弁護士無料相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。
ご相談は無料ですので
お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ
0120-711-765
メールでのご相談

不倫がばれて修羅場!離婚?それとも夫婦関係の修復?知っておきたい対処法4つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不倫がバレて修羅場になるケースがあります。

ネットの掲示板などでも目にすることがあることでしょう。

いくら不倫をしていても修羅場になることを望む人はいません。

不倫を継続するとしても不倫を止めるにしても穏便に済ませたいのが人間心理です。

とはいえ、不倫で裏切られた配偶者や不倫相手は、心のやり場に困り修羅場へと発展してしまうもの。

不倫修羅場にならないように正しい対処をする必要があります。

ここでは、

  • 不倫の修羅場とはどんなことが起こるのか
  • 不倫の修羅場の理由
  • 不倫の修羅場の正しい対処法

についてご紹介していきます。

正しい対処でできるだけ修羅場に発展しないようにしていきましょう。

弁護士無料相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。
ご相談は無料ですので
お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ
0120-711-765
メールでのご相談

1、不倫の修羅場5つのパターン

不倫の修羅場5つのパターン

不倫の修羅場には幾つかの種類があります

基本的には、不倫された妻が怒りのあまり修羅場を起こすことがほとんどかもしれません。

ですがそれだけではありませんので、いくつかパターンを見ていきましょう。

(1)パターン1:不倫相手によるなかなか離婚しない男性への嫌がらせ

既婚男性と不倫をする女性は男性の甘い言葉を信じているケースが多いもの。

男性が「妻とは離婚する。愛しているのは君だけだ」「妻とはうまくいっていない」などと言ってしまうことですっかり男性を信じてしまいます。

ところが、男性が言葉とは裏腹になかなか妻と離婚しない場合には、「きっと妻が邪魔をしている」と勘違いしてしまいがちです。

結果、男性の家族に嫌がらせをしてみたり、妻に自分の存在を知らせようとします。

わざと週末などで妻と二人きりの時間に妻にバレるようにLINEや電話をしてきて、寝ている最中など、妻に発見されやすい時間帯での連絡が多く、いくら注意してもやめません。

そのため、いつも堂々と出していたはずのスマホをこそこそ隠すようになり、妻にいつ不倫の事実がバレるのか気が気ではないということです。

引用:https://ananweb.jp/anan/132624/

(2)パターン2:不倫相手による情報拡散!会社を巻き込む

2つ目のパターンとしては、SNSを使って情報を拡散し、会社にまで情報を流すという修羅場。

このケースの場合は不倫相手に別れを告げた場合に発生します。

別れを拒絶する女性が「別れるなら会社にバラす」と脅迫をしたり、別れ話がもつれて嫌がらせとしてSNSを利用して会社にまで拡散させるというもの。

実際のエピソードでは、別れ話にカーッとなってしまい、Facebookでこれまでの不倫のやり取りを拡散。不倫相手の男性の会社の連絡窓口にも送信しました。

不倫相手の奥さんのInstagramのアカウントを調べて「あなたの旦那に犯されました」と書き込みもしたそうです。

結果、不倫相手の男性は離婚に至ってしまいました。

引用:https://nikkan-spa.jp/1344841/2

(3)パターン3:不倫相手が妻にバラす

不倫相手がしびれを切らして妻に全て暴露するケースは不倫の修羅場パターンでは多いでしょう。

そこから夫婦関係が破綻して目論見どおりに男性が離婚をするというものです。

しかし、修羅場を作った女性との交際をそのまま続ける男性は少なく、結局離婚と共に不倫関係も壊れることが多いかもしれません。

エピソードを紹介します。

不倫相手の女性は男性が離婚しないこと、そして自分以外との浮気の事実に腹を立てたエピソードです。

女性は不倫相手の男性の妻に全てをバラしました。

慰謝料も支払う覚悟です。

自分との不倫だけではなくこれまでの浮気の数々の全てをバラしました。

妻とは何があっても別れない上に浮気を繰り返す男性に制裁を加えたい心もあったのでしょう。

そして優柔不断な男性は自分とも別れられないと確証を持っていたようです。

目的は男性の度重なる浮気を止めることでした。

引用:http://oniyomech.livedoor.biz/archives/37829365.html

(4)パターン4:妻または不倫相手が妊娠

不倫の修羅場で恐ろしいのは、妻または不倫相手の妊娠です。

間違いなく修羅場に発展してしまうことでしょう。

妻が妊娠した場合には「これまでの話は嘘だったの?」と不倫相手が逆上します。

不倫相手の妊娠なら堕胎するのか、認知するのかで修羅場になることは確実です。

エピソードを見ていきましょう。

不倫相手の女性が妊娠してしまい、認知してほしい、産みたいと言いました。

しかし、認知することで妻にバレて慰謝料を請求されることを恐れた不倫相手の女性が勝手に堕胎したということです。

男性はすでに妻に離婚して欲しいと切り出した後でした。

勝手に堕胎した不倫相手の女性が信じられなくなり、やはり妻と復縁したいと願っています。

実は、不倫相手の女性の妊娠と同時に妻も妊娠していたのです。

妻は精神的なショックから流産してしまいました。

(5)パターン5:妻による、両親を巻き込んでの修羅場

中には夫婦間や不倫相手以外の第三者を交えての修羅場に発展するケースもあります。

夫婦の両親を交えてや、不倫相手の両親を交えてなどパターンは幾つかあります。

見ていきましょう。

夫の浮気をスマホから知った妻が、不倫相手の女性のSNSのアカウントを見つけて、出身地や実家を特定したそうです。

googleのストリートビューを駆使して実家に出向き、自分の夫と不倫相手の女性と情事中の画像を不倫相手の女性の両親に叩きつけました。

妻はすっきりしたようですが、不倫相手と両親との間では修羅場になったようです。

引用:https://nikkan-spa.jp/1344841/2

2、不倫が修羅場になる理由、なんだと思いますか?

不倫が修羅場になる理由、なんだと思いますか?

修羅場になるのは、当事者の一人が「冷静さを失っている」状態です。

不倫において冷静さを失ってしまうその原因は、次の3つが考えられます。

(1)強い嫉妬

強い嫉妬が働いた場合には、修羅場に発展してしまいます。

愛している夫の裏切りをきっかけに修羅場に発展するケースです。

または、不倫は順調だと思っていたにもかかわらず、冷めているはずの妻の妊娠がわかったケースなどに強い嫉妬心が働きます。

そして奇行を起こして修羅場になってしまうのです。

(2)長期に及ぶ我慢

長期間に及び我慢を強いられているケースでも修羅場は起こります

例えば、繰り返す夫の浮気にずっと耐えていた場合に、突然キレるケースです。

夫から見たら突然妻が奇行に走ったかのように見えるかもしれません。

しかし、女性がキレるのは実は突然に見えて突然ではありません。

心の中ではとっくにキレていたはずです。

長い間溜め込んだストレスを発散させずにいるから突然に見えるだけ。

長い間の我慢がそうさせているのです。

(3)信用や信頼の裏切りに対する憎悪

信頼していた人からの裏切りがきっかけになるのは明らかです。

修羅場での奇行はまるで愛がないかのように見えます。

例えば、会社や両親に拡散する行動や、相手に嫌がらせをする行動など。

しかし、そこには深い愛があるからこそ、許せない心理が働いています。

裏切りや嘘で愛が憎悪に変わった瞬間なのかもしれません。

3、不倫の修羅場を上手におさめる2ステップ

不倫の修羅場を上手におさめる2ステップ

修羅場になった、ということは、それだけ機は熟しています

潮時です。

修羅場をおさめるには、妻か、不倫相手か、選ぶことから始めなければなりません

もしこれを怠りなんとなくおさめても、二人の女性を傷つけ続けるだけです。

二人とも大切なのであれば、選びましょう。

その上で不倫の修羅場を上手におさめるためには次の2ステップを意識した対応を。

修羅場に遭遇すると男性はパニックになりがちです。

しかし、冷静さこそが修羅場を上手にくぐり抜けるポイントになるでしょう。

(1)離婚をしたくない場合は妻に愛を伝える

修羅場に発展するケースの多くは信頼への裏切りが原因です。

嫉妬や憎悪が薄まれば修羅場へは発展しないことがほとんど。

まず不倫がバレて修羅場に発展させないためには妻に愛を伝えて妻にも冷静になってもらうことが必要です。

①1st ステップ深く反省する

自分の行いを反省し、妻に謝罪してください。

その上で不倫相手とは別れるとキッパリ宣言し、実際に行動に移してください。

できるなら妻の目の前で行動するといいでしょう。

そして妻に安心感を与えてあげるのです。

そうすることで妻は冷静になり、例え不倫相手が修羅場を起こそうとしても妻が冷静に対処してくれます。

②2 ndステップ妻に愛を誓う

二度と同じ過ちは繰り返さないと愛しているのは妻なのだと真摯に伝えてください。

そして夫婦関係を壊したくはないのだと正直に話してみるのです。

あなたの真剣さが伝われば妻はあなたに迷惑をかける行動をしないことでしょう。

例え許してはくれなくても修羅場に発展することは防げます。

(2)離婚しても構わない場合には第三者に相談

もしもあなたが不倫相手の女性を深く愛してしまっている場合には、離婚しても構わないと感じているかもしれません。

不倫相手の女性が妊娠していたらなおさら感じることでしょう。

しかし、妻に離婚を突きつけても修羅場が広がるだけです。

第三者の介入が必要になるでしょう。

①1st ステップ- 妻に真摯に謝罪する

誠意を見せて妻に謝罪してください。

修羅場はほとんどのケースで女性同士の戦いです。

そこにあなたは存在しません。

もしもあなたが不倫相手の女性を選んでいるなら、妻には離婚したい意思を告げるだけではなく、真剣に謝罪しなければいけません。

そうしなければ、妻は不倫相手の女性に嫌がらせなどをしてくる可能性があります。

元はあなたが起こした問題です。

妻の怒りが治るまるまで真剣に謝罪してください。

②2 ndステップ第三者に相談する

妻に謝罪をしたところで、すぐに怒りが治るはずがありません。

もしも修羅場に発展しそうな場合や、不倫相手の女性に被害が及んでいる場合には、弁護士に相談するといいでしょう。

名誉毀損などで訴えることも可能です。

もしかしたら慰謝料の支払いで妻の怒りは治るかもしれません。

4、不倫の修羅場で男性にとって一番大切なマインドとは

不倫の修羅場で男性にとって一番大切なマインドとは

不倫の修羅場は女性同士の戦いかもしれませんが、その原因を作ったのは浮気をした男性です。

妻や不倫相手の女性を深く傷つけたのは自分だと自覚し、謝罪するべき人にはしっかり謝罪していきましょう。

どうしても離婚したくない場合には、妻との信頼関係を再構築していく必要があります。

妻と不倫相手のどちらとも円満に解決しようとしてもうまくはいきません。

自分にとって誰が一番大切なのかをよく考えてみてください

妻や子どもが大切だと感じるなら、不倫相手とはきっぱり別れて、妻子を大事にしていくべきです。

もしも、不倫相手の女性こそ大切だと感じたとしても、あなたの離婚が成立するまでは法律上夫婦は同居し互いに協力し扶助しなければいけないと定められています。

そのため、妻への気遣いや真心を忘れてはいけません。

あなたが真心を尽くしてこそ、離婚が成立し、愛する女性と幸せになる権利を得られるのです。

5、これで終わりに!不倫に決着をつける4つの対処法

これで終わりに!不倫に決着をつける4つの対処法

不倫での慰謝料の相場は数十万万円から200万円程度です。

もしも不倫の末離婚に至ったなら300万円程度の慰謝料を請求される可能性があります。

そうなる前に不倫には早めに決着をつけておきましょう。

(1)不倫相手に謝罪し別れる

不倫関係を終わらせたいなら、不倫相手にきちんと説明しきっぱり別れてください。

別れたなら未練を捨てて二度と連絡をしてはいけません。

そのことが原因で不倫相手が修羅場を引き起こす可能性はあるでしょう。

ですが、その前に妻に正直に話して謝罪していれば修羅場は悪化せずに済みます。

もしも会社にバラすと脅されたなら、それは立派な脅迫罪です。

弁護士に相談してその場を収めてもらいましょう。

あなたが強い意思を持つことが大切です。

きっぱり別れず「妻にバレそうだから」などの理由で別れようとするから、修羅場が起きてしまいます。

強い意志で、真摯に別れを告げることが重要です。

(2)妻に謝罪し許してもらう

不倫相手と別れると同時に妻へ正直に告白し、謝罪しましょう。

場合によっては不倫相手からの嫌がらせを受ける可能性があります。

あなたから正直に告白された方が不倫相手からバラされるよりも妻の怒りは抑えられることでしょう。

修羅場をできるだけ作らないためにも隠さず正直に話した方が賢明です。

告白した上で大切なのは家族なのだと説明し、許しを請いましょう。

浮気が一回目で真剣に謝罪する心が伝われば妻も許してくれるかもしれません。

諦めずに謝罪することが大切です。

(3)夫婦関係の修復が難しい場合には離婚も視野に

それでもどうしても夫婦関係の修復が難しい場合には、離婚しか手立てがないかもしれません

修羅場を回避したくても無理な可能性があるということです。

それほど不倫のリスクは高く、無闇に足を踏み入れてはいけない行動だとわかるでしょう。

離婚の決意が固まったなら、離婚に向けて協議していくしかありません。

離婚の際には慰謝料が請求されますから、心の準備をしておいてください。

(4)弁護士に相談

もしも離婚するしか手立てがない場合には、弁護士に相談してみるといいでしょう

離婚の手続きや慰謝料について相談に乗ってもらえます。

その他、夫婦関係の修復に向けた円満調停を申し立てることも可能です。

修羅場に発展し、嫌がらせや犯罪行為があったとしても弁護士に相談すれば解決できるかもしれません。

法的手段で修羅場を収めてくれるでしょう。

関連記事

まとめ

不倫の修羅場はできるだけ回避したいもの。

回避するためにはごまかさずに正直になることが大切です。

そして傷つけてしまった妻や不倫相手に真剣に謝罪していきましょう。

不倫はバレなければいいやのマインドでいては修羅場が起きます。

そのことを理解してできるだけ早めに不倫を止めるようにしましょう。

もしも不倫がバレて修羅場に発展したなら、犯罪が起こらないうちに弁護士に相談することをおすすめします。

夫婦関係の修復にしても離婚にしても弁護士は力強い味方になってくれるでしょう。

不倫関係を清算して修羅場の起こらない幸せな家族生活が送れることを願います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士の無料相談実施中!


当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

ご相談は無料ですのでお気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

平日9:30〜21:00、土日祝9:30〜18:00
  • Call:0120-71-1765