不倫はやはり通常の恋愛とは違う!不倫中のあなたが知っておくべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、不倫をしているけれども、「相手の本音がわからないから、不安」という方は多いのではないでしょうか?

相手の男性から「妻と別れて結婚したいと考えているから、もう少し待っていてほしい」と言われたまま、長い月日が過ぎてしまった、というケースもあるでしょう。

このようなとき、本当に相手を信じて待っていて良いのかどうか、しっかり考え直す必要があります。不倫は、やはり通常の恋愛と違う点が、たくさんあるからです。

今回は、不倫しているあなたには絶対に知っておいていただきたい、不倫と普通の恋愛の違いをご説明します。

弁護士相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。
お電話でのご相談
0120-751-882
メールでのご相談

 1、不倫と恋愛は違う!多くの既婚男性の本音

不倫している男性(このコラムでは以下、「不倫男性」といいます。)は、「君が一番、君がいない人生なんて考えられない」「妻とはうまくいっていない」「妻と別れて君と結婚する」などと言ってくるものです。しかし、その裏の本音では、まったく違うことを考えていることが多いです。

そこで、まずは不倫している既婚男性の本音をご紹介します。

(1)妻と離婚するつもりはない

最初に紹介したいのは、「妻と離婚するつもりがない」という本音です。

ほとんどの不倫男性は、このように考えているものとして差し支えないでしょう。

もちろん、不倫相手にはこのような本音は言わず「妻とは会話がない」「別れたい」などと言ってくるので、注意が必要です。

不倫男性の「妻と別れる」は、不倫相手への挨拶のようなものと考えていると良いです。

(2)やっぱり、家庭が基本

不倫男性の多くは、「家庭が基本」と考えています。

不倫相手に妻の文句を言いつつも、妻に朝晩の食事を作ってもらい、ワイシャツにアイロンを当ててもらい、お風呂を沸かしてもらい、パンツを洗ってもらっているのです。

家庭という居場所があってこそ、余力で不倫を楽しんでいるのです。

(3)昔の彼氏彼女みたいで、楽しい

不倫男性は、不倫の彼女について「結婚前のような恋愛で楽しい」と感じていることがあります。

結婚して子どもができると、妻との関係は、「恋愛関係」ではなくなり、共同で家庭を支えるパートナーとなります。そこで、昔のような楽しい恋愛を不倫相手に求めるのです。

しかし、実際に重要なのはもちろん家庭の方ですから、何かあったら捨てられるのは、不倫相手というケースが多いのです。

(4)妻にバレそうになったら、すぐにでも別れる

不倫男性は、「妻と離婚話を進めている」などと言ってくることがよくあります。しかし、実際に離婚話を進めていることは少ないです。もちろん、不倫の彼女がいることや、他に好きな人がいるなどということも言っていません。

実際に、妻が不倫に感づいて、「あなた、不倫しているんじゃない?」と聞いてきたら、たいていの男性はあせって不倫を終わらせようとします。

結局、妻にバレそうになったらいつでも別れよう、と考えているということです。

(5)妊娠されたら別れる

不倫をしていると、女性は妊娠してしまうことがあります。このようなとき、責任をとる不倫男性は、ほとんどいません。

9割以上の不倫男性は、不倫相手の女性を捨てて、家庭に帰ってしまうと言われています。妊娠を告げると、音信不通になってしまう人も少なくありません。

「子どもがほしい」「君となら家庭を築いていける」などと言う言葉は、たいていの場合は嘘だと言うことを理解しましょう。

(6)刺激的な性交渉をしたい

男性は、刺激的なセックスをしたい、という願望を持っていることがよくあります。しかし、妻にはそういったことは求めない人が多いです。

そのため妻がセクシーな下着を着たり、コスプレしたりすると、かえって引いてしまいます。これは、独身男性でも「本命の彼女には、清楚な雰囲気でいてほしい」「ケバい女は遊び」と区別しているのと同じです。

そこで、遊び相手の不倫相手であれば、話は違います。性欲の解消を目的として、刺激的なセックスを目当てに不倫している男性も多いので、注意が必要です。

(7)不倫相手は「都合の良い女」

多くの不倫男性は、不倫相手のことを「都合の良い女」としか見ていません。

都合良く会えて、都合良くセックスができて、都合良く恋愛気分を味わえて、都合良く家庭や仕事からの現実逃避ができる、そんな存在でしかないのです。

不倫相手のために、現在の家庭や生活を壊してかまわない、などとは毛頭考えていません。

以上のように、不倫男性の本音をのぞくと、不倫相手への配慮などほとんどないことがわかります。今、不倫をしていて、上記のような男性の対応に、心当たりがあるなら、要注意です。

2、いつ終わらせる?不倫を終わらせるタイミング

不倫関係など続けていても、ほとんど良いことはありません。貴重な年月だけが過ぎて、後には何も残りません。下手をすると、相手の妻から慰謝料請求をされてしまったり、妊娠しても捨てられたりする可能性もあります。

そこで、できるだけ早いタイミングで不倫を終わらせましょう。

以下では、不倫を終わらせるべきタイミングを、紹介していきます。

(1)相手の妻にバレそうになった

まず、絶対に別れた方が良いタイミングがあります。それは、相手の妻に不倫がバレそうなタイミングです。

相手の妻に不倫を知られたら、妻から慰謝料請求される可能性が高いです。そうなると、何百万円もの慰謝料支払いが必要になることもあり、負担が莫大になります。

さらに、相手の妻が職場などに嫌がらせの電話をしてきたり、職場に押しかけてきたりする可能性もあります。そのようなことがあると、今まで築いてきたキャリアや信用が台無しになることもあるでしょう。ネットのブログやSNS、掲示板などに誹謗中傷の書き込みをされることもあるので、要注意です。

証拠をつかまれないうちに、早期に別れてしまうことが一番です。

(2)つらいと感じる時間が増えた

不倫していて、つらいと感じる時間が増えたなら、別れどきです。

当初は、相手との恋愛が楽しくても、相手に妻がいる限り、一生日陰の存在です。誰にも言えず、周囲に隠し続けるしかなく、誰からも祝福されることもない、親にも言えない関係です。いずれは辛くなるでしょう。

辛いなら、わざわざ違法な不倫を続けている意味がありません。

(3)他の男性からアプローチを受けた

不倫をしていても、別の男性からアプローチされることがあります。このときは、不倫を終わらせる重要なタイミングだと考えましょう。

不倫していると、別れると寂しい気持ちがあるので、なかなか別れられないものです。ただ、新しい相手ができたなら、そんな心配は要りません。

独身の男性と普通の恋愛をすることができたら、すぐに不倫相手のことなど忘れられるでしょう。

(4)今の立場に不満を感じた

いつも、会うのは夜だけ。会っても、セックスをするだけ。

不倫していると、そのような関係になってしまうことがあります。また、そうでなくても、「周囲に秘密にしないといけない。堂々と、彼女として紹介してもらえない。まして、結婚は考える術もない」という状態ですから、当然どんどん不満を感じてきます。

「どうして早く別れてくれないの?」「私の存在は、彼にとって、何なのだろう」そんな思いが発生して、今の立場に不満を感じたら、不倫は終了すべきです。

(5)熱が冷めた

相手への一時的な熱によって、不倫に発展してしまうケースがあります。しかし、熱が冷めてくると、「どうして不倫なんかしているのだろう」と考えることも多いです。

熱が冷めたなら、惰性でつきあい続ける必要はまったくないので、早々に別れてしまいましょう。

3、こうすればスムーズ!不倫の終わらせ方

相手と不倫を終わらせる決意をしても、できればトラブルなしにスムーズに関係を解消したいものです。そこで、正しい不倫の終わらせ方を、ご紹介します。

(1)二度と会わない

不倫を終わらせようとするときに最も重要なことは、「別れたら、二度と会わない」ことです。できれば、別れ話をするときにも会わない方が良いでしょう。

会うと、相手に対する情が芽生えて、別れにくくなってしまうからです。相手から泣いて「君がいないとダメなんだ」などと言われたら、ついつい情にほだされて元の木阿弥、ということもあります。

相手と別れたいなら、会わないことが鉄則です。別れ話をするときに会うならば、友人など第三者を交えて話をしましょう。

(2)連絡を断つ

不倫相手とスムーズに別れる方法としておすすめなのは、「連絡を断つ」ことです。

別れたい、と思ったタイミングで、相手への連絡をやめます。メールもLINEも電話もしてはいけません。相手から着信があっても、無視します。

こちらからつい連絡を取ってしまわないように相手の連絡先も消去してしまいましょう。

不倫の場合、もともと法律的にも道義的にも許されない関係なのですから、わざわざ別れ話などする必要もないでしょう。

相手も後ろめたい関係だと思っているはずですから、こちらが連絡を断ってしまったら、相手も察知して「そろそろ別れどきだったんだな」と思い、離れていくことが多いものです。

(3)別のことに関心を向ける

不倫相手と別れるとき、寂しさが障害となります。今まで不倫相手が占めていた部分にぽっかりと穴が空くので、ついつい不倫相手のことを考えてしまったり、連絡を取ろうとしてしまったりします。

そこで、別のことに関心を向けましょう。たとえば、趣味や仕事に打ち込むのも良いですし、別の男性との恋愛を始めるのも良いです。

(4)不倫のデメリットをよく考える

不倫のデメリットについて、一度しっかりとよく考えてみるのも良いです。相手が妻と別れる気持ちが無い以上、不倫は、時間の浪費にしか過ぎないことがほとんどですし、相手の妻にバレたら慰謝料請求されて、泥沼のトラブルになりえます。そのようなリスクを負ってまで、関係を継続すべき必要性がないことは、明らかと言えるでしょう。

このようなことを考えていたら、自然と相手との関係を続けようという気持ちが失せていきます。

まとめ

今回は、不倫と普通の恋愛の違い、不倫を終わらせるべきタイミング、不倫のスムーズな終わらせ方を、ご紹介しました。

世の中の不倫男性の、多くは不倫相手の女性と結婚するつもりなどありません。本音としては、家庭や妻が大事だと思っています。不倫をしていても良いことなどないので、今、不倫をしている方がいらっしゃるなら、早めに関係を解消することをお勧めします。

今回の記事の内容を参考にして、上手に別れてみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士相談実施中!


当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。

SNSでもご購読できます。

最近の投稿