奨学金の返済を滞納するとどうなる?返済が難しくなった場合の対処法

奨学金滞納

最近、テレビや新聞の報道で奨学金の滞納が話題になっています。
そのため国が主導して返済不要の給付型の奨学金の制度を創設すべきだといった議論も出ています。

このように近時、世間の耳目を集める奨学金ですが、実際に滞納をするとどうなるのでしょうか。
また、現在、奨学金の返済を続けていらっしゃる方の中には、返済が難しくなってきているという方もいらっしゃると思いますが、その際にはどのような対処が可能なのでしょうか。

今回は、奨学金を滞納するとどうなるか、返済が困難な場合の対処法についてご説明したいと思います。

無料相談実施中
借金返済に見通しをつけて「安心」を手に入れませんか?
  • 借金がいくら減るの?
  • 月々の支払いがいくら減るの?

家族や会社に秘密にしたまま、借金を減額できるか診断できます。

かんたん診断

1、奨学金の滞納の実態

では、実際の奨学金の滞納の状態はどのようなものなのでしょうか。

少し古いデータになりますが、日本学生支援機構が平成25年12月に実施した調査によると、奨学金の返済を滞らせている方の数は33万4000人、その金額も約1000億円に上ることが分かりました。
平成16年の滞納の実態が、滞納数24万9000人、滞納額約500億円であったことから、そこからの10年間で、人数にして1.5倍、金額にして約2倍に膨れ上がっていることが分かりました。

2、奨学金の返済を延滞してしまう理由

このように、奨学金の返済が急増していますが、どのような理由によるのでしょうか。

まず挙げられるのは大学の学費の高騰です。
大学の学費は年々高くなってきており、奨学金を利用する方の数も、貸与を受ける金額も増えてきており、結果として滞納する方、滞納となっている金額が増えている状況です。

また、日本学生支援機構が滞納をしている方に対してその理由について調査をしていますが、経済的な理由を挙げる方が多いようです。
収入が減ったあるいは家族が増えた等により支出が増えたといったために返済の余裕がなくなったというために滞納されている方が半数に上ります。

3、奨学金の返済を滞納するとどうなる?

では、実際に奨学金の返済を怠るとどうなるのでしょうか。

以下では、貸与型の奨学金を前提にお話ししますが、この貸与型の奨学金は、平たく言えば「借金」です。
銀行や消費者金融からのローンと法的な性質としては変わるところはありません。

したがって、返済を怠ると、通常3カ月でいわゆるブラックリストに載ってしまいます。

ブラックリストとは、金融業者が取引の際に確認する情報で、債務の有無や滞納の有無についての情報である信用情報のうち、滞納をしているという情報(事故情報といいます)のことを指します。
信用情報に事故情報が登録されると、ローンを組んだり、クレジットカードを作ったりということができなくなるというデメリットがあります。
また、この事故情報は、債務を完済したらすぐに消してもらえるものではなく、完済後も5年程度は記録が残ると言われています。

4、奨学金の返済が難しくなった場合の対処法

奨学金の返済を滞納するとこのような大きなデメリットが待っています。
しかし、転職をして収入が下がった、家族が増えて支出が増えた等の理由から、奨学金を予定通り返済していくことが難しくなることもあるでしょう。

その場合には、次のような対処法があります。

(1)猶予制度の利用

貸与型の奨学金の多くが、返済期限の猶予制度を設けています。
ですから、奨学金の返済が難しそうだと思ったらすぐに、ご自身が利用した奨学金の問い合わせ窓口に猶予制度についての問い合わせを行うようにしましょう。
先ほど述べたような経済的な理由や、病気、進学等の理由であれば猶予制度の利用が可能な場合が多いでしょう。

猶予が認められると、認められた期間、返済をストップすることができます。
猶予期間後、返済が再スタートすることになりますが、返済をストップしていた間の利息や遅延損害金が付加されるということはありません。

(2)奨学金の減免

また、奨学金によっては、減免の制度を設けている場合もあります。
猶予制度のほか、返済が困難になっている理由によっては減免の制度を設けているものもあるようですから、このような減免の制度の存否や利用の可否について確認しましょう。

(3)減額返済制度

日本学生支援機構の場合は、毎月の返済額を減らす減額返済制度を設けています。
これは、返済総額が減るわけではないですが毎月の返済額を減らすことができるので、一時的に収入が減る場合には有用でしょう。

一度の申請で適用されるのは1年間ですが、最長で10年まで延長することができます。

(4)債務整理

以上のような制度を利用しても、返済を続けることがなお困難ということであれば、個人再生や自己破産をはじめとする債務整理を検討する必要があるでしょう。
ただし、債務整理を行うと信用情報に事故情報として登録されるので、滞納した場合と同様のデメリットを避けることはできません。

関連記事

奨学金の滞納に関するまとめ

今回は、奨学金を滞納するとどうなるのか、返済が困難になった場合の対処法をご紹介いたしました。
先ほど述べたように、貸与型の奨学金はローンと同じです。多くの方が借りているからという理由で安易に借りるのではなく、本当に必要なのか、将来的にどうやって返済していくかということをしっかりと検討したうえで貸与を受けることが重要でしょう。
それでも滞納してしまいそうな場合には、今回ご紹介した各制度を利用することを検討しましょう。

無料相談実施中
借金返済に見通しをつけて「安心」を手に入れませんか?
  • 借金がいくら減るの?
  • 月々の支払いがいくら減るの?

家族や会社に秘密にしたまま、借金を減額できるか診断できます。

かんたん診断

弁護士費用保険のススメ

今すぐには弁護士に依頼しないけれど、その時が来たら依頼を考えているという方には、弁護士費用保険メルシーへの加入がおすすめです。

何か法律トラブルに巻き込まれた際、弁護士に相談するのが一番良いと知りながらも、どうしても費用がネックになり相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。そんな方々をいざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。

弁護士費用保険メルシーに加入すると月額2,500円の保険料で、ご自身やご家族に万が一があった際の弁護士費用補償(着手金・報酬金)が受けられます。離婚、労働トラブル、ネット誹謗中傷、自転車事故、相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。)

ご自身、そして大切な家族をトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

提供:株式会社カイラス少額短期保険 KL2020・OD・053

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

  • 無料借金減額診断スタート