弁護士の無料相談実施中!
弁護士に相談して、ココロを軽くしませんか?
  • 離婚の決意をした方、迷っている方
  • 離婚の話し合いで揉めている方
  • 離婚を拒否したい方
  • 慰謝料などの金銭的な請求だけしたい方
あなたの味方となる弁護士と
一緒に解決策を考えましょう。
お気軽にベリーベスト法律事務所まで
お電話、メールでお問い合わせください。

主婦が不倫をしたらー修羅場リスクを抱えたあなたに読んでもらいたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
不倫

主婦で不倫をした経験のある方は、探偵社の調査によると約2割に上ります。意外にも多い数字だと感じる方が多いのではないでしょうか。

いけないとわかっているはず。でも心が動いてしまう。どうしても魅力を感じてしまい、彼との時間がとても特別に感じてしまうことでしょう。

今回は、主婦で不倫について悩んでいる方に向けて

  • 主婦が不倫をする理由
  • 主婦の不倫がバレた場合のリスク

などについてご紹介します。ご参考になれば幸いです。

弁護士相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。
お電話でのご相談
0120-751-882
メールでのご相談

1、主婦が浮気・不倫をする相手

主婦が浮気・不倫をする相手

まず最初に、主婦が浮気・不倫をする相手とは一体どのような相手が多いのかを見ていきましょう。
さて、主婦は、どこでどんな男性に出会うのでしょうか。

(1)職場関係

主婦の不倫相手で多いのが「職場の男性」です。

専業主婦よりも仕事を持つ主婦の方が不倫率が高いというデータがあります。仕事を持つ女性は外で働くことで出会いの幅も広がるのです。

主婦で既婚であっても、魅力がある限り男性からの人気は健在。そのまま不倫関係に発展するケースが多いもの。相手の男性も既婚男性のケースが多いかもしれません。

(2)出会い系

主婦専門の出会い系サイトというものも存在します。

夫に不満があったり、まだまだ恋愛を楽しみたいという主婦は、出会い系で浮気相手と出会うこともあるのです。

(3)子どもの学校関係

意外に多いのが子どもの学校関係の相手との不倫。子どもの進路指導などで親身になってくれる先生などが頼もしく感じられ、そのまま好きになってしまうケースは少なくありません。

子どもが在学中に関係をもつケースは稀かもしれませんが、子どもは卒業していきますので、その後不倫関係に発展するケースもあります。

(4)ママ友の旦那さん

ママ友の旦那さんとの不倫もあります。
家族ぐるみの付き合いから、お互いの配偶者の相談をしているうちに不倫関係に発展するというもの。意外にバレにくく、友人の夫というかなりスリリングな面もあるため、主婦は深みにハマるのかもしれません。

(5)夫の同僚や友人

夫の同僚や友人というケースもあるでしょう。
何度も顔を合わせるうちに顔見知りになったり、ホームパーティーなどで親密になるケース。夫の交友関係の中でというところが、大変スリリングで指摘的なのかもしれません。

(6)元カレ

同窓会などで数年振りに会う元カレは定番かもしれません。
もともとお互いに好意をもっていますから、最近はなかなか受けることのない優しい眼差しにホッとし、そこから愛情が芽生えることも珍しくないでしょう。
昔話もでき、共通の友人がいることも気持ちを後押ししてきます。昔言えなかったことを伝えるなど、キュンとする場面が多いのも元カレならでは。

2、主婦が浮気・不倫に走る理由

主婦が浮気・不倫に走る理由

主婦が浮気や不倫に走る理由はわかりますか?

ただ単に退屈しのぎや寂しいからというわけではありません。主婦には主婦にとっての理由があるのです。

(1)モテるのが楽しいから

女性はいつまでも女性扱いされたいもの。家庭内では子どもたちに怒鳴り散らしていても、乙女心は永遠に現役なのです。

男性から「きれいだな」と思われることは、結婚していても女性にとって大変嬉しいことに変わりありません。女性はいつになっても男性にモテるのが楽しいですし、嬉しいのです。

(2)美容のため

美容に興味のある主婦にとっては、生活の上でホルモンに影響することには敏感です。
ことに恋愛は、恋愛ホルモンが分泌されスリムになると言われ、セックスによる美容効果も期待できます。
いけないことだとわかっていても、自分の美しさを維持するために不倫関係を続けてしまう女性はたくさんいます。

(3)恋愛の感動が欲しいから

夫はともに生活をしていますから、常に感動のある生活などはできません。
日常とはそういうものです。ただ、女性はいくつになっても、サプライズや感動は欲しいものなのです。

とは言え、夫ではこの役割は無理。どう頑張っても日常の色が邪魔をしてしまい、どんなに仲がいい夫婦でも、そこまでの感動には行き着きません。家族としての幸せになってしまいます。

しかし、不倫相手は違います。たまのデートや誕生日などのイベントに対する相手の必死な気持ちを見ていると、とても大きな愛情をもらっている気持ちになって、感動を得ることができるのです。

(4)優れた遺伝子を残したい?

人間は本能的に、遺伝子を残すために恋愛をするとも言われています。
子どもを一通り育て上げたあと、まだ若い身体であれば、本能が再稼働するのかもしれません。

3、主婦の浮気・不倫はどうやってバレる?

主婦の浮気・不倫はどうやってバレる?

主婦の浮気・不倫はどのようにしてバレるのでしょうか。

スマホをチェックされた、自宅に招いた際に夫が帰宅した、夫が共通の知り合いから情報を得たなど、本当にその理由は様々です。

全てに共通して言えることは、「思わぬとところからバレた」ということ。では、どうして「思わぬところ」からバレるのでしょうか。

それは、恋愛というのは人間の「素」で行うものだからです。
浮気・不倫だって恋愛です。思い出が欲しくて写真もとるでしょう、お揃いのものも買うでしょう。話したくて電話やメール(LINE)もするでしょう。会いたくて時間を使うことでしょう。

一方、家庭というのも人間の「素」で過ごすものです。
顔色、言動、様子。全て素で過ごしている中で、やはり素で築き上げる浮気・不倫の時間が露呈しないわけがありません。

別々の素が触れ合わないよう、慎重をきたせばきたすほど、どちらも本当の素ではない気がしてきて、不倫をしている本人が苦しくなってきてしまいます。
ですから、バレるきっかけは偶然かもしれませんが、バレる運命は必然と言っても過言ではありません。

4、主婦の浮気・不倫がバレたときのリスク

主婦の浮気・不倫がバレたときのリスク

主婦の浮気や不倫がバレたときのリスクを知っておきましょう。
もしも不倫の誘惑があったとしても、リスクを知っておくことで歯止めになるかもしれません。

(1)夫にバレて離婚の危機

夫にバレた場合には、離婚の危機に陥る家庭が大半でしょう。女性の不倫は男性には理解されがたく、一回の浮気でも許してもらえないケースも多いもの。男性は白か黒かと考えますから、離婚を切り出された際には修復はかなり難しい局面に来ているのかもしれません。

(2)周囲にバレて友達から距離を置かれる

不倫を面白おかしく周囲に話し、それを楽しそうに聞いてくれる友人がいたとしても、本当に味方でいてくれるかは別の話と思いましょう。

そもそも、結婚をした後の貞操観念とは、自由と真逆の観念です。人の深層心理において、自分の自由を制限して守っている貞操ルールをいとも簡単に破る人など、気分がいいわけがありません。自分も真似したいなどと思っていてそのノウハウを聞きたい方とかなら別かもしれませんが、純粋に家庭を築いている女性たちから、最終的に敵とみなされることに不思議はないでしょう。場合によってはママ友の間で噂になってしまい、最終的に引越しを余儀なくされるということも、大いにあり得ます。

(3)職場関係の場合職場にいづらくなる

職場での不倫なら、バレた途端に職を失う可能性があります。
旧体質な職場なら、職場の治安維持を名目に退職勧奨を受ける可能性も。噂が広がり、自ら職場にはいづらくなってしまう可能性も高いでしょう。

(4)子どもにバレたら信頼関係が崩れる

不倫の事実が子どもにバレた場合には、子どもからの信頼を失うことは間違いありません。思春期の子どもなら相当深い傷を負ってしまうでしょう。
子どもが大人になっても永遠に、自分の母親は不倫をしたのだ、というトラウマがつきまとう可能性もあります。そして、一度崩れた親子の信頼関係を再構築することは、とても簡単なことではありません。

(5)高額な慰謝料の支払い

不倫がバレることにより高額な慰謝料の支払い義務が発生してしまう恐れがあります。
W不倫の場合には、夫からの慰謝料請求に加えて相手の配偶者からも慰謝料を請求される可能性があるでしょう。

5、でも気持ちは止められない?!ときめいたらどうすればいい?

でも気持ちは止められない?!ときめいたらどうすればいい?

女性は幾つになっても女性です。ですから既婚だったとしても、異性にときめく心は抑えられません。
とは言っても突き進んでしまえば修羅場へ一直線。

ここでは、ときめいた場合の対処法をご紹介してまいります。

(1)モテるのはOK

男性からモテるのは全く問題ありません。モテるのはあなたの魅力のなせる技。押さえる必要などありません。自分が好意をもった相手からモテてたなら、一般的にはそのまま流されてしまうもの。

でも、ここで大切なのは、その点でしっかり自分を保つことなのです。
モテるのがいけないのではなく、流されて関係をもってしまうことが問題なのです。

(2)家族が想像以上に苦しむことを考える

今もし気になる相手がいるのであれば、家族が想像以上に苦しむことを知っておきましょう。

家族が苦しむことなど理解しているはずですし、だからこそバレないように工夫もしていることでしょう。
でも、前述したような予期せぬことでバレたとき、あなたの想像はかなり甘かったことを知らされることになります。

不倫は法律上犯罪ではありませんが、心情的には犯罪のようなもの。家族も自分のことも、かなり傷つけてしまいます。
「自分勝手なママでごめんね」と自分を責めるのも良いですが、思いとどまる強い優しさを持ち「私は立派なママだから!」と自画自賛で胸を張っているお母さんの方が、きっとずっと素敵です。将来、今のあなたを褒めたくなることでしょう。 

(3)深入りしないのがいい女

どんなにモテたとしても、深入りしない女性がいい女です。魅力的なのに一切なびかない、なんて少しかっこよくないですか?
実際、いい女ほど手に入りにくい、なんていう男性のセリフはよく耳にします。

男女はある意味、お互いに対する勘違いから好意を抱くもの。夫と長年付き合ってきたあなたなら、痛いほどそれがわかっているはず。
恋愛の真髄を夫と築き上げたあなたなら、恋愛は卒業し、男性の視線をひたすら浴びるいい女へ向かってみてはいかがでしょうか。

(4)夫に承認欲求を満たしてもらおう

夫からなんて「きれい」や「ステキ」と言われたって嬉しいはずない。
そんな風に思っていませんか?

実際に散々言われている方はそうかもしれませんが、もし今、特にそんな扱いを受けていないのであれば、夫に「ちょっと言ってみて」と頼んでみてください。
魅力的な妻をもったあなたの夫なら、タイミングにもよるかもしれませんが、願いは叶えてくれるはず。

不倫や浮気をしてみたい主婦は、承認欲求が満たされていない可能性があります。
子育てや義理の家族とのやりとりで心がやたらと大人になってしまい、自分のわがままは全て自分の心にしまっていませんか?
今更夫に褒めてもらっても何にもならないと、夫なんかあてにしていないあなたかもしれませんが、騙されたと思って、一度夫にわかりやすく承認されてみてください。きっと何かが変わってくることでしょう。

6、子連れで不倫相手と再婚したい人はいったん冷静に

子連れで不倫相手と再婚したい人はいったん冷静に

もしも不倫相手と再婚を検討しているなら、一度冷静になってください。

不倫といえども恋愛です。好きな人と新しい家庭をもつことは、一度は夢見ているに違いありません。
「この子とあの人は気があうかな」
そんな想像をしたのも一度や二度ではないでしょう。

しかし、子連れ再婚は、かなりの冷静さが求められます。
なぜなら、子をもたない方は、親になることに対し、ある意味とても身構えていることが大半だからです。

真剣にあなたと家庭を築きたいと思うからこそ、その子の本当の親になりたい、と意気込んでいます。
ですが、子どもたちの気持ちは複雑です。
小さくても、ある程度成長していても、成人していても、実親でない大人が自分の親となることに、免疫がある人などいないのです。

あなたが子連れで再婚を望むのであれば、あなたが中心となって家族をまとめていかねばなりません。そのまとめ方のハウツー本などはなく、あなたが感じ、考え、実践していくしかないのです。
あなたが愛する子どもと不倫相手のために、彼らの立場に立って考えることが大切です。

7、もしも離婚や慰謝料で修羅場になったら

もしも離婚や慰謝料で修羅場になったら

もしも主婦の不倫から修羅場になったなら、どうぞ弁護士に相談してください。

離婚についての調整や慰謝料の調整など弁護士が力になってくれます。
不倫の修羅場は激しく暴力などに発展する恐れもあるでしょう。
代理人に弁護士を立てることで犯罪に巻き込まれることを防げます。大切な子どもを守るためにも弁護士に相談した方が穏便に話し合いが進むでしょう。
できるだけあなたの不利にならないように弁護士が話し合いを進めてくれます。

まとめ

主婦の不倫は、一言で言えば「いばらの道」でしょうか。

だからこそ燃える、なんて言わないでください。本気で傷つく人がたくさん出るのですから。

でも、「第二の人生」や「運命」など、きっとそんなこともあるでしょう。

傷つけてしまうことも背負い、新たなパートナーと人生を共にする際は、今のパートナーと円満にお別れするためにもどうぞ弁護士にご相談ください。

弁護士は、あなたの味方です。あなたの人生がこれからも輝き続けることを願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士相談実施中!


当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。

弁護士費用保険のススメ

今すぐには弁護士に依頼しないけれど、その時が来たら依頼を考えているという方には、弁護士費用保険メルシーへの加入がおすすめです。

何か法律トラブルに巻き込まれた際、弁護士に相談するのが一番良いと知りながらも、どうしても費用がネックになり相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。そんな方々をいざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。

弁護士費用保険メルシーに加入すると月額2,500円の保険料で、ご自身やご家族に万が一があった際の弁護士費用補償(着手金・報酬金)が受けられます。離婚、労働トラブル、ネット誹謗中傷、自転車事故、相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。)

ご自身、そして大切な家族をトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

提供:株式会社カイラス少額短期保険 KL2020・OD・053

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

平日9:30〜20:00、土日祝9:30〜18:00
  • Call:0120-71-1765