見つかるかどうかは問題です。

就職活動には数ヶ月以上かかることが多いですが、その間、債権者は支払を待ってくれる訳ではありません。

また、就職しても、すぐに給料が入ってくることはなく、だいたい1ヶ月やそれ以上後になってしまいます。

そこで、就職して返済をするとしても、給料が定期的に入ってくるようになるまでの対応が必要です。就職活動中もアルバイトをしてつなぐなど、工夫をしましょう。

(2)債務整理する

就職をしても、必ずしも借金問題を解決できるとは限りません。

就職するまでの間に取立てが厳しくて耐えられないこともありますし、就職先の給料では今の借金額の返済に足りないこともあります。

このように、自力で返済することができない場合には、債務整理を検討しましょう。

債務整理をすると、月々の返済額を減らすことができるので、就職先での給料によって返済を続けていける可能性が高くなります。

就職をすることを前提に債務整理をするときには、債務整理の選択肢が豊富です。

この場合、すべての種類の債務整理方法から、選択することができます。

債務整理には、任意整理と特定調停、個人再生、自己破産という4つの方法があります。これらのうち、自己破産以外は手続き後に債権者への返済が必要となります。

そこで、無職無収入の場合には、自己破産以外を選択することができません。

これに対し、就職して収入を得られるのであれば、任意整理や個人再生を利用して債権者への返済を継続していくことができるので、自己破産を避けることができるのです。

特に、借金額があまり多くない場合には、任意整理を選択すると、手続きも簡単で必要書類も少ないですし、一部の債権者を外して手続きするなどの柔軟な対応も可能で、便利です。

就職を前提に債務整理をするときには、債務整理を相談する弁護士にその旨を告げて、どの手続きが最も良いのか、よく相談して決めると良いでしょう。

また、「債務整理(任意整理)のデメリットは?クレジットカードを作れなくなる?」と「個人再生のデメリットは?手続きや費用についても徹底解説」もご参照ください。

4、就職できない場合の解決方法

次に、就職できない場合の借金問題の解決方法を考えてみましょう。

(1)周囲の人に立て替えてもらう

1つ目に考えられるのは、親や兄弟、親戚などの周囲の人に立て替えてもらう方法です。

ただ、無職無収入でこの先も就職の当てがないとなると、立て替えてもらったお金は、ほとんど返済の可能性がないものとなります。そこで、相手には、「お金は返ってこないもの」と納得してもらってから貸してもらう必要があります。

友人や恋人などに「ちゃんと返すから」などと言って借りると、あとで「詐欺」と言われてしまうおそれがあるので、注意しましょう。

(2)自己破産が唯一の選択肢

無職で就職ができないときには、返済の当てがありませんから、基本的に債務整理で解決するしかありません。この場合、選択肢は、基本的に自己破産しかありません。

たとえば、無職とは言っても専業主婦で、夫の給料から返済できるなどの状態であれば任意整理も選択することができるのですが、純粋に無職無収入の場合には、他の返済が必要となる債務整理方法は利用できないためです。

自己破産をすると、基本的に今持っている価値のある財産をすべて失うことになります。

具体的には、20万円以上の価値のある預貯金や生命保険、車などの資産がなくなります。

また、一時的に一部の仕事に就けなくなったり、ブラックリスト状態になったりもします。

ただこうしたデメリットは、無職無収入で財産もなく、就職のあてもないという人にはあまり関係のないものでしょう。

自己破産をすると、今ある借金をすべて0にしてもらうことができます。どれだけ多額の借金があっても全額免除してもらえますし、その後は一切の返済が不要になります。

無職無収入で借金問題に苦しんでいるなら、早めに自己破産することをおすすめします。

(3)生活保護を受ける

無職無収入で就職のあてがない場合、自己破産で借金をなくしてもらっても、その後の生活に困ることが多いでしょう。

この場合には、生活保護を受けることをおすすめします。

生活保護を受けると、世帯人数によって金額は異なりますが、生活に必要な最低限のお金を受けとることができますし、医療費や健康保険料などもかからなくなります。

生活保護を受けたいときには、市町村役場で申請をして、審査を受ける必要があります。

生活保護の審査に通るためには、就業が不可能であることの他に、財産がまったくないことと、借金がないことの条件を満たすことが必要です。

もし、生命保険などの何らかの資産がある場合には、まずはそれをお金に換えて、生活費として使い切ってから生活保護の申請をする必要があります。

5、無料相談を受けよう!

無職無収入でまったくお金がないのに債務整理をしないといけないと言われても、「お金がないから弁護士に依頼できない!」と考える方が多いのではないでしょうか?

このようにまったくお金がなくても、弁護士に債務整理をしてもらうことは可能です。

そのためには、まずは弁護士の無料相談を受けましょう。

(1)法テラスの無料相談を利用する

1つは、法テラスの無料相談を利用する方法があります。

全国の都道府県には、法テラスの地方事務所があり、そこでは弁護士や司法書士による無料法律相談を実施しています。

無料相談で相談を受けた弁護士にそのまま債務整理の依頼をすることも可能です。

依頼をするときには、法テラスから弁護士費用を立て替えてもらえるので支払は不要ですし、後に生活保護を受けるときには、法テラスへの償還金も不要となります。

(2)民間の弁護士事務所の無料相談を利用する

もう1つは、自分で弁護士を探す方法です。

インターネットのホームページなどで債務整理に強そうな弁護士を探しましょう。

借金問題の無料相談を行っている法律事務所もあるので、そうしたサービスを申し込んで、まずはアドバイスを受けましょう。

こうした民間の弁護士事務所であっても、債務整理を依頼するときに法テラスを利用できることがよくあります。

法テラスに対応している弁護士であれば、法テラスの立替制度を利用して債務整理を依頼することができるのです。

そこで、無料相談を受けるときに、弁護士に「法テラスに対応していますか?」と聞いてみると良いです。

対応しているということであれば、法テラス基準で、法テラスに弁護士費用を立て替えてもらって依頼できるので、費用の支払いが不要になりますし、後に生活保護を受けたときには、支払は一切不要になります

借金問題を無料で相談して悩みのない生活を取り戻す方法」についても併せてご参照ください。

まとめ

以上のように、無職無収入なのに借金があるなら、早めに返済をしないと状況が悪くなるばかりです。「一時的に借金をしてしのごう」、などと考えてはいけません。

早めに債務整理に強い弁護士に相談をして、法テラスの立替制度を使って自己破産などの債務整理手続をしてもらいましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士の無料相談実施中!


当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

ご相談は無料ですのでお気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。

SNSでもご購読できます。

最近の投稿