交通事故に遭った際に弁護士に依頼することで得られる3つのメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Autounfall 4

交通事故に遭った時、弁護士に依頼した方がいいという話は聞いたことがあるものの、実際に依頼するべきなのかどうか悩んだとき、弁護士に依頼することによってどのようなメリットがあるか、デメリットはないかという点は、気になるところではないでしょうか。

そこで今回は、

  • 交通事故被害者が弁護士に依頼することによってどのようなメリットがあるか?
  • 弁護士に依頼することにデメリットがないか?

について書いていきます。

1、交通事故に遭った際に弁護士に依頼する3つのメリット

では、まず交通事故被害者が弁護士に依頼するメリットについて説明します。

(1)相手方とのやり取りから解放される

交通事故被害者の方からお話を聞くと、「自分で保険会社とのやり取りをしなければならないのが面倒」と言われることがよくあります。

ほとんどの方が交通事故に遭うこと自体初めての経験ですから、自分ではよく分からないことが多く、保険会社とどのようにやり取りしたら良いかという点で悩む方、忙しくてやり取りする時間が取れないということで困っている方、やり取り自体をストレスに感じる方などが多いようです。

また、漠然と「このまま保険会社の言われる通りにしていていいのか?」、「自分の知らないうちに不利な状況になったりしていないか?」などという不安を感じる方も多いようです。

このような不安も決して的外れではなく、保険会社の担当者もプロですし、保険会社は治療費や慰謝料等の支払いを少しでも減らすことで利益を上げている訳ですから、一見親身になっているようでも、本心では被害者のことだけを考えている訳ではありません。

以上の点は、弁護士に依頼すれば解決します。つまり、保険会社とのやり取りは全て弁護士が行いますので、交通事故被害者は煩わしいやり取りを任せて治療に専念することができますし、治療後の示談交渉も全て弁護士が行いますから、自分で交渉する必要がなくなります。また、こちらも弁護士という法律のプロが窓口になる訳ですから、保険会社に都合のいいように話が進んでいるのではないかという漠然とした不安もなくなるでしょう。

(2)賠償額が増額する

交通事故被害者の方にとって、「どの程度の賠償をしてもらえるのか?」という点には大きな関心があるのではないでしょうか。

弁護士に依頼せずに、被害者自身で相手方保険会社と交渉する場合、保険会社は自社の基準(任意保険会社の基準)で慰謝料等を算出して示談額を提案してきます。その内容として、治療費や慰謝料等の各費目別に計算した内訳書などが添付されてくることが多いですから、なんとなく「きちんと計算されたものなんだろう」という感覚になり、よく分からないまま示談してしまう方が多いようです。

しかし、実は、保険金の基準には、以下の3つの基準があります。

  • ★自賠責保険の基準
  • ★任意保険会社の基準
  • ★裁判所の基準

保険会社は、支払う保険金を少なくすることで利益が上がりますから、任意保険会社の基準は裁判所の基準に比べてかなり低い基準に設定されています。つまり、被害者に正当な補償をするという目的よりも、保険会社にとって利益が上がることを目的に設定されている訳です。ですから、裁判をした場合に正当な補償額として認められる裁判所の基準に比べるとかなり低い金額になるという訳です。

それどころか、もっとひどい担当者の場合、もっともらしい計算書を付けて、自賠責保険の基準の範囲内の金額で示談提示をしてくるケースもあります。自賠責保険は、最低限の補償をするために強制加入になっている保険ですから、当然「最低限の補償額」しか支払われません。任意保険会社は、自賠責保険ではまかなわれない部分(上乗せ部分)を負担しますから、任意保険会社からすると、この自賠責保険の基準で示談させてしまえば、任意保険会社は全く保険金を負担する必要がなくなる訳です。そのため、ひどい場合には、自賠責保険の基準を任意保険会社の基準として示談提示してくるケースがあります。

一方、弁護士に依頼すれば、裁判所の基準で示談交渉しますので、被害者本人と保険会社とのやり取りで獲得できる賠償額より大幅に増額できる可能性が高くなります。事案によっては、2倍以上の増額になるケースもあります。この賠償額の増額が、弁護士に依頼することの最大のメリットといえます。

(3)法的な主張で相手方に対抗できる

交通事故の場合、責任割合が100:0となる追突事故のような事例でない限り、被害者側にも一定の過失があると主張されるケースがあります。また、「素因」といって、被害者にもともと既往症などがある場合、それらが原因で怪我が重くなったとして、その分の減額の主張をしてくることもあります。このような責任割合等の主張に対して、被害者としては納得がいかないと感じることもあると思います。

しかし、例えば責任割合が70:30と言われて、自分では90:10にしたいと思っても、ただ漠然とそのような主張を伝えるだけでは、保険会社も譲歩しません。

この点については、弁護士は、警察が行った実況見分の結果など刑事記録を取り寄せて被害者側に有利な点、強く主張できる点を分析して、相手方と交渉しますから、事案によっては被害者の方の望むような結果を導くことができる可能性があります。もちろん、過去の同じような事案の裁判例等から考えて、保険会社の主張を受け入れなければならないこともあります。

いずれにしても、法的な主張に対しては、被害者自身で反論することは難しいでしょうから、この点も弁護士に依頼することのメリットといえます。

2、弁護士に依頼するデメリット

弁護士に依頼することのデメリットは、弁護士費用がかかることによって、実質的に受け取ることができる賠償金が減るという点があります。

また、デメリットというほどではありませんが、賠償額が大きくなるために交渉や裁判などで終了までに時間がかかる傾向があるというのは事実ですので、「とにかく今すぐ賠償金が欲しい」というご希望の方にとっては、この点も依頼する前に考えた方がいいかもしれません。

以下では、最近多く見られる弁護士費用特約に入っている場合と入っていない場合に分けて、弁護士費用について説明していきます。

(1)弁護士特約に入っている場合

最近の自動車保険には、弁護士費用特約という特約が付いているものが多くなっています。この特約が被害者自身や被害者の同居の家族などの入っている自動車保険に付いていれば、交通事故に関して弁護士に依頼した際の費用を被害者側の保険会社が負担してくれるのです。多くの特約の場合、法律相談料として10万円、弁護士費用として300万円まで補償されますので、賠償額が大きくならない事案であれば、弁護士費用について自己負担なしで依頼することができます(もちろん、弁護士費用が300万円を超えた場合には自己負担が発生します。)。また、基本的にこの特約を使っても保険料が上がるなどということはありませんので、この点でもデメリットはありません。

そのため、弁護士費用特約に入っている方であれば、弁護士に依頼することにほとんどデメリットがありませんから、弁護士に依頼することをお勧めします。

(2)弁護士特約に入っていない場合

弁護士費用特約に入っていない場合には、どうしても弁護士費用を自己負担で支払わなければなりません。

それぞれの弁護士にもよりますが、報酬体系は、経済的利益を基に着手金と成功報酬を支払うという形が一般的です。最近は、弁護士の報酬も自由化されていますので、弁護士によって費用の基準は異なりますが、以下の基準が一定の相場と考えられます。

・経済的利益が300万円以下の場合

着手金8%、成功報酬16%

・300万円を超え3000万円以下の場合

着手金5%+9万円、成功報酬10%+18万円

・3000万円を超える場合

着手金3%+69万円、成功報酬6%+138万円

一般的に、着手金は依頼するタイミングで支払い、成功報酬は示談が成立した際に支払うことになります。

ただ、交通事故については、着手金なしで完全成功報酬制という報酬体系で受任してくれる弁護士も多いようですので(例えば、示談金を回収した際に20万円+回収額の10%などという報酬体系の事務所もあります。)、依頼を検討する際に、各弁護士の報酬体系については詳しく聞いてみてください。

また、一般的には、交通事故で受傷した怪我が後遺障害等級に該当しない事案については、弁護士に依頼すると費用倒れになってしまう可能性が高いと言われています。つまり、弁護士に依頼することで増額する賠償額の金額よりも、弁護士費用の方が高くなってしまうおそれがあるのです。

逆に、後遺障害等級が付く事案であれば、弁護士費用をかけても、賠償額の増額によるメリットの方が大きくなる可能性が高くなります。

3、交通事故に強い弁護士を探す方法

弁護士は、基本的にどのような分野でも依頼を受けることができますが、交通事故の場合はかなり専門性の高い分野ですから、慣れていない弁護士では対応が難しいことがあります。そのため、残念なことですが、依頼する弁護士によって結果が大幅に変わってしまうこともあるのです。つまり、交通事故の場合、依頼者にとっては、弁護士であれば誰でもいいという訳ではありません。そこで、交通事故に強い弁護士を探す方法についても説明します。

(1)交通事故に強い法律事務所かを見分けるポイント

交通事故に強い法律事務所では、ホームページで交通事故被害者に役立つ情報を発信している事務所が多くあります。

もちろん、ホームページを開設していない事務所やホームページが充実していない事務所でも、交通事故に強い事務所はあるかもしれませんが、情報がなければ簡単に見分けることはできません。逆に、交通事故に詳しくなければ、情報や解決事例などを掲載することはできませんから、ホームページ上の交通事故に関する情報が充実しているか否かは、簡単に強い事務所を見分ける方法としては有効的だと思います。

交通事故専門の法律事務所も多いですから、取扱分野に交通事故があるという程度か、交通事故を全面的に押し出しているかという点も強い事務所を見分ける方法としては有効かもしれません。

(2)交通事故に強い弁護士を探す方法

交通事故に強い弁護士を探すためには、やはり、交通事故に関して詳しく情報が載っているホームページを持っている弁護士を探すとよいと思います。また、交通事故関係の書籍を出しているような弁護士であれば、一定の経験はあると考えられます。

実際に弁護士に相談した際には、色々と質問をしてみて、スムーズに答えが返って来る弁護士であれば、ある程度の経験があると判断してもよいでしょう。また、直接的ですが、その弁護士がどのくらいの案件を取り扱った経験があるか聞いてみるのもよいと思います。なお、交通事故に強いかどうかは、ベテランの弁護士か若手の弁護士かという点はあまり関係がありません。専門分野ですから、交通事故案件の経験の多い若手弁護士の方が、経験のないベテランより優れている可能性が高いのです。

まとめ

交通事故被害者にとって、多くの場合、弁護士に依頼することにメリットがあります。もちろん、怪我が軽症の場合で、弁護士費用特約に加入していない場合には、費用倒れになるおそれがありますが、逆に言えば、デメリットはこの点くらいです。

最近は、無料相談を受けてくれる弁護士も多いですから、弁護士に依頼するかどうか悩んだら、一度相談してみることをお勧めします。「この程度のことで弁護士に相談していいのかな?」などと悩む方もいらっしゃいますが、弁護士に依頼するメリットがないような事案であれば、相談を受けた弁護士もそのような説明してくれるでしょうから、悩む必要はありません。悩む前に相談してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士による無料相談実施中!


もし、あなたが、

・離婚をしようと思っているが、どうして良いのか分からない
・遺産相続で困っている
・過払い金を取り戻したい
・交通事故に遭ってしまい困っている

など、法律のことでお困りのことがあれば、まずは無料相談にお申し込み下さい。
必ず解決策を見つけ出します。

SNSでもご購読できます。

最近の投稿

コメントを残す

*

交通事故でお困りの方(平日9時半〜21時※土日祝18時まで)
  • 電話で無料相談する
  • メールで無料相談する