弁護士の
無料相談実施中! 初回60分無料
※一部有料となる場合がございます
弁護士に相談して、ココロを軽くしませんか?
  • 離婚の決意をした方、迷っている方
  • 離婚の話し合いで揉めている方
  • 離婚を拒否したい方
  • 慰謝料などの金銭的な請求だけしたい方
あなたの味方となる弁護士と
一緒に解決策を考えましょう。
お気軽にベリーベスト法律事務所まで
お電話、メールでお問い合わせください。

モラハラ夫と離婚して後悔しないために!今すぐ準備すべき10のこと

モラハラ夫と離婚して後悔しないために!今すぐ準備すべき10のこと

モラハラ夫と離婚したいけれど、離婚して後悔してしまうのが怖いからなかなか行動に踏み出せない……。

毎日毎日続くモラハラ。苦しくて怖くて、今すぐにでもモラハラ夫から逃げたいと思っている方。 
逃げたい気持ちは大いにあるけれど、経済面や子供のことを考えると、すぐに逃げられないのがつらいところですよね。

モラハラを受けるのはとてもつらいことではありますが、焦って離婚するとあなたやあなたの子供が後悔する可能性もあります。

今回は、モラハラ夫と離婚して後悔しないために、

  • モラハラ夫と離婚して後悔する理由
  • モラハラ夫と離婚するメリット
  • モラハラ夫との離婚で後悔しないために準備すべきこと

について、ベリーベスト法律事務所の弁護士が解説します。

あわせて、

  • モラハラ夫との後悔しない離婚方法
  • モラハラ夫と離婚しても後悔しないためのポイント

についても、紹介しますので、ぜひご参考にしてください。

この記事が、モラハラ夫との離婚で後悔するのではないかと悩んでいる方の手助けとなれば幸いです。

弁護士の
無料相談実施中! 初回60分無料
※一部有料となる場合がございます
弁護士に相談して、ココロを軽くしませんか?
  • 離婚の決意をした方、迷っている方
  • 離婚の話し合いで揉めている方
  • 離婚を拒否したい方
  • 慰謝料などの金銭的な請求だけしたい方
あなたの味方となる弁護士と
一緒に解決策を考えましょう。
お気軽にベリーベスト法律事務所まで
お電話、メールでお問い合わせください。

目次

1、モラハラ夫と離婚して後悔する理由

モラハラ夫と離婚すれば、長年の悩みや恐怖から解放されて自由になれると思っていたのに、実は離婚したことを後悔する方もいます。

離婚」は、人生の中で大きな決断です。

本章では、いくらモラハラ夫とはいえ、あなたが後悔することのないよう、「モラハラ夫と離婚して後悔する理由」について確認しましょう。

(1)モラハラ夫に情が残っているから

あんなに「離婚したい」「離れたい」と思っていたモラハラ夫ですが、一度は結婚して連れ添ったパートナーです。

離婚しても、元夫に情が残ってしまっている方がいます。

モラハラは、結婚生活において恐怖や悩みの種であったものの、人としての情や元夫の好きな部分を思い出し、離婚したことを後悔してしまうでしょう。

(2)経済面で苦労しているから

「離婚後の経済面での苦労」によって、モラハラ夫との離婚を後悔している方もいらっしゃるでしょう。

女性の方が、男性よりも収入が少ないことも多く、中には結婚して専業主婦になった方もいるかと思います。

収入が少ないまたは無いなどの理由から、離婚後お金の面で苦労し、離婚を後悔することが考えられます。

具体的には、以下のような理由があるでしょう。

  • 就職先が見つからない
  • 住む場所が安定しない
  • 取り決めどおりに養育費を払ってもらえない

①就職先が見つからない

いざ離婚して就職先を探そうとしても、なかなか仕事が見つからないこともあります。

専業主婦から仕事を探そうとしても、ブランクがあれば、正社員として採用してもらうことも厳しい状況ではないでしょうか。

仕事が見つからなければ、生活に困ることは目に見えています。

②住む場所が安定しない

住む場所を決めずに急いで離婚してしまうと、離婚後に住む場所に困ることになります。 

ウィークリーマンションなどはすぐに借りられないことがありますし、実家や友人の家に泊まらせてもらうことが難しい方もいるでしょう。ずっとホテル暮らしやネットカフェ暮らしというのも、ストレスが溜まってしまう可能性があります。

住む場所が安定しないことは、かなりのストレスになるといえます。

③取り決めどおりに養育費を払ってもらえない

子供を連れて離婚をした場合、元夫から養育費を支払ってもらうことを取り決めている方が多いですよね。養育費を頼りに、シングルマザーとして生計を立てようと考えている方もいらっしゃるでしょう。

ですが、実際養育費を取り決めどおりに払ってもらえず、離婚後に途方にくれるシングルマザーの方は少なくありません。

(3)子供を不安定な気持ちにさせてしまう

モラハラ夫といえども、子供にとっては世界でたった1人の父親です。モラハラ夫のなかには、妻に対するモラハラがひどいものの、子供に対しては「良い父親」のように接する人もいます。母親としては、子供から父親を引き離すことに、罪悪感を覚えてしまうでしょう。

突然、父親と会えなくなることは、子供の気持ちを不安定にさせます。母親であるあなたが、しっかりと子供のケアをすることが大切です。

2、モラハラ夫と離婚するメリット

モラハラ夫と離婚して後悔している方もいますが、それでも、あなたがモラハラ夫から日々苦しめられているのは、まぎれもない事実です。

本章では、モラハラ夫と離婚するメリットについて見ていきましょう。

(1)モラハラによって負っていた精神的苦痛からの解放

直接身体的DVを受けていなくても、モラハラ夫から日々ハラスメントを受けていたら、精神的に疲弊しない人はいません。

職場でのパワハラなら職場を離れれば解放されますが、家でのモラハラは逃げ場がないでしょう。

モラハラ夫により日々苦しめられていた精神的苦痛から解放されるのは、あなたが夫からの恐怖に怯えず、自由に生きるための第一歩です。

(2)自分と子供を中心とした生活ができる

モラハラ夫の機嫌や態度によって、その日の行動が制限されてしまっていたのではないでしょうか。 

しかし、離婚をしてモラハラ夫と離れたら、モラハラ夫の機嫌や態度にいちいち左右されることが無くなります。

あなたと子供を中心とした、穏やかな生活を取り戻すことができるでしょう。

(3)自分の可能性が広がる

モラハラ夫との結婚生活では、自由に出歩くことはもちろん、仕事をすることすら止められていた方もいらっしゃるでしょう。晴れて離婚が成立すれば、自由に出歩くことができますし、仕事の幅も広がります。夫に頼らず、1人で生計を立てていくことは、経済的に非常に大変です。

しかし、恐怖から解放され、自由に仕事をできる喜びを噛みしめる方が多いのも、事実です。 モラハラ夫との離婚により、新たな恋愛や結婚に臆病になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ですが、人生は一度きりです。あなたが本当に望むような幸せな恋愛や結婚をできる可能性は、十分にあります。離婚をすれば、恋愛の自由の幅も格段に広がるでしょう。

(4)子供にとって精神的メリットになる場合もある

子供からすると、父親と母親の喧嘩や、父親が母親を苦しめている姿を見るのは、とても耐えがたいものです。

物心がついた年齢になると、「そんなに喧嘩をしたり苦しい思いをしたりするくらいなら離婚すればいいのに……」と現実的に考え出す子供もいます。

子供にとっては、経済的に少々大変な思いをしてでも、大好きな母親が笑顔でいてくれる方が、価値があるでしょう。子供の精神的にも安定します。

3、モラハラ夫との離婚で後悔しないために準備すべきこと

荷物も持たずに、離婚の準備もしないまま家を飛び出すと、仮に離婚できたとしても、あとになって後悔してしまいます。

本章では、モラハラ夫との離婚で後悔しないために準備すべきことについて、解説します。

(1)本当に離婚すべきかしっかり考える

モラハラ夫といえども、あなたが結婚相手として選んだ人です。子供がいる場合は、子供にとって世界で一人だけの父親です。

離婚してから後悔するのでは遅いので、大前提として、

「本当に離婚すべきか」
「離婚して後悔は残らないか」

について、しっかり考えましょう。

①モラハラ夫と離婚すべきでない場合とは

モラハラ夫といえども、生活費をしっかり稼いでくれていて経済的に余裕があるなら、「絶対に離婚すべき」とはいえません。

あなたが専業主婦だったり、パートタイマーで収入が少なかったりする場合は、生活費の大部分をモラハラ夫が支払っているでしょう。

以上のような場合、離婚後の不安の大部分を占めるのは経済面です。

経済面に大きな不安がある場合は、仮面夫婦として結婚生活を続けるという選択をするほうが良い場合もあります。

離婚してから、経済的にやっていけるのかをシュミレーションするなどして、後悔のない選択をしましょう。

②離婚に向けて決意を固める

経済面の不安も乗り越えた場合であっても、すぐに離婚をしたり家を飛び出したりするのは、おすすめしません。

離婚の決意を固めたら、離婚準備期間をしっかり確保し、離婚に向けての準備を進めていきましょう。

離婚準備期間をどのくらい確保できるかによって、離婚後の生活の安定度が変わってきます。

モラハラ夫に怯える毎日はとても辛いものですが、離婚後の安定を目指して、準備期間をしっかり確保しましょう。

(2)貯金を少しでも増やしておく

あなたが仕事をしている場合であっても、貯金は無いよりあった方が何かと安心です。

離婚してからも、すぐに家を借りられない場合や、緊急でお金が必要になるケースもあります。

離婚準備期間中に貯金を少しでも増やしておきましょう。

(3)離婚後に住む場所を考えておく

離婚して真っ先に必要になるのは、離婚後に住む場所です。

専業主婦の方や、会社員の身分にない方は、すぐに家を借りられない場合もあります。

実家にお世話になったり、安価で借りられる部屋を探したりするなどして、離婚後に住む場所を必ず考えておきましょう。

(4)スキルアップや就職活動の準備をする

専業主婦の方や1人で生計を立てられるほどの稼ぎがない方は、スキルアップや就職活動の準備もしていきましょう。

自分1人ならまだしも、子供がいる場合には、しっかりとした収入を確保する必要あります。

離婚後に後悔しないためにも、就職先を見つけてから離婚する方が、あなたの負担も軽減されるでしょう。

(5)母子家庭支援制度について調べる

子供がいるものの、現在仕事をしておらず、就職の目処も立っていない場合は、母子家庭向けの職業訓練等の制度を利用するのもおすすめです。

安価で職業訓練を受けることができるので、就職活動や仕事にも役立つでしょう。

(6)その他

その他にも、離婚前に次のようなことを準備しておきましょう。

  • 自分の親に夫のモラハラや自分の苦しみについて話しておく
  • 自分個人の荷物やお金は安全な場所に確保しておく

①自分の親に夫のモラハラや自分の苦しみについて話しておく

モラハラというのは、身体的外傷がない分、なかなか人に理解されにくい面があります。 

事情をわかってもらえていないと、

「結婚とはそういうものよ」
「あなたの我慢が足りないんじゃないの?」

など、心ない一言を言われてしまうこともあります。

せめて自分の親には、いざというときに味方になってもらえるように、夫のモラハラや自分の精神的苦痛について離婚前に話しておきましょう。

②自分個人の荷物やお金は安全な場所に確保しておく

意外と盲点になるのが、自分個人の荷物やお金の管理です。

いざ離婚の話を切り出して、子供と一緒に自宅以外の場所に避難したものの、モラハラ夫に自宅へ入ることを拒否されるというケースが考えられます。

大切な思い出の品や、結婚前から持っている荷物を持ち帰れないというのは、精神的にもショックが大きいでしょう。

自分個人の荷物やお金・通帳等の貴重品は、あらかじめ実家やレンタルスペースなどの安全な場所に置いておくと安心です。

(7)弁護士に相談するのも1つの選択肢

離婚が難航しそうな場合や、ローン返済・財産分与等のお金の話でもめそうな場合は、弁護士に相談するのも一つの選択肢です。

モラハラ夫との結婚生活で、日々疲れ切っている場合は、弁護士の頼れるアドバイスがあると精神的にも支えになります。

4、モラハラ夫との離婚方法:後悔しないためには調停がおすすめ

いざモラハラ夫との離婚を決意したとしても、離婚には複数の方法があります。

モラハラ夫との離婚で後悔しないためには、どのような方法が望ましいのかみていきましょう。

(1)離婚の方法

離婚といっても複数の方法があり、大きく分けると

  • 協議
  • 調停
  • 訴訟

の3種類があります。 

協議離婚とは、当事者同士だけで離婚の同意をしてから離婚する手続です。

調停は、調停委員という第三者をまじえて離婚の手続を進めていきます。調停で話し合いがまとまらなかった場合は、裁判官をまじえて裁判手続に移行することになります。

(2)モラハラ夫との離婚は「調停」がおすすめ!

モラハラ夫との離婚は、調停の手続を利用することがおすすめです。

モラハラ夫は、妻である女性側に依存しているケースが多く、離婚についてまともに受け入れてもらえません。子供の養育費や、財産分与について話し合いたくても、話が進まないことが多いでしょう。

だからこそ、調停委員をまじえた調停手続を利用しましょう。

調停手続では、調停委員が妻であるあなたとモラハラ夫の両者の話を聞いてくれるため、あなたはモラハラ夫と直接話をする必要がありません。「調停までしなくても…」と思っている方もいますが、子供の養育費やお金については、しっかり話し合ってから離婚をすることが大切です。

5、モラハラ夫と離婚しても後悔しないためのポイント

最後に、モラハラ夫と離婚しても後悔しないためのポイントについてお話しします。

事前にできることをしっかりと準備して、いざ離婚が成立したとしても、離婚を後悔する可能性がゼロとはいえません。

新しい生活で少しでも前を向いて歩いていくためにも、本章で紹介する後悔しないためのポイントをチェックしましょう。

(1)モラハラ夫と過ごした期間で良かったことを思い出さない

婚姻期間中に自分にひどいことをしてきたモラハラ夫であっても、離婚後に元夫のことを思い出してしまうかもしれません。

モラハラ夫が優しくしてくれたときや、誕生日のお祝いをしてくれたときなど、嬉しかった思い出が蘇ってくることもあるでしょう。

大切なのは、過去の良かった思い出だけでなく、辛かったことや大変だったことも含めて全てを思い出すということです。 

良かった思い出があったとしても、その何倍もの辛い思い出があったという方も多いかと思います。

思い出に浸ってしまいそうなときは、すべての出来事を客観的にみてみましょう。

(2)モラハラ夫に依存していたことを自覚して依存から抜け出す

多くのモラハラ夫は、妻に依存し、妻を自分の支配下に置きたがります。

一方で、モラハラ夫と結婚生活を続けていたということは、あなたも少なからずモラハラ夫に依存していた面があったということです。共依存の関係であった、ということになります。

依存していたことを自覚して、あなた自身もモラハラ夫への依存から抜け出しましょう。

(3)必要以上に子供に対して罪悪感を持たない

いくら相手がモラハラ夫だったとはいえ、離婚して子供と父親を引き離すことに罪悪感を覚える女性は多いでしょう。

しかしながら、必要以上に子供に対して罪悪感を持たないのが大切です。子供は、母親であるあなたが笑顔で幸せになってくれることを望んでいます。

(4)独身ライフを思いっきり楽しむ

晴れて離婚が成立し、独身の身分になったのですから、誰かに気を遣う必要もありません。仕事や恋愛、趣味など、思いっきり独身ライフを楽しみましょう。

まとめ

モラハラ夫との結婚生活は、体験したことがない人には想像できないほど大変なものです。苦しい結婚生活から解放されて、あなたが本当の自由を手に入れるためにも、後悔のない選択をしていきましょう。

離婚の話がスムーズに進まなかったり、お金の問題が解決しなかったりする場合は、弁護士に相談をしてみてください。

関連記事


関連記事

弁護士の
無料相談実施中! 初回60分無料
※一部有料となる場合がございます


当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

ご相談は初回60分無料ですので
お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。

弁護士費用保険のススメ

今すぐには弁護士に依頼しないけれど、その時が来たら依頼を考えているという方には、 ベンナビ弁護士保険への加入がおすすめです。

ベンナビ弁護士保険への加入
ベンナビ弁護士保険への加入

何か法律トラブルに巻き込まれた際、弁護士に相談するのが一番良いと知りながらも、どうしても費用がネックになり相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。そんな方々をいざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。

ベンナビ弁護士保険に加入すると月額2,950円の保険料で、ご自身やご家族に万が一があった際の弁護士費用補償(着手金)が受けられます。離婚、労働トラブル、ネット誹謗中傷、自転車事故、相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。)

ご自身、そして大切な家族をトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

ベンナビ弁護士保険の資料を無料でダウンロードする

提供:株式会社アシロ少額短期保険 KL2022・OD・211

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

閉じる

弁護士相談初回60分無料!※一部有料となる場合があります
  • 電話で相談予約
平日9:30〜21:00、土日祝9:30〜18:00