無料相談実施中
ベリーベスト法律事務所で、
悩みを「解決」して「安心」を手に入れませんか?
  • 保険会社との交渉が不安・負担
  • 後遺障害について詳しく知りたい
  • 示談金(慰謝料)の妥当な金額が知りたい

などどんな小さなことでもお気軽に!

交通事故専門チームの弁護士が、あなたに寄り添い、 有利な結果へ
と導くサポートを行います!

バックしてきた車にぶつけられた…過失割合で損しないための5つの事

バックしてきた車にぶつけられた 過失割合

バックしてきた車にぶつけられたら、過失割合はどのように判断されるのだろう……。

被害者の車両は停車していたり、加害者がバックしてきたところが見えなかったりと、被害者には過失がないように思えますが、過失があると判断されるケースもあるため注意が必要です。

今回は

  • バックしてきた車にぶつけられた被害者の過失割合
  • バックしてきた車にぶつけられた過失割合が修正されるケース
  • バックしてきた車にぶつけられた過失割合でよくあるトラブルと対処法

について、解説します。

他にも、バックしてきた車にぶつけられた事故の過失割合が損害賠償に及ぼす影響や、弁護士に相談するメリットについても紹介します。
この記事が、バックしてきた車にぶつけられてしまい、過失割合とその先の損害賠償で不安を抱えている方々の参考になれば幸いです。

関連記事

無料相談実施中 無料相談実施中
ベリーベスト法律事務所で、
悩みを「解決」して「安心」を手に入れませんか?
  • 保険会社との交渉が不安・負担
  • 後遺障害について詳しく知りたい
  • 示談金(慰謝料)の妥当な金額が知りたい

などどんな小さなことでもお気軽に!

交通事故専門チームの弁護士が、あなたに寄り添い、 有利な結果へ
と導くサポートを行います!

1、バックしてきた車にぶつけられたら被害者の過失割合は小さい?

バックしてきた車にぶつけられたら被害者の過失割合は小さい?

バックしてきた車が後方の車にぶつかった事故の場合、基本的にはバックしてきた側が加害者であって過失割合も大きく、ぶつけられた側は被害者なので過失割合も小さくなります。

しかし、事故の態様によっては、被害者にも過失割合が取られることもあります。
そこで、まずは、バックしてきた車にぶつけられた場合に、被害者の過失割合はどうなるのかについて詳しくご説明します。

(1)逆突事故の概要

車をバックさせるときに後方の安全確認が不十分で、他の車に衝突する事故のことを「逆突事故」といいます。
一方で、後方の車が前進して前方の車に衝突する事故のことを「追突事故」といいますが、逆突事故はその逆の事故態様にあたります。

逆突事故は駐車場内で起こることが多く、半数程度は駐車場内で発生しているといわれています。
駐車場内で方向転換をする際に、後方に他の車があることに気付かずに衝突してしまうようなケースが典型例です。

(2)バックしてきた車にぶつけられたときの過失割合

逆突事故の中にも、ぶつけられた車が停車していたケースだけでなく、前進していたケースや急発進したケースなど、さまざまなケースがあります。
基本的にぶつけられた側の過失割合は小さくなることが多いといえますが、事故態様によって過失割合は異なってきます。

そこで、逆突事故における過失割合をケースごとにみていきましょう。

①自分の車が停車中に相手の車がバックしてきて追突

この場合の過失割合は、基本的に「自分:相手=0:100」となります。

逆突事故に限らず、停車中の車に他の車が走行してきて衝突した場合、基本的にぶつけられた側に過失は認められません。

②自分の車が駐車場内で徐行中に相手の車が駐車区画からバックしてきて追突

この場合の過失割合は、基本的に「自分:相手=30:70」となります。

自分の車も徐行とはいえ動いていた場合は、お互いの動きによって事故が発生したと考えられますので、ぶつけられた側にも過失が認められるケースが多くなります。

とはいえ、基本的にはバックしてきた車の後方不注意が主な事故の原因ですので、ぶつけられた側の過失割合は小さくなります。

③自分の車が公道を直進中に相手の車が脇道の駐車場等からバックしてきて追突

この場合の過失割合は、基本的に「自分:相手=20:80」となります。逆突事故が発生するのは駐車場内だけではなく、公道上で発生することもあります。

公道を直進中の車には前方注意義務がありますので、脇道から車が出てくることを予測して衝突を回避する措置をとらなかった場合には、20%程度の過失が認められます。

2、バックしてきた車にぶつけられた事故で過失割合が修正されるケース

バックしてきた車にぶつけられた事故で過失割合が修正されるケース

バックしてきた車にぶつけられた事故における基本的な過失割合は上記のとおりですが、一方当事者が道路交通法に違反していた場合や道路の状況によっては、過失割合が修正されることもあります。

ここでは、過失割合が修正される具体的なケースについてご説明します。

(1)クラクションを鳴らさなかった場合

前方の車がバックしてきて「ぶつかりそうだ」と思ったのにクラクションを鳴らさなかった場合は、ぶつけられた側が停車中であってとしても10%~20%の過失が認められることがあります。

クラクションはこのような危険を回避するために設置されているものです。
危険を認識してクラクションを鳴らす余裕があったのにならさなかった場合は、衝突の危険を回避する措置をとらなかった点で過失があると判断されるのです。

もっとも、前方の車が急に勢いよくバックしてきて、クラクションを鳴らす余裕もなくぶつけられたような場合には、衝突の危険を回避する措置をとることが不可能であったといえます。

この場合には、過失割合は原則どおり「自分:相手=0:100」となります。

(2)自分の車が不適切な場所や位置に停車していた場合

ぶつけられた側の車が不適切な場所や位置に停車していたことで、10%~20%の過失が認められることもあります。

たとえば、駐停車禁止の場所に停車していた場合や、駐車場内で前方の車が駐車枠からバックで出てくるのが見えていたのに、その直前に停車していたような場合が考えられます。

このような場合は、不適切な位置に停車していたことで衝突の危険を招いたものと考えられますし、不適切な位置から動かなかったことで、衝突の危険を回避する措置をとらなかったと考えることもできます。

3、バックしてきた車にぶつけられた事故の過失割合でよくあるトラブルと対処法

バックしてきた車にぶつけられた事故の過失割合でよくあるトラブルと対処法

バックしてきた車にぶつけられた場合、相手方が素直に非を認めてくれればよいのですが、逆にこちらに非があることを主張してくるケースもあります。

ここでは、逆突事故の過失割合でよくあるトラブルとその対処法についてご説明します。

(1)こちらからの追突を主張される

相手方から「自分はきちんと後方確認をしていた。あなたが追突してきたに違いない」と主張してくることがあります。

たしかに、バックする前にミラーで後方を見たときには他の車はいなかったのに、その後に現れた車にバックでぶつかるという事故もよくあるようです。
このような場合、バックした運転者は「追突された」と感じるのでしょう。
しかし、後方確認を一度しただけで安心し、漫然とバックをして事故を起こすケースもよくあります。

自分の無過失を主張・立証する必要がある場合には、どのようにして事故が発生したのかを客観的に証明する必要があります。
ドライブレコーダーに映像が記録されていれば、容易に証明できるでしょう。
駐車場内での事故であれば、防犯カメラに事故の様子が映っている可能性もあります。

費用はかかりますが、車の損状況などから事故の発生原因を第三者機関に調査してもらうという方法もあります。

また、目撃者を探して証言してもらうことも有効です。
もし、客観的な証拠が何もない場合は、事故状況に関するお互いの説明について、どちらが信用できるかどうか検討がなされた上で、過失割合が判断されることになります。

その場合、事故が発生したときの状況をいかに具体的かつ詳細に説明できるかがポイントとなります。

(2)クラクションを鳴らさなかったことを非難される

相手方から「クラクションを鳴らしてくれたら停止したのに、なぜ鳴らさなかったのか」と主張されるケースもあります。
「バックするのを見ていたのにクラクションを鳴らさなかった以上、あなたにも責任がある」という主張です。

前記「2(1)」でご説明したように、ぶつけられた側にもクラクションを鳴らす余裕がある場合には鳴らすことによって、衝突を回避する措置をとるべき義務があるとも考えられるからです。

したがって、このケースでは、クラクションを鳴らす余裕がなかったか、鳴らしたとしても衝突を避けられないような状況で相手方がバックしてきたことの主張・立証が必要になることもあります。

具体的な対処法としては、上記「(1)」のケースと同様に、ドライブレコーダーや防犯カメラの映像、鑑定などの客観的な証拠によって事故の状況を証明することが重要となります。

客観的な証拠が得られない場合には、目撃者の証言や自分の説明といった「供述」証拠によって証明すべきことも「(1)」と同様です。

(3)衝突を避けられなかったと言い訳される

また、相手方から「あなたがそんな場所に停めているからぶつかった。自分としては衝突を避けられなかった」と主張されるケースもあります。

このような場合も、上記と同様、まずは事故が発生した状況を客観的に証明することが重要です。

それに加えて、あなたがその場所に停車していたことに非はないことを主張・立証する必要が生じることもあります。

具体的には、その場所が駐停車禁止ではなかったことや、他の車の進行を妨害しないためにそこに停めざるを得なかったことなどを主張・立証することになります。

4、バックしてきた車にぶつけられた事故の過失割合が損害賠償に及ぼす影響

バックしてきた車にぶつけられた事故の過失割合が損害賠償に及ぼす影響

過失割合の問題は損害賠償の金額に影響を及ぼしますので、相手と主張が食い違っても感情的にならず、冷静に対処することが重要です。

逆突事故の場合、ぶつけてきた相手にはこちらの車が見えていないことが多いのに対して、こちらは相手が勝手にバックしてきてぶつかったと感じることが多いので、過失割合について感情的なトラブルになりがちです。

しかし、過失割合は単にどちらが悪いかという問題だけではなく、損害賠償の金額に以下のような影響を及ぼす重要な問題です。

(1)受け取れる賠償金が減らされる

過失割合によって、受け取れる賠償金の額が異なってきます。過失が認められる場合には、損害額を全額賠償してもらえるわけではなく、自分の過失割合の分だけ賠償金が減らされてしまいます。

この処理のことを「過失相殺」といいます。

たとえば、逆突事故にあって車の修理費や怪我の治療費、慰謝料などで100万円の損害が発生したとしても、過失割合が「自分:相手=20:80」の場合は20%が減額され、80万円の賠償金しか受け取れないのです。

(2)賠償金を支払わなければならないこともある

逆突事故の被害者でも、過失が認められる場合は、過失割合の分だけ相手方に対して損害賠償をする義務を負います。
上記の例では、相手に生じた損害額のうち20%は賠償しなければなりません。相手の損害額も100万円だとすれば、20万円の賠償義務が生じます。

自分が受け取れる賠償金と相殺したとすれば、80万円から20万円を差し引いた60万円を受け取ることになります。

しかし、仮に相手方に発生した損害額が500万円だとすれば、20%としても100万円を賠償する必要があります。この場合、相殺したとしても20万円を支払わなければならないことになります。

保険を使用すれば手出しして支払う必要はありませんが、損害額によっては過失割合に応じて損害賠償義務が発生するということは知っておきましょう。

5、バックしてきた車にぶつけられた事故の過失割合でもめたら弁護士に相談を

バックしてきた車にぶつけられた事故の過失割合でもめたら弁護士に相談を

逆突事故の過失割合で相手方ともめたときは、弁護士に相談することをおすすめします。
弁護士に相談することで、事故の状況に応じて正しい過失割合を判断してもらうことができます。

その結果、自分にも10%~30%程度の過失があることを認めざるを得ないケースもあり得ますが、その場合には無用のトラブルを回避することが可能になります。
過失がある場合でも相手方との交渉を弁護士に依頼すれば、できる限り有利な内容で示談できるように交渉してもらえます。

もちろん、相手方の全面的過失で逆突事故が発生したと考えられる場合には、相手方の主張を覆せるように弁護士が全力で交渉します。
交渉を有利に進めるためには証拠が重要となりますが、証拠集めについても弁護士がサポートします。

相手方との交渉がまとまらず、裁判が必要となった場合にも弁護士が全面的にサポートします。

結果として、より多くの損害賠償金が得られる可能性が高まるはずです。

まとめ

バックしてきた車にぶつけられた事故では、基本的にぶつけられた側の過失割合は小さくなりますが、ぶつけられた側にも過失が取られることもあります。
無用のトラブルを避けるため、まずは過失割合を正しく判断する必要があります。

そして、相手方と言い分が食い違った場合には、事故の発生状況を的確に主張・立証しなければ損害賠償で損をしてしまうおそれがあります。
損をしないためには、有力な証拠を確保した上で、相手方と適切に交渉しなければなりません。

このような対応をご自身で行うことが難しいと思われる場合は、ひとりで悩まず弁護士に相談してみましょう。

まずは無料相談を利用するだけでも、さまざまなヒントが得られることと思います。

関連記事

弁護士の
無料相談実施中! 初回60分無料


当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

ご相談は初回60分無料ですので
お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。

※弁護士費用特約を利用されてご依頼となった場合には、特約から1時間1万1千円(税込)の相談料を頂戴いたしますが、お客様のご負担はございません。

弁護士費用保険のススメ

今すぐには弁護士に依頼しないけれど、その時が来たら依頼を考えているという方には、 ベンナビ弁護士保険への加入がおすすめです。

ベンナビ弁護士保険への加入
ベンナビ弁護士保険への加入

何か法律トラブルに巻き込まれた際、弁護士に相談するのが一番良いと知りながらも、どうしても費用がネックになり相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。そんな方々をいざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。

ベンナビ弁護士保険に加入すると月額2,950円の保険料で、ご自身やご家族に万が一があった際の弁護士費用補償(着手金)が受けられます。離婚、労働トラブル、ネット誹謗中傷、自転車事故、相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。)

ご自身、そして大切な家族をトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

ベンナビ弁護士保険の資料を無料でダウンロードする

提供:株式会社アシロ少額短期保険 KL2022・OD・211

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

閉じる

弁護士相談初回60分無料!
  • 電話で相談予約
平日9:30〜21:00、土日祝9:30〜18:00