弁護士無料相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。
初回のご相談は無料ですので
お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。
※弁護士費用特約を利用されてご依頼となった場合には、特約から1時間1万円(税別)の相談料を頂戴いたしますが、お客様のご負担はございません。

お電話でのお問い合わせ
0120-773-605
メールでのご相談

後遺障害等級とは?等級認定手続と請求の流れについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

後遺障害(こういしょうがい)とは、交通事故の被害者となり、怪我の治療を受けたものの、これ以上治療しても治らない状態(症状固定といいます)となった時点で身体に何らかの障害が残った状態をいいます。

そして、後遺障害等級(こういしょうがいとうきゅう)とは、後遺障害における「ランク」です。

後遺障害はさまざまな症状があります。

そのため、症状別に類型化してカテゴライズされ、加害者が支払うべき損害賠償額の基準が画一的に取り決められているのです。

今回は、

  • 後遺障害等級とは?どんな症状がどんな等級になるのか
  • 自分の後遺障害等級で損害賠償請求をする方法

などについて解説していきます。

ご自身が事故によって後遺障害を抱えてしまっている方、あるいは近親者が交通事故によって障害者となってしまった方の参考になれば幸いです。

弁護士無料相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。
初回のご相談は無料ですので
お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。
※弁護士費用特約を利用されてご依頼となった場合には、特約から1時間1万円(税別)の相談料を頂戴いたしますが、お客様のご負担はございません。

お電話でのご相談
0120-773-605
メールでのご相談

1、後遺障害等級とは?

後遺障害等級とは?

交通事故の「後遺障害」とは、交通事故を原因とした労働能力の低下や喪失が認められる障害のことです。

ケガや病気の治療後に残った機能障害や神経症状を「後遺症」といいますが、後遺症がそれら全般を指すのに対し、後遺障害は後遺症のなかでも「等級」として規定された症状のいずれかに当てはまるものを指します。

「等級」は14級から1級までで、1級に近づくにつれて症状が重くなります

2、それぞれの等級における具体的症状

れぞれの等級における具体的症状

(1)14級

後遺障害等級第14級と認定される後遺障害は次のとおりです。

  • 眼のまぶたの一部に欠損を残し又はまつげはげを残すもの
  • 3歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
  • 1耳の張力が1メートル以上の距離では小声を解することができない程度になったもの
  • 上肢の露出面にててのひらの大きさの醜いあとを残すもの
  • 下肢の露出面にてのひらの大きさの醜いあとを残すもの
  • 1手のおや指以外の手指の指骨の一部を失ったもの
  • 1手のおや指以外の手指の遠位指節間関節を屈伸することができなくなったもの
  • 1足の第3の足指以下の1又は2の足指の用を廃したもの
  • 局部に神経症状を残すもの

交通事故による後遺障害のうち最も多いのは、頚椎捻挫後の頚部痛・手のしびれ、腰椎捻挫後の腰痛・足のしびれ等の症状ですが、実際に後遺障害等級認定の申請をしてみると、多くの場合は「非該当」か「14級9号」のどちらかとなります。 

関連記事

(2)13級

後遺障害等級第13級と認定される後遺障害は次のとおりです。

  • 眼の視力が0.6以下になったもの
  • 正面以外を見た場合に複視の症状を残すもの
  • 1眼に半盲症、視野狭窄又は視野変状を残すもの
  • 両眼のまぶたの一部に欠損を残し又はまつげはげを残すもの
  • 5歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
  • 1手のこ指の用を廃したもの
  • 1手のおや指の指骨の一部を失ったもの
  • 1下肢を1センチメートル以上短縮したもの
  • 1足の第3の足指以外の1又は2の足指を失ったもの
  • 1足の第2の足指の用を廃したもの、第2の足指を含み2の足指の用を廃したもの又は第3の足指以下の3の足指の用を廃したもの
  • 胸腹部臓器の機能に障害を残すもの

関連記事

(3)12級

後遺障害等級第12級と認定される後遺障害は次のとおりです。

  • 眼の眼球に著しい調節機能障害又は運動障害を残すもの
  • 1眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの
  • 7歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
  • 1耳の耳殻の大部分を欠損したもの
  • 鎖骨、胸骨、ろく骨、けんこう骨又は骨盤骨に著しい変形を残すもの
  • 1上肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの
  • 1下肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの
  • 長管骨に変形を残すもの
  • 一手のこ指を失ったもの
  • 1手のひとさし指、なか指又はくすり指の用を廃したもの
  • 1足の第2の足指を失ったもの、第2の足指を含み2の足指を失ったもの又は第3の足指以下の3の足指を失ったもの
  • 1足の第1の足指又は他の4の足指の用を廃したもの
  • 局部に頑固な神経症状を残すもの
  • 外貌に醜状を残すもの

関連記事

(4)11級

後遺障害等級第11級と認定される後遺障害は次のとおりです。

  • 両眼の眼球に著しい調節機能障害又は運動障害を残すもの
  • 両眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの
  • 1眼のまぶたに著しい欠損を残すもの
  • 10歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
  • 両耳の聴力が1メートル以上の距離では小声を解することができない程度になったもの
  • 1耳の聴力が40センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
  • 脊柱に変形を残すもの
  • 1手のひとさし指、なか指又はくすり指を失ったもの
  • 1足の第1の足指を含み2以上の足指の用を廃したもの
  • 胸腹部臓器の機能に障害を残し、労務の遂行に相当な程度の支障があるもの

関連記事

(5)10級

後遺障害等級第10級と認定される後遺障害は次のとおりです。

  • 眼の視力が0.1以下になったもの
  • 正面を見た場合に複視の症状を残すもの
  • 咀嚼又は言語の機能に障害を残すもの
  • 14歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
  • 両耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度になったもの
  • 1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの
  • 1手のおや指又はおや指以外の2の手指の用を廃したもの
  • 1下肢を3センチメートル以上短縮したもの
  • 1足の第1の足指又は他の4の足指を失ったもの
  • 1上肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの
  • 1下肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの
関連記事

(6)9級

後遺障害等級9級と認定される後遺障害は次のとおりです。

  • 両眼の視力が0.6以下になったもの
  • 1眼の視力が0.06以下になったもの
  • 両眼に半盲症、視野狭窄又は視野変状を残すもの
  • 両眼のまぶたに著しい欠損を残すもの
  • 鼻を欠損し、その機能に著しい障害を残すもの
  • 咀嚼及び言語の機能に障害を残すもの
  • 両耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
  • 1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になり、他耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度になったもの
  • 1耳の聴力を全く失ったもの
  • 神経系統の機能又は精神に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの
  • 胸腹部臓器の機能に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの
  • 1手のおや指又はおや指以外の2の手指を失ったもの
  • 1手のおや指を含み2の手指の用を廃したもの又はおや指以外の3の手指の用を廃したもの
  • 1足の第1の足指を含み2以上の足指を失ったもの
  • 1足の足指の全部の用を廃したもの
  • 外貌に相当程度の醜状を残すもの
  • 生殖器に著しい障害を残すもの

関連記事

(7)8級

後遺障害等級8級と認定される後遺障害は次のとおりです。

  • 1眼が失明し、又は1眼の視力が0.02以下になったもの
  • 脊柱に運動障害を残すもの
  • 1手のおや指を含み2の手指を失ったもの又はおや指以外の3の手指を失ったもの
  • 1手のおや指を含み3の手指の用を廃したもの又はおや指以外の4の手指の用を廃したもの
  • 1下肢を5センチメートル以上短縮したもの
  • 1上肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの
  • 1下肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの
  • 1上肢に仮関節を残すもの
  • 1下肢に仮関節を残すもの
  • 1足の足指の全部を失ったもの

(8)7級

後遺障害等級7級と認定される後遺障害は次のとおりです。

  • 眼が失明し、他眼の視力が0.6以下になったもの
  • 両耳の聴力が40センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
  • 1耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
  • 神経系統の機能又は精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの
  • 胸腹部臓器の機能に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの
  • 1手のおや指を含み3の手指を失ったもの又はおや指以外の4の手指を失ったもの
  • 1手の5の手指又はおや指又はおや指を含み4の手指の用を廃したもの
  • 1足をリスフラン関節以上で失ったもの
  • 1上肢に仮関節を残し、著しい運動障害を残すもの
  • 1下肢に仮関節を残し、著しい運動障害を残すもの
  • 両足の足指の全部の用を廃したもの
  • 外貌に著しい醜状を残すもの
  • 両側の睾丸を失ったもの
関連記事

(9)6級

後遺障害等級6級と認定される後遺障害は次のとおりです。

  • 両眼の視力が0.1以下になったもの
  • 咀嚼又は言語の機能に著しい障害を残すもの
  • 両耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの
  • 1耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が40センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
  • 脊柱に著しい変形又は運動障害を残すもの
  • 1上肢の3大関節中の2関節の用を廃したもの
  • 1下肢の3大関節中の2関節の用を廃したもの
  • 1手の5の手指又はおや指を含み4の手指を失ったもの

関連記事

(10)5級

後遺障害等級5級と認定される後遺障害は次のとおりです。

  • 眼が失明し、他眼の視力が0.1以下になったもの
  • 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
  • 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
  • 1上肢を手関節以上で失ったもの
  • 1下肢を足関節以上で失ったもの
  • 1上肢の用を全廃したもの
  • 1下肢の用を全廃したもの
  • 両足の足指の全部を失ったもの

関連記事

(11)4級

後遺障害等級4級と認定される後遺障害は次のとおりです。

  • 両眼の視力が0.06以下になったもの
  • 咀嚼及び言語の機能に著しい障害を残すもの
  • 両耳の聴力を全く失ったもの
  • 1上肢をひじ関節以上で失ったもの
  • 1下肢をひざ関節以上で失ったもの
  • 両手の手指の全部の用を廃したもの
  • 両足をリスフラン関節以上で失ったもの

関連記事

(12)3級

後遺障害等級3級と認定される後遺障害は次のとおりです。

  • 眼が失明し、他眼の視力が0.06以下になったもの
  • 咀嚼又は言語の機能を廃したもの
  • 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
  • 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
  • 両手の手指の全部を失ったもの

関連記事

(13)2級

級は別表第一(介護を要する後遺障害)と別表第二(後遺障害)の2種類に分かれ、それぞれ該当する症状と保険金が異なります。 

別表第一(介護を要する後遺障害)

・神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、随時介護を要するもの

・胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、随時介護を要するもの

別表第二(後遺障害)

1眼が失明し、他眼の視力が0.02以下になったもの

両眼の視力が0.02以下になったもの

両上肢を手関節以上で失ったもの

両下肢を足関節以上で失ったもの

関連記事

(14)1級

級も2級と同様、別表第一(介護を要する後遺障害)と別表第二(後遺障害)の2種類に分かれ、それぞれ該当する症状と保険金が異なります。 

別表第一(介護を要する後遺障害)

神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの

胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、常に介護を要するもの

別表第二(後遺障害)

両眼が失明したもの

・咀嚼及び言語の機能を廃したもの

・両上肢をひじ関節以上で失ったもの

・両上肢の用を全廃したもの

・両下肢をひざ関節以上で失ったもの

・両下肢の用を全廃したもの

  関連記事

3、各等級に定められた損害賠償額(自賠責保険金額)

各等級に定められた損害賠償額(自賠責保険金額)

このように、後遺障害を等級に分ける意味は、損害賠償の額を明確にするためです。

つまり、等級によって損害賠償の金額が変わってきます

後遺障害に関係する損害賠償は、

  • 後遺障害逸失利益
  • 後遺障害慰謝料

です。

後遺障害逸失利益は、等級によって労働能力喪失率が変わってきます。

後遺障害慰謝料は、等級によって金額が変わってきます。

以下は、各等級の自賠責保険金の金額です。

等級

自賠責保険金額

第14級

75万円

第13級

139万円

第12級

224万円

第11級

331万円

第10級

461万円

第9級

616万円

第8級

819万円

第7級

1,051万円

第6級

1,296万円

第5級

1,574万円

第4級

1,889万円

第3級

2,219万円

別表第一第2級

3,000万円

別表第二第2級

2,590万円

別表第一第1級

4,000万円

別表第二第1級

3,000万円

交通事故の損害額の算定基準には、3つの基準があります。

上記は自賠責保険の基準での額ですが、任意保険の基準、そして裁判基準と、自賠責保険基準の他にも2つの基準が存在します。

この3つの基準の中でも自賠責保険基準がもっとも低額とされており、裁判基準がもっとも高額です。

裁判基準は裁判になったときに用いられる基準ですが、裁判外であっても弁護士であれば裁判基準を使って交渉することが可能です。

そのため、交通事故で損害賠償請求をする場合は、弁護士に依頼すると大きなメリットがあるとされています。

4、等級認定手続と流れ

等級認定手続と流れ

さて、自分がどの等級に該当するかがわかったとしても、どのように相手に損害賠償請求をするのでしょうか。

これには、当該等級であることの「認定」を受けなければなりません

その「認定」は、「損害保険料率算出機構」が行なっています(「損害保険料率算出団体に関する法律」参照)。

損害保険料率算出機構が認定するまでの手続きは、

  • 加害者の任意保険会社を通して申請する方法(事前認定)
  • 被害者が自分で認定申請する方法(被害者請求)

の2通りです。

認定の仕組みについてはこちらの記事をご確認ください。

関連記事

また、認定を受ける詳しい手順についてはこちらの記事をご確認ください。

関連記事

それぞれ手続きの内容を紹介します。

(1)事前認定の流れ

事前認定は、交通事故の加害者の加入している任意保険会社を通して申請する方法です。

ケガの治療後、保険会社に等級申請を依頼することで認定されます。

メリットは後遺障害等級の申請手続きを加害者の任意保険会社が行うため、被害者側は特にすることもなく手続きが楽であるということです。

デメリットは保険会社が主導で後遺障害等級の手続きを進めるため、場合によっては適正な後遺障害等級が認定されない可能性もあることです。

(2)被害者請求の流れ

被害者請求は、自賠責保険会社を通して申請する方法です。

必要書類を自賠責保険会社に提出することで手続きが完了します。

メリットは等級が認定されれば自賠責から直接保険金が振り込まれるため自賠責部分についての入金までのスピードが早いこと、デメリットは被害者自身が自分で請求を行わなければならないため、申請までの書類集め等で手間と時間がかかることです。

5、認定された後遺障害等級に基づいて損害賠償請求を

(1)認定された後遺障害等級に基づいて損害賠償請求をする

交通事故における損害賠償は、通常、加害者が加入する任意自動車保険会社とのやりとりで、保険金という形で支払われます。

後遺障害等級の認定を受けたら、この認定結果をもって、当該保険会社に請求することになります。

(2)納得がいかない等級であればすぐに弁護士に相談を

事前認定による等級認定においては、認定された等級自体に納得がいかないこともあります。

等級によって損害賠償の額は決まりますので、適切でない等級認定による不利益は大変大きいので注意してください。

(3)裁判所基準での慰謝料獲得を目指すならば弁護士に相談を

また、保険会社によって慰謝料計算がされると、任意保険基準による算出になるので、裁判基準よりは低額になります。

前述の通り、弁護士であれば、裁判外でも裁判所基準で交渉することが可能です。

後遺障害における損害賠償においては、弁護士に依頼することをお勧めします

6、複数の後遺障害症状―併合とは

複数の後遺障害症状―併合とは

後遺障害は複数発症することもあります。

その場合は「併合」といって、一定のルールが定められています。

(1)複数の等級に該当したら、重い方の等級を「基準」にする

 2つ以上の後遺障害があり、それぞれの等級が異なる場合、基本は重い方の等級が認定の対象となります。

たとえば事故によって5級と12級の後遺障害が残った場合、5級を「基準」とします。

(2)「基準」の等級のランクからアップする

併合のルールとは、以下のルールです。

  • 5級以上に該当する後遺障害が2つ以上ある場合は、「基準」のランクを3つアップ
  • 8級以上に該当する後遺障害が2つ以上ある場合は、「基準」のランクを2つアップ
  • 13級以上に該当する後遺障害が2つ以上ある場合は、「基準」のランクを1つアップ
  • 14級の後遺障害が2つ以上ある場合は、いくつ障害があっても14級

5級と12級に該当する場合、「13級以上に該当する後遺障害が2つ以上ある場合」に該当します。

5級が「基準」で、「「基準」のランクを1つアップ」なので、併合4級となるのです。

(3)併合のルールが適用されない場合

次の場合は併合認定のルールが適用されない可能性があります

  • 併合することで本来的な後遺障害等級の序列を乱す場合
  • 組み合わせの等級があらかじめ定められている場合
  • 症状的に派生関係になる場合

7、等級の異議申立ては専門家に相談しましょう

等級の異議申立ては専門家に相談しましょう

後遺障害等級の認定に不服がある場合、異議申立てができます。

等級認定は客観的な資料に基づきます。

つまり、認定申請で出した書類が命ということです。

異議申立てでは、これらの書類を見直し、再度提出すべき書類を精査しなければなりません。

どんな情報が不足しているのか。

これを行うには、交通事故の後遺障害に詳しい弁護士を味方につけるべきでしょう。

異議申立てをするには、後遺障害の実務に詳しい弁護士に相談することをおすすめします。

、交通事故で悩まれたときは

交通事故で悩まれたときは 交通事故に遭った場合、身体的な痛み、加害者への複雑な気持ち、生活の変化、金銭的な問題など、思いもよらないことが一気に降りかかってきます。

何をどこへぶつければ良いのかわからず、精神的にも沈んでしまうことでしょう。

このようなとき、やはり誰かに相談するのが一番です。

ご家族だけで解決できることではありません。

交通事故に詳しい弁護士なら、一つずつ解決していく術を持っています。

法的アドバイスだけでなく、被害にあった方のお気持ちに寄り添った対応で、あなたをしっかりとサポートしていくことでしょう。

交通事故で悩んだときは、交通事故の解決実績のある弁護士に依頼されることをおすすめします。

まとめ

後遺障害等級について解説してきました。 

専門家でもない限り、後遺障害等級の知識を有し、正しい賠償がされているかどうかを判断できる人はいません。

後遺障害等級認定に納得できない場合や、保険金が妥当な金額なのか知りたい場合は、弁護士などの適切な専門家に依頼し、問題解決にあたりましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士の無料相談実施中!


当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

初回のご相談は無料ですのでお気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。

※弁護士費用特約を利用されてご依頼となった場合には、特約から1時間1万円(税別)の相談料を頂戴いたしますが、お客様のご負担はございません。

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

平日9:30〜21:00、土日祝9:30〜18:00
  • 電話で無料相談する