弁護士無料相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。
ご相談は無料ですので
お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ
0120-711-765
メールでのご相談

離婚問題で実績のある弁護士を東京で探す6つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、離婚問題で実績のある東京弁護士を探していませんか?

離婚したいのに相手が応じてくれない、離婚は合意済みだけど条件面で相手ともめているなど、協議離婚が進まないときなど、ぜひ弁護士にお任せください。

離婚をまとめるだけではなく、弁護士はあなたの不利益を最小限に留めます。

今回は、

  • 離婚問題で弁護士は何をしてくれるのか?
  • 東京で弁護士を探すときのポイント
  • 信頼できる弁護士を探す方法

をお伝えしていきます。

上手に東京弁護士を探して離婚を早期解決できることを願います。

弁護士無料相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。
ご相談は無料ですので
お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ
0120-711-765
メールでのご相談

1、東京都の離婚件数(平成29年)

東京都の離婚件数(平成29年)

平成17年から平成22年の間の厚生労働省の調査によると、国内で1日に婚姻する件数は1,918組です。

日に平均689組のカップルが離婚しているので、実に結婚するカップルの1/3は離婚している、ということがわかります。

そして東京都の日本国内での離婚率は全国第8位。

人口の多さから離婚件数としては全国第1位という結果です。

平成29年の東京都内での離婚件数は23,055件。東京都内では、1日に約63組が離婚している計算になります。

それほど東京都内での離婚率は高く、離婚問題に悩んでいるカップルが多いうことです。

離婚問題に詳しい弁護士の数もおのずと多く存在することがわかるでしょう。

2、離婚問題を弁護士に依頼するメリットとは?

離婚問題を弁護士に依頼するメリットとは?

離婚で配偶者と揉めている場合には、迷わずに弁護士に相談することをお勧めします。

その理由は「スムースに離婚できる可能性が高まる」からです。

なぜ弁護士に離婚問題を依頼するとスムースに離婚ができるのか。

夫婦二人の狭い世界で凝り固まった離婚の問題に、弁護士という第三者が入るからです。

そして何より、弁護士はあなたの味方です

精神的なサポートになるだけではなく、法律を使ってあなたに有利に、スピーディに離婚を進めます

本項では、弁護士という専門家である第三者が入ることのメリットを具体的にご紹介します。

(1)離婚の意思が固いことを相手に示せる

「弁護士」は、相手にけん制を与えることのできる存在です。

「弁護士をつけた」というだけで、相手に「本気」が伝わることは想像に難くないでしょう。

弁護士を立てることで、相手に対して離婚の決意の固さを示すことができるのです。

相手がこちらの本気から逃げていると、夫婦間で話し合いをしても解決しないケースが大半です。

そのため相手に対して本気度合いを見せるためには弁護士をつけることは、話し合いが進まないご夫婦にとっては前提段階で必須です。

(2)手続きを代行してもらえる

協議離婚であれば、相手への連絡や話し合いなど、全て弁護士があなたの意思に従って代行します。

相手に会いたくない状況であっても話を進めることが可能になります。

また、調停や裁判へ進んだ場合も、裁判所への手続きも基本的に全て弁護士が代行します(一部手続では本人の出頭が必要な場合もあります。)

公的書類を取り扱うことになり、取り寄せや記入に時間がとられてしまいますが、これらの基本的に全て代行してくれます(もっとも、書類によっては本人が取り寄せたほうが早い場合もあります)

(3)苦痛な時間を短くできる

手続きを代行してもらうことにより離婚がスムーズに進み、苦痛を感じる時間が短くなるでしょう。

(4)有利に離婚を進めてもらえる

離婚は、今まで共有していた財産、そして子どもについての取り決めが必要になります。

また、どちらかに非がある場合の離婚では、慰謝料の問題が出てきます。

財産をどう配分するか、子どもの今後の養育をどうするか、慰謝料をどうするか。

これらは全て、法律に関連する問題であると同時に「交渉」の問題です。

法律と交渉のプロである弁護士に任せることで、あなたに不利な結果を極力避け、有利になるよう進めてくれることでしょう。

3、東京都で弁護士を探す方法

東京都で弁護士を探す方法

東京都内で弁護士を上手に探す方法をご紹介します。

信頼できる弁護士に出会って、離婚問題の早期解決に向けて何でも話せる関係を構築していきましょう。

(1)東京都の弁護士登録数

平成29年度版の「弁護士白書」によると東京都内の弁護士の数は、18、879人です。

2位の大阪で4、562人ですので、全国でも弁護士の数は群を抜いて一位が東京都になっています。人口当たりの弁護士数でも第一位です。

それだけ東京都内では弁護士の需要が高く、また実績のある弁護士が多いことになるでしょう。

しかしその分、弁護士の選択肢が幅広く十分に検討して弁護士を選んでいかなければいけません。

(2)事務所のホームページを調べる

法律事務所のホームページを閲覧することで、離婚問題に詳しい弁護士が多いのか、実績が高いのかがわかるでしょう。

弁護士にはそれぞれ得意分野があります。

離婚に関するコラム記事を多く掲載している法律事務所にはそれだけ離婚問題に詳しい弁護士が在籍しているということです。

ホームページを見て実績が高いのかを見極める方法が一つの手段です。

(3)家族・知人からの紹介

家族や知人からの紹介でも信頼できる弁護士が見つかる可能性があります。

過去同様に離婚に関する弁護を依頼したなら間違いないでしょう。

ただし、違う問題解決のために依頼した弁護士の場合には、離婚問題にも対応可能なのかの確認を忘れないでください。

弁護士には専門分野がありますので、違う件では信頼できても、離婚問題には詳しくない可能性があります。

(4)弁護士検索サイトの利用

弁護士検索サイトの利用でも希望に沿った弁護士が見つかるでしょう。

弁護士検索サイトでは都道府県の指定や交通路線からの検索も可能。

東京都内の弁護士を検索するには適しています。

また、離婚問題に詳しいことや弁護士歴などの検索条件を指定できるため、希望に沿った弁護士を検索することができるでしょう。

4、離婚問題の実績のある弁護士を探すポイント

離婚問題の実績のある弁護士を探すポイント

では、離婚問題の対応実績が高い弁護士を探すポイントを見ていきましょう。

(1)知識と経験が豊富か

まずは無料相談をしてみて、知識と経験が豊富なのかを自分の目で確かめてみましょう。

もちろん、弁護士事務所のホームページから実績の高さを調査するのもアリです。

経験や知識が豊富な弁護士なら対応件数や離婚問題についての実績が掲載されているはずです。

弁護士には専門分野があります。

他の分野で名を馳せている弁護士であっても、離婚問題の経験が豊富かはわかりません。

分野を超えて生かせる知識や経験もありますが、やはりその分野での細かい事情に精通した弁護士の方が、短時間でより良い結果を出す可能性が高いでしょう。

(2)依頼者に有利な結果を導いた実績が豊富か

その際には依頼者に有利な結果を導いた実績が豊富なのかをしっかりチェックするようにしてください。

対応実績件数が多くても依頼者に有利な結果を導き出していなくては意味がありません。

しっかり直接確認するようにしましょう。

5、依頼すべき弁護士か見極めるポイント

依頼すべき弁護士か見極めるポイント

依頼するべき弁護士なのかを見極めるポイントも重要です。

実績だけで安心して依頼しても、違和感を感じるならあなたとの相性が悪い可能性があります。

(1)相談しやすい環境を整えているか

弁護士事務所の雰囲気が相談しやすい環境なのかも重要なポイントです。

例えば、個室が完備されていて、防音設備が整っているのか、受付からの案内はスムーズかなどでその事務所に対する印象が左右されます。

入りやすい雰囲気なのかも初めての弁護士依頼なら重要になるでしょう。

(2)話をよく聞いてくれたか(事情をよく理解しようとしたか)

もちろん、弁護士の話を聞く姿勢が重要です。

真摯に話を聞き心に寄り添った提案をしてくれるような弁護士に依頼するべきです。

個人の好みにもよりますが、あまりに事務的な受け答えでは信頼する心が生まれないでしょう。

離婚という問題に真剣に取り組んでくれる弁護士とは心を通わせられるのかがキーポイントです。

(3)説明がわかりやすかったか

説明がわかりやすいのかも重要項目。専門用語を駆使し、いかに自分が詳しいのかを誇示する弁護士よりも、クライアントにわかりやすく説明してくれる弁護士の方がコミュニケーションが取りやすいといえます。

説明のわかりやすさも依頼するべきか見極めるポイントになるでしょう。

(4)自分との相性は良かったか

最後に自分との相性です。

どんなことにも相性はあります。

優秀な弁護士でも自分との相性が合わなければ依頼しても満足いく結果には繋がりません。

相談していくうちに違和感を感じたなら、もしかしたら相性が合っていない可能性があるでしょう。

相性が合わない弁護士に依頼すると、言いたいことが言えなくなったり、我慢をする結果に繋がります。

話をしていて、意思の疎通がスムーズなのかを最初にチェックしてみるといいでしょう。

意思の疎通がスムーズなら相性の良い弁護士だといえます。

6、離婚事件にかかる費用の相場

離婚事件にかかる費用の相場

離婚問題に関する弁護士費用の東京での相場は、着手金で約30万円、報酬金が50万円程度です。

合計で約80万円だと考えればいいでしょう。

その他慰謝料の請求や財産分与、養育費の獲得などが成功したなら成功報酬で利益分の約10%〜20%がかかる可能性があります。

親権の獲得なら約10万円〜20万円です。弁護士事務所によって料金体系は違いますので、確認してみるといいでしょう。

その他、収入印紙などの実費が請求されます。

弁護士が裁判に出席した場合には、弁護士の日当を支払う必要も。

弁護士の日当は半日で約3万円1日で5万円程度です。

もちろん弁護士によりますので確認する必要があります。

まとめ

東京で離婚をするなら実績の高い弁護士が見つかりやすいことでしょう。

信頼できる弁護士に依頼するためには無料相談で自分の目で見て確認することをおすすめします。

満足いく離婚ができるようにできるだけ弁護士に有利に離婚を進めてもらいましょう。

ベリーベスト法律事務所は全国展開しているため、東京での実績も高い事務所です。

もしもこれから弁護士をお探しならベリーベスト法律事務所に一度相談してみてはいかがでしょうか。きっと信頼できる弁護士に出会えるはず。

信頼できる弁護士と巡り会いあなたの離婚がスムーズに進むことを願います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士の無料相談実施中!


当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

ご相談は無料ですのでお気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

平日9:30〜21:00、土日祝9:30〜18:00
  • Call:0120-71-1765