余命は何年?肝硬変の末期症状と治療法について (※国から最大3,600万円の給付金を得られる可能性があります)

肝炎ウイルスや食生活、アルコール多飲などが原因で起こる肝硬変は、肝臓が固くなり本来の機能が低下することで、血液循環が滞り肝機能が低下していく病気です。

肝硬変と診断されると、食生活を見直したり、対処療法を取り入れるなど進行を遅らせる対応を行います。

しかし、肝硬変は進行性です。末期に近づくにつれて、病症は変わってきます。

この記事では、

・肝硬変の末期症状
・肝硬変と余命
・国から得られる給付金

この3点について解説していきます。

1.肝硬変の末期症状とは?

肝硬変が進行し、末期症状に近づくと様々な症状が現われてきます。

【 肝硬変の末期症状 】
・腹水
・むくみやすくなる
・吐血、下血
・手のひらが赤くなる
・皮膚が黒褐色になる
・黄疸(おうだん)が出る
・出血しやすくなる
・うとうとしやすくなる
・意味不明の言動をする
etc

「腹水」は、その名の通り、腹部に体液が溜まってしまうこと。少量であれば大きな症状は発生しませんが、貯留の量が多くなることで「呼吸が苦しくなる」「便秘気味になる」「吐き気がする」などの生活に支障をきたす症状が出ることがあります。

■腹水から起こる様々な症状

腹部が膨張/呼吸が苦しくなる/息が切れやすくなる/食欲が低下する/下腹部が痛む/消化が悪くなる/便秘気味になる/体重が増える/疲れやすくなる/吐き気がする/足首が膨張する/etc

その他、「吐血」「皮膚が黒褐色になる」「意味不明の言動をする」などの重度の症状が出てくると末期の状態となります。

2.肝硬変末期の余命について

肝硬変は、末期の症状が出てくると医師から余命宣告されることがあります。

しかし、余命宣告されても、食生活改善や禁酒をすることによって、その進行を抑えたり、余命を大きく超えることもあります。従って、明確な余命はないということです。

また、進行を抑える処置として「利尿剤等を投与」し、むくみや腹水を緩和したり、点滴が行われることもあります。

肝機能が全面的に失い、肝不全の状態になった場合には「肝移植」が行われるケースもあります。

肝移植は、1989年に初めて行われ、2008年末までに5,000人以上の方が移植を受けました。

自分の肝臓が不全になってしまったとしても、移植を受けることができれば余命を大きく延ばすこともできるのです。

3.国から支給される給付金について

B型肝炎ウイルスが原因で、肝硬変になった場合、国から最大3,600万円の給付金や助成金を受け取ることができる可能性があることをご存じでしょうか?

日本では、昭和23年7月1日~昭和63年1月27日までの間、全ての国民が法律によって、幼少期に集団予防接種やツベルクリン反応検査を強制的に受けさせられていました。

当時、日本では衛生管理に対する意識が低く、注射器の使い回しは当たり前でした。

B型肝炎は、血液感染する病気であり、当時非常に多くの方がB型肝炎ウイルスに感染しました。厚生労働省の推計によると、全国に約40万人もの感染被害者がいると言われています。

国は、肝炎感染の責任を取るべく、現在患者やその遺族に対して給付金制度を用意しています。

この給付金制度を知らない方、自分は適用されないだろうと思い込んでいる方など、この給付金制度を利用されていない方は多くいらっしゃいます。

給付金を受け取ることができれば、治療費の負担も軽減されますし、感染してしまった悔しい想いを晴らすきっかけにもなると思います。

是非、あなたに給付金がいくら支払われるのか確認してみましょう。

→ 申請者3人に1人が利用しているベリーベスト法律事務所で給付額を調べる

4.B型肝炎の給付金申請ならベリーベスト法律事務所

ベリーベスト法律事務所は、国への提訴実績が2万件を超え、今までに1,400億円以上もの給付金を患者様に送ってきました。

提訴実績:22,694件
和解実績:15,531件
獲得金額:1,487億円

(2012年12月~2022年5月末現在)

弁護士は、様々な分野を取り扱いますが、中でもB型肝炎給付金請求訴訟は、弁護士に医学知識が必要とされる特殊な分野です。

ベリーベストには、B型肝炎給付金請求訴訟に詳しい弁護士が対応しますので、安心して任せることができるでしょう。

【ベリーベスト法律事務所】
B型肝炎給付金請求訴訟
お問い合わせ数の推移

全国の提訴のうち約3人に1人がベリーベストで提訴しています。提訴実績が豊富なため、どのような状況であっても、有利な形で国に申請することができるでしょう。

※全国の提訴数11,756件中、ベリーベストの提訴数4,198件(2021年2月1日~2022年1月31日。35,7%。)
※全国の提訴数は法務省HP「訴訟の状況」を基に算出

また、相談料・調査費用・着手金などの初期費用は一切かかりません。

完全成果報酬のため、一切リスクなく安心して弁護士を通して給付金申請が可能ですので、まずはお気軽に無料オンライン診断を行い、いくら給付金を受け取れるのか確認してみましょう。

給付金申請の期限は2027年3月31日まで

B型肝炎の給付金申請は、2027年3月31日で締め切りとなります。

給付金は治療費のサポートだけでなく、心を支える大切な要素になります。

気付いたら申請期限が過ぎていた…ということがないよう、今すぐ給付額を調べてみて下さい。

→ 申請者3人に1人が利用しているベリーベスト法律事務所で給付額を調べる

この記事では、肝硬変の末期症状と治療法を解説してきました。

肝硬変を治すことは難しく、その治療の多くが一時的な対症療法です。

それでも規則正しい食生活を送ることで、その進行を遅らせることは十分可能です。

また、肝硬変などの病気にかかった際は、国から給付金を受け取ることもできますので、治療費の足しにしたり、悔しい思いを少しでも晴らしたりするために、頂けるものは頂いておきましょう。

→ 申請者3人に1人が利用しているベリーベスト法律事務所で給付額を調べる

弁護士相談実施中!


当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。

弁護士費用保険のススメ

今すぐには弁護士に依頼しないけれど、その時が来たら依頼を考えているという方には、 ベンナビ弁護士保険への加入がおすすめです。

何か法律トラブルに巻き込まれた際、弁護士に相談するのが一番良いと知りながらも、どうしても費用がネックになり相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。そんな方々をいざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。

ベンナビ弁護士保険に加入すると月額2,950円の保険料で、ご自身やご家族に万が一があった際の弁護士費用補償(着手金)が受けられます。離婚、労働トラブル、ネット誹謗中傷、自転車事故、相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。)

ご自身、そして大切な家族をトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

ベンナビ弁護士保険の資料を無料でダウンロードする

提供:株式会社カイラス少額短期保険 KL2022・OD・211

SNSでもご購読できます。

カテゴリー