弁護士無料相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。
ご相談は無料ですので
お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ
0120-711-765
メールでのご相談

不倫の結末は「不幸」しかない?踏ん切りのつかない思いを断ち切る方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「やめなきゃ」と頭では分かっているのに、ついズルズルと関係を続けてしまう不倫どうしても気持ちにケリがつけられないなら、同じような不倫・浮気経験のある人が一体どんな結末を迎えたのか、実際のケースを参考に自分の人生についても考え直してみませんか?

今回は、

  • 不倫・浮気の終わり方の実例
  • 不倫を続けることのリスクや万が一慰謝料を請求された場合の相場
  • 最悪の事態を回避するために取るべき手段

などをまとめてご紹介していきます。

ご参考になれば幸いです。

弁護士相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。
お電話でのご相談
0120-751-882
メールでのご相談

1、不倫の結末とは…幸せなのはほんの一瞬だった?

不倫の結末とは…幸せなのはほんの一瞬だった?

それでは早速、様々な不倫の体験談をチェックしていきましょう。

不倫はやっぱり不毛の恋なのか?

略奪婚のその後は本当に幸せなのか?

気になる結末をご紹介します。

(1)結局家庭に戻っていった彼

既婚者の男性と付き合っていたSさん。

そろそろ自分の将来のこともきちんと考えなければならないと思い、1度男性に別れを切り出しました。

しかし、「妻とは別れるからもう少しだけ待って」と泣きつかれ、仕方なくそのまま関係を継続。

そんなある日男性の妻に不倫がバレ、「これで話が一気に進むかも」と希望を抱いたのも束の間、「妻と別れるなんて話、君も本気にしてなかったよね?」と男性はあっさり家庭に戻っていってしまいました。

(2)自分だけが離婚&退職

職場の男性上司とW不倫をしていたIさん。

職場に関係がバレてどちらかが異動しなければならないことに。

元々誘ってきたのは上司のほうからだったので、Iさんは「私は異動したくない!」と頑なに拒否したものの、会社側は立場の強い上司のほうに肩入れし、Iさんは遠方の事業所に転勤を命じられてしまいました。

すべてを知ったIさんの夫は激怒し、Iさん夫婦は離婚。

Iさんは遠方に引っ越す気力もなく結局会社を退職しましたが、不倫相手の上司は妻と元サヤにおさまり、社内での立場も変わらないまま、Iさんだけがすべてを失う結末となりました。

(3)略奪婚に成功するも…

長年不倫関係にあった彼の離婚がついに成立、晴れて自分と再婚してくれることになりましたが、「こんなはずじゃなかったのに」とため息をつく女性もいます。

彼には別れた妻との間に3人の子供がいて、毎月の養育費の支払いがかなり苦しく、離婚時の慰謝料で貯金もすっからかんになってしまったので、ギリギリまで生活費を切り詰める日々。

余裕のない暮らしでお互いにストレスが溜まり、次第に関係もギクシャクしてきているそうです。

(4)再婚後、また彼が不倫

同じく略奪婚に成功したケースで、最初の2年間はとても平和に結婚生活を満喫していたRさん。

しかし3年目に彼がまた不倫に手を出していることが発覚し、いつの間にか彼の元妻と同じ立場に追い込まれてしまいました。

彼の交際相手と思われる女性からの嫌がらせもだんだんエスカレートしたため、疲れ果てたRさんは彼からの離婚の申し出をそのまま承諾。

「結局バチが当たったっていうことなのかな」と、現在は過去の自分を悔いる日々です。

(5)どちらの子供か分からずに…

既婚女性が不倫中に妊娠し、旦那の子なのか不倫相手の子なのか分からず苦悩するというパターンもあります。

実際このケースに陥ったTさんは、自分の旦那と不倫相手とその妻、4人で話し合いを行うという修羅場を経験した上に、旦那はストレスからうつ病を患い、不倫相手の妻からは高額な慰謝料を請求され、最終的にはお腹の子も流産してしまい、妊娠することが難しい身体になってしまいました。

(6)離婚後も元妻からの嫌がらせに悩む

職場の独身女性と不倫していたOさんは、妻に関係がバレて離婚することに。

その上慰謝料と養育費の支払いがかさんで一気に貧乏になり、不倫相手の女性からはあっさり見捨てられてしまいました。

それでも1人で頑張っていこうと仕事に打ち込み始めた矢先、職場に不倫相手との現場を押さえた写真がバラまかれたり、無言電話がかかってきたりと不審な嫌がらせが相次ぐようになったのです。

結局それはOさんを恨んだ元妻の仕業だったのですが、Oさんは職場に居づらくなり会社を辞め、軽い人間不信にも陥ってしまいました。

2、不倫相手から本命に昇格する可能性は低い

不倫相手から本命に昇格する可能性は低い

みなさんの中には「今の不倫がいつまで続くんだろう」と終わりの見えない不安を抱えている方も多いかもしれませんが、全体的な割合でいうと不倫の8割以上は3年未満に何らかの結末を迎えており、そのうち1年以内に終わるケースが半数以上を占めています。

(1)結局別れてしまうケースが多い

先ほど見てきた体験談のように、不倫の関係から略奪婚に成功するパターンも珍しくはありませんが、ほとんどの場合なんだかんだ言っても結局は別れることになるカップルが大多数です。

付き合っている間どんなに甘い言葉を囁かれていても、妻に関係がバレた途端手のひらを返したように冷たくなる・音信不通になる男性も多く、社内不倫の場合は女性側だけが理不尽な処遇を受けるケースも少なくありません。

(2)再婚できても幸せになれるとは限らない

一説によると、不倫相手から本命に昇格する=再婚に成功する確率は全不倫のうち30%程度と言われています。

これを多いと見るか少ないと見るかは人それぞれですが、子供がいる場合は特に離婚に至ることが難しく、離婚できたとしても毎月養育費を支払っていく必要があるため、再婚後の生活は節約を余儀なくされるでしょう。

離婚時に不倫関係がバレていなかったとしても、不倫の時効は20年(※)なので、忘れた頃に突然慰謝料を請求されるパターンもあります。

いつバレるかとハラハラしながら暮らしたり、実際に慰謝料の支払いが生活費を圧迫したりすることで、心の余裕を失っていく夫婦も意外と多いのです。

※不倫に基づく損害賠償請求権の時効消滅が、不倫の時から20年を経過したときであるという意味です。

3、不倫を続けることのリスク

不倫を続けることのリスク

また、不倫を続けている限り、次のようなリスクから逃れることはできません。

(1)高額な慰謝料を請求される可能性がある

不倫は民法で定められている「婚姻共同生活の平和の維持」を脅かす行為のため、不倫相手の妻や夫には法的にみなさんを訴える権利があります

請求できる慰謝料の相場はまた後ほど改めてご紹介しますが、万が一話がこじれて裁判になった場合、弁護士への相談料や着手金などその他の費用もかさんでいくため、トータル的にはかなりの出費を覚悟しなければならないでしょう。

(2)社会的な立場が悪くなる

失うものはお金だけではありません

不倫は社会的に見ても許されない行為であり、万が一バレたときには家族や親戚からはもちろん、友人や職場の同僚からも白い目で見られます。

恋愛中の悩みも不倫の場合はなかなか人に相談することができず、孤独に追いやられがちです。

会社で降格・異動の処分を受ける、場合によっては退職を余儀なくされるケースもあるでしょう。

(3)婚期を逃す

「妻と離婚が成立したら結婚しよう」という彼の甘い言葉を信じているうちに数年が経ち、気付けば適齢期をすべて不倫の恋に費やしていたという女性も少なくありません。

ひとつの恋に夢中になっている間は、どうしても他の相手に興味が湧かず、お見合いや合コンがあってもことごとくチャンスを棒に振ってしまいます。

元から結婚願望がない場合はそこまで問題にはなりませんが、「やっぱり結婚したい」という思いがある場合、不倫にハマっている間に婚期を逃すというのは大きなリスクのひとつでしょう。

関連記事

4、不倫を止めるためにはどうすればいい?

不倫を止めるためにはどうすればいい?

不倫を止めたい、でも止められないそんなみなさんが今の関係にピリオドを打つためには、一体何が必要なのでしょうか。

具体的な行動を起こすための気持ちの切り替え方をご紹介していきます。

(1)不倫のリスクを改めて考える

先ほどお話したように、不倫にはいくつもの大きなリスクがあり、一時の快楽や恋愛感情と引き換えにするには割に合わないほどの代償を払わなければならないケースも多いです。

そういったリスクをすべて引き受けても、今の不倫相手との関係を継続したいと思いますか?

答えがNOなら、1秒でも早く別れを切り出しましょう。

(2)自分の将来設計を立ててみる

この機会に、自分の人生を改めて見つめ直してみるのも良い方法です。

何歳で結婚して、何歳のときには何人の子供がいてというライフプランを明確にすれば、そのために今何をするべきなのかも自ずと浮かび上がってきます

(3)ほかに夢中になれるものを探す

みなさんが今の恋にすがり付いてしまうのは、それを失うことで自分が空っぽになるような気がしているからかもしれません。

仕事でも趣味でも友人との時間でも、何でも良いので「これが今の自分の生きがいだ」と思えるものを探してみましょう。

新しく夢中になれるものが見つかれば、案外サクッと不倫相手との関係は手離すことができるはずです。

そのほか、不倫が終わるきっかけや具体的な終わらせ方はこちらの記事でも解説しています。

関連記事

5、万が一、慰謝料請求されたら…金額の相場

万が一、慰謝料請求されたら…金額の相場

不倫のリスクのひとつでもある「賠償責任」――万が一不倫相手の配偶者から慰謝料を請求されたら、その金額の相場はいくらくらいになるのでしょうか。

ケース別にまとめてみました。

不倫慰謝料の目安

夫婦関係に変化がない場合

数十万円~100万円程度

不倫が原因で別居に至った場合

100万円~200万円程度

不倫が原因で離婚に至った場合

200万円~300万円程度

慰謝料の相場は、不倫の結果夫婦関係がどのように変化したかによって大きく左右される傾向があり、別居・離婚に至った場合は段階的に金額が跳ね上がります。

不倫の期間や、相手にどれだけの精神的苦痛がもたらされたかなども考慮のポイントになり、期間が長ければ長いほど、苦痛が大きければ大きいほど請求額も高くなっていくでしょう。

6、できる限り最悪の事態を回避したいなら弁護士への相談がおすすめ

できる限り最悪の事態を回避したいなら弁護士への相談がおすすめ

実際に慰謝料を請求されてしまった場合はもちろん、その他のトラブル時にも、最悪の事態を回避するためには弁護士の力が必要不可欠です。

弁護士に相談するとどんな良いことがあるのか、具体的なメリットと費用の相場もあわせてチェックしていきましょう。

(1)メリット

不倫で慰謝料を請求されたら、言われた通りに支払いを行うしかないのでしょうか?

その答えは「NO」で、相手が不倫を証明する確かな証拠を持っていない・証拠があっても弁解の余地がある場合には、支払いを回避できることもあります。

情状酌量が認められれば請求額を減額することも可能で、弁護士に依頼すればこういった手続き全般を任せることができるのです。

(2)弁護士費用の相場

弁護士費用には主に次の4種類があり、それぞれの相場は以下のようになっています。

種類

相場

相談料

1時間1万円(初回の1時間は無料のところも多い)

着手金

20~50万円程度

成功報酬

得られた金額の10%程度

日当

半日3万円、15万円程度

(3)安心して頼れる弁護士を見つけるためのポイント

不倫のトラブルで弁護士を依頼するなら、夫婦問題や離婚に強い弁護士を探すことが第一です。

これまで扱ってきた内容によってその弁護士が得意とする分野も様々なので、まずは夫婦関係の法的な知識と経験が豊富な弁護士かどうかを1番のポイントにしましょう。

詳しくはこちらの記事でもご紹介しています。

関連記事

7、心から前を向くために|自分自身の気持ちにケリをつける方法

心から前を向くために|自分自身の気持ちにケリをつける方法

最後に、不倫相手への未練を断ち切り、自分自身の気持ちを整理するために効果的な方法もまとめてご紹介していきます。

(1)断捨離を行う

部屋にある不要な物をどんどん処分していくと、その物に染み付いていた思い出も含めて、過去の自分と自然に決別できるようになります。

部屋がスッキリと片付き、気分を一新することにも役立つでしょう。

(2)一人旅に出る

強制的に日常から離れ、不倫相手と物理的な距離を置くことも有効な方法です。

美しい景色や一人の解放感を満喫し、狭まっていた視野がグッと広がるでしょう。

(3)家を引っ越す

今の家や住んでいる街に不倫相手との思い出が多いなら、思い切って引越しを検討してみるのも方法のひとつ。

さすがに引越しは難しいという場合、部屋を模様替えしてみるだけでも良い気分転換になります。

(4)運動を始める

身体を動かす習慣は、モヤモヤした気持ちの解消にとても役立ちます。

ジムやヨガスタジオに通うのも良し、自分でランニングを始めてみるも良し。

適度な運動で悩みやストレスを吹っ飛ばしましょう

(5)別の異性に目を向ける

たとえ気分が乗らなくても、合コンや飲み会には積極的に参加してみるのがおすすめです。

新しい出会いや恋のときめきは、今の未練を断ち切る何よりの特効薬になります。

本腰を入れて次の恋に一歩踏み出したいときには、信頼できる友達に紹介を頼んでみるのも良いでしょう。

まとめ

不倫の関係は結局相手と別れることによって結末を迎えるケースが多く、妻や夫にバレてしまった場合は、かなりの修羅場となってしまうことも珍しくありません。

運よく不倫相手から本命に昇格できても、その後の生活には慰謝料・養育費の支払いや不倫の再発など、懸念材料がゴロゴロと転がっています。

今回はなかなか断ち切れない気持ちの切り替え方についてもご紹介しましたので、ぜひみなさんも今一度不倫のリスクをしっかり考え、改めて自分の人生と向き合ってみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士相談実施中!


当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

平日9:30〜21:00、土日祝9:30〜18:00
  • Call:0120-71-1765