離婚に強い弁護士が教える!離婚慰謝料の相場と高額獲得する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Couple fighting

離婚慰謝料の相場はいくらくらいなのだろう?

これをお読みの方の中には離婚する際に相手に慰謝料を請求したい、そして慰謝料の相場を知りたい、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

やはり、離婚するにあたって、相手から不当な行為を受けた場合には、慰謝料を請求したいと思うのが通常の心理でしょう。

相手が以下のような行為をした場合には、慰謝料請求が可能です。

  • 浮気・不倫をした
  • DVをした
  • モラハラ(モラルハラスメント=精神的な暴力)をした
  • 生活費を渡さない
  • 理由もないのに同居を拒否する
  • セックスレスである

そこで気になるのが「離婚慰謝料の相場っていくらくらいだろう?」ということでしょう。

相手方の不当な行為の内容によるものの、慰謝料の金額は100~300万円が相場とされています。受けた精神的ショックについて正当な補償を受けれるよう、具体的に慰謝料の金額に影響を与える事情や、どのようにして慰謝料を獲得するかについて、書いていきます。

ご参考になれば嬉しいです。

目次

1、離婚慰謝料の相場の前に知っておきたい!慰謝料を請求できる場合について

離婚した際に相手に慰謝料を請求できるのは、以下のような場合です。

(1)不倫・浮気をした場合

相手が不倫・浮気をしたような場合には慰謝料請求が可能です。
もっとも、1度きりの性行為や、1度風俗に通った程度では請求が難しかったり、請求できても金額が低額となる場合が多いとされています。
継続的な関係が必要です。

(2)DV(身体的暴力)、モラハラ(言葉・精神的暴力)の場合

相手の言動により、あなたや子どもが肉体的・精神的苦痛を受けた場合、慰謝料請求が可能です。
身体的な暴力に限らず、言葉による精神的な暴力についてもその程度によっては慰謝料請求が可能となります。

(3)悪意の遺棄の場合

悪意の遺棄とは、夫婦の同居義務、協力義務、助け合う義務に違反した場合をいいます。
具体的には、夫が専業主婦の妻に生活費を渡さないなど、以下のような場合をいいます。

  • 夫が専業主婦の妻に生活費を渡さない
  • パートナーが理由も無いのに同居を拒否する
  • 家出を繰り返す
  • 夫が理由も無いのにアパートを借りて暮らしている
  • 夫が妻を追い出したり、家を出ざるを得ないようにしむける
  • 妻が姑との折り合いが悪いために実家に帰ったままである
  • 健康な夫が働こうとしない

以上のような行為は「悪意の遺棄」の具体例で、「悪意の遺棄」といえる場合は慰謝料請求が可能です。

(4)セックスレスの場合

こちら側が性交渉を求めているにも関わらずセックスレスとなった場合に、慰謝料を請求できる可能性があります。セックスレスに至った経緯について、相手に落ち度がないことが必要です。具体的には、身体的に性交渉が難しいような場合(EDなど)には、慰謝料の請求は難しいでしょう。

2、離婚時の慰謝料の相場は?

(1)離婚時の慰謝料の金額は決まっている?

結論からいうと、慰謝料の金額は明確に決まっておらず、話し合いの場合自由に決めることができます。極端な例ですが、相手が社会的地位ある方で、その方が不倫をしたような場合には、1億円支払ってもらう、ということも可能なのです。

しかし、裁判例などで、慰謝料はおおよその相場が決まっています。
話し合いについても、裁判例を参考に慰謝料の金額を決められることが多いです。

(2)離婚時の慰謝料の金額の相場

慰謝料の金額は、慰謝料請求が可能となった原因によって様々です。
具体的には、以下の通りです。

①不倫・浮気を原因とする慰謝料請求の場合

相手が不倫・浮気をした場合の慰謝料の金額の相場は、100~500万円といわれています。

②DV(身体的暴力)、モラハラ(言葉・精神的暴力)の場合

DV(身体的暴力)、モラハラ(言葉・精神的暴力)の場合の慰謝料の金額の相場は、50~300万円といわれています。

③悪意の遺棄の場合

悪意の遺棄の場合の慰謝料の相場は、50~300万円といわれています。

④セックスレスの場合

セックスレスの場合の慰謝料の相場は、100~300万円といわれています。

3、どのような事情があると高めの慰謝料を請求できる?

以下のような事情があると高めの金額の慰謝料を請求できます。

(1)慰謝料を請求する原因それぞれに共通する事情

①婚姻期間

婚姻期間が長ければ長いほど、相手の行為を受けた場合の精神的苦痛は大きいとされています。
よって、婚姻期間が長いと慰謝料が高額となる傾向があります。

②相手の年収

慰謝料請求の原因となる行為をした者の年収が高いほど、慰謝料が高額となる傾向があります。

③年齢

請求する側の年齢が高いほど、慰謝料が高額となる傾向があります。

④職業

相手の社会的地位が高かったり、収入が高いと思われる職業に就いている場合には慰謝料が高額となる傾向があります。

⑤養育が必要な子どもの数

養育が必要な子どもの数が多いほど、慰謝料が高額となる傾向があります。

(2)相手が不倫・浮気をした場合に慰謝料が高額となる事情

以下のような事情があると慰謝料が高額となる傾向があります。

  1. 不倫関係が長い場合(一般的には、3年以上不倫関係にある場合には長期といってよいでしょう)
  2. 不倫が原因で夫婦が別居に至った場合
  3. 不倫相手と同棲しているような場合
  4. 不倫相手が女性で、妊娠・出産したような場合
  5. 不倫行為を知ったことによってうつ病などになった場合

(3)相手がDV(身体的暴力)、モラハラ(言葉・精神的暴力)した場合に慰謝料が高額となる事情

以下のような事情があると慰謝料が高額となる傾向があります。

  1. DVやモラハラを与える行為の回数が多い場合
  2. DVやモラハラを与える行為の期間が長い場合
  3. 暴力等を受けた側に、特に落ち度がないのにDVや精神的暴力を与える行為が開始した場合
  4. DVによるケガ・障害・後遺症の程度が重い場合
  5. DVやモラハラを与える行為により、うつ病になってしまった場合

(4)悪意の遺棄の場合に慰謝料が高額となる事情

以下のような事情があると慰謝料が高額となる傾向があります。

  1. 別居期間が長い場合
  2. 悪意の遺棄を受けた側に特に落ち度がないにも関わらず別居となったような場合
  3. 妻が専業主婦であり、収入が全くないにも関わらず、生活費をいれない場合
  4. 夫が身体的には特に異常もないのに働かなかったり、借金をしてしまっている場合

(5)セックスレスで慰謝料が高額となる事情

以下のような事情があると慰謝料が高額となる傾向があります。

  1. セックスレスの期間が長い場合 →一般的には3年以上セックスレスの場合には長期といってよいでしょう。
  2. 結婚してから一度もセックスがない場合
  3. 夫婦間ではセックスレスであるにも関わらず、不倫相手とはセックスしていた場合

4、高額の慰謝料を獲得するにはどのようにすればよいか?

高額の慰謝料を請求するには、客観的な証拠と併せて希望する慰謝料を請求しましょう。
では、どのようなものが有効な証拠となるでしょうか?

(1)相手の不倫・浮気の事実を証明するために有効な証拠

不倫は一般的には他人が見えない場所、つまり密室で行わるので、直接的な証明が困難です。
もっとも、以下のような事実がある場合には、社会一般常識から、「肉体関係があったこと」を証明できる可能性があります。

  1. 配偶者と不倫相手がラブホテルに出入りしている写真や動画
  2. 二人で泊まりがけの旅行に行って同室で就寝したことを証明する写真や動画
  3. メールや手紙などに明らかに肉体関係を推測できるような文言(「またやろうね」「気持ちよかった」など)が記載されていること
  4. 配偶者、もしくは不倫相手が不倫の事実を認めたことを書面化したもの

1.に関連して、ラブホテルではなく、ビジネスホテルなどの場合には「打ち合わせをしていた」などと言い訳できてしまう可能性があるので、必ずしも有力な証拠とはなりません。

(2)相手のDV(身体的暴力)、モラハラ(言葉・精神的暴力)の事実を証明するために有効な証拠

以下のようなものがDVやモラハラを証明する重要な証拠となります。

  1. 暴力をふるわれてケガをしたときの診断書
  2. 肉体的・精神的暴力を受けた日時、場所、具体的な様子などのメモ

(3)悪意の遺棄の事実を証明するために有効な証拠

  1. 生活費が支払われていないことを証明するために、預金通帳
  2. 別居に至った日時、経緯などを記載したメモ
  3. 一方が出て行ってアパートやマンションに住んでいる場合、その賃貸借契約書

(4)セックスレスの事実を証明するために有効な証拠

  1. セックスレスであることをつづった日記
  2. 就寝までの経緯などを記載したメモ

5、離婚慰謝料請求の流れは?

(1)まずは話し合いで!

①同居している場合

同居している場合、話しづらいかもしれませんが、直接慰謝料請求したい旨を伝えましょう。
そもそも慰謝料を支払ってくれるかを確認した上で、金額について話しましょう。
この時、希望する金額をきちんと伝えた方がよいでしょう。

②別居している場合

別居している場合には、なかなか直接慰謝料について話をすることが難しいでしょう。
ですので、まずは携帯メールやLINEなどで、証拠が残るようにして慰謝料を請求したい旨と金額を伝えましょう。

これを受けて、もし相手が話し合いに応じてくれるのであれば話し合いましょう。
これに対して、話し合いに応じてくれない場合には、内容証明郵便というものを送付しましょう。内容証明郵便とは、法的には通常の書面による請求と変わりません。 もっとも、郵便局が書面の内容を証明してくれることから、後々証拠として有効です。

なお、慰謝料請求の手順につき詳しくは、「協議離婚(話し合いの離婚)で高額の慰謝料を勝ち取るための全手順」をご覧下さい。

(2)話し合いでまとまらなければ、民事訴訟か離婚調停を!

もし、話し合いでまとまらない場合、その後の対応は二つにわかれます。
一つは、通常の民事事件として地方裁判所または簡易裁判所に訴えを提起する方法です。
訴えを提起する裁判所は相手方の住所地の裁判所が基本です。
もう一つは、離婚の問題と同時に解決する方法で、この場合は、離婚調停を申し立てることとなります。
基本的に相手の住所地の家庭裁判所に夫婦関係調整申立書を提出することによって申し立てることができます。
その時、希望する金額を申立書に記載しておきましょう。

(3)離婚調停でもまとまらなければ、離婚裁判!

(2)で離婚の問題と一緒に解決を図り、調停がまとまらない場合は離婚訴訟を起こすことになります。離婚訴訟のなかで、離婚の問題と慰謝料についての問題の解決を目指します。

①裁判離婚をするには離婚原因が必要!

裁判によって離婚をするには、法律が定める離婚の原因(民法770条1項各号)が必要とされています。
具体的には、以下の通りです。

  • 不貞行為
  • 悪意の遺棄
  • 3年以上の生死不明
  • 回復の見込みのない強度の精神病
  • その他、婚姻を継続しがたい重大な事由(暴行、浪費、犯罪、性格の不一致など)

セックスレスは、「その他、婚姻を継続しがたい重大な事由」にあたるとされています。
慰謝料請求が可能なような場合には、離婚原因があると考えてよいでしょう。

②離婚訴訟の流れ

離婚訴訟は、以下の流れで進みます。
なお、日本では調停前置主義が採られているので、先に調停をしておくことが必要となります。

  1. 訴状の作成
  2. 訴状の提出
  3. 相手方へ訴状の送達
  4. 第一回口頭弁論期日の決定
  5. 数回の口頭弁論を繰り返す
  6. 判決

なお、場合によっては途中で和解が成立する可能性もあります。

③裁判では、証拠の重要性が高い!

裁判では、話し合いや調停の場合と比較して、証拠の重要性が増します。
きちんと証拠をそろえて相手の行為の違法性を主張しましょう。

6、慰謝料以外にももらえるお金がある?

(1)慰謝料以外にもらえるお金

今までは慰謝料についてのみの説明でしたが、慰謝料以外にも以下のようなお金をもらうことができる可能性があります。

①財産分与

財産分与とは、結婚している間に増えた共有財産(夫婦共有の財産)を離婚時に分けることをいいます。例えば結婚後夫の年収が大幅に増えたような場合には、財産分与として請求できる金額も大きくなります。

※財産分与の記事について詳しくは「離婚時に損しないために!財産分与についてまとめ」の記事をご参照下さい。

②養育費

もし、夫婦の間にお子さんがいて、その子をあなたが引き取ることになった場合(親権を持つことになった場合)、子どもを育てるために必要な養育費を相手方に対して請求することができます。

養育費について詳しくは「離婚時の養育費の相場とできるだけ多くの養育費をもらうための方法」の記事をご参照下さい。

③別居から離婚までの間もらうことができる婚姻費用

婚姻費用とは、夫婦が結婚生活を続けていくためにするためにかかるお金(食費、交際費、医療費)のことをいいます。もし離婚前に別居していた場合には、収入が少ない側は多い側に対して婚姻費用としてお金を請求することができます。

婚姻費用について詳しくは「婚姻費用分担請求をして安定した生活を確保するための方法すべて」の記事をご参照下さい。

離婚に際してもらえる可能性があるお金については、「離婚したいと思ったら! 離婚の準備のための6つのステップ」の記事でもまとめています。

(2)助成金をもらえるケースもある!

離婚して子供を一人で育てていくことは大変なことですが、シングルマザーは一定の条件を満たした上で手続きをすれば生活保護や児童扶養手当などのお金を受け取ることができます。

詳しくは、「専業主婦が離婚する際に知っておくべき12のポイント」の記事で説明しています。

離婚慰謝料についてまとめ

今回は離婚時の慰謝料の相場から請求方法についてまで書いていきましたが参考となりましたでしょうか?慰謝料についてきちんと知って、正当な補償を受けるための参考になれば嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初回来所法律相談無料!


もし、あなたが、

・離婚をしようと思っているが、どうして良いのか分からない
・遺産相続で困っている
・過払い金を取り戻したい
・交通事故に遭ってしまい困っている

など、法律のことでお困りのことがあれば、まずは無料相談にお申し込み下さい。
必ず解決策を見つけ出します。

SNSでもご購読できます。

最近の投稿

コメントを残す

*

平日9:30〜21:00、土日祝9:30〜18:00 ご対応可能
  • 電話で無料相談する
  • メールで無料相談する