弁護士の無料相談実施中!
弁護士に相談して、ココロを軽くしませんか?
  • 離婚の決意をした方、迷っている方
  • 離婚の話し合いで揉めている方
  • 離婚を拒否したい方
  • 慰謝料などの金銭的な請求だけしたい方
あなたの味方となる弁護士と
一緒に解決策を考えましょう。
お気軽にベリーベスト法律事務所まで
お電話、メールでお問い合わせください。

 LINEの履歴は不倫の証拠になる?証拠化する方法や注意点も解説 

 LINEの履歴は不倫の証拠になる?証拠化する方法や注意点も解説 

LINEは便利な連絡用ツールですが、不倫相手との連絡に使われることも少なくありません。配偶者のLINEの履歴を見て不倫に気付いた人も少なくないことでしょう。 

不倫された場合は離婚や慰謝料の請求が可能ですが、配偶者や不倫相手が事実を認めない場合には証拠が必要となります。そこで気になるのは、配偶者のLINEの履歴が不倫の証拠になるかということでしょう。 

結論からいいますと、証拠になる場合もありますが、十分ではない場合も多々あります。 

そこで今回は、 

  • LINEの履歴が不倫の証拠となるのはどのような場合か
  • LINEの履歴を証拠化する方法
  • LINEだけでは証拠が不十分な場合の対処法

などについて、不倫問題や離婚問題の解決実績が豊富なベリーベスト法律事務所の弁護士が分かりやすく解説していきます。 

この記事が、配偶者のLINEの履歴で不倫を知り、離婚や慰謝料請求をお考えの方の手助けとなれば幸いです。 

関連記事

弁護士の無料相談実施中!
弁護士に相談して、ココロを軽くしませんか?
  • 離婚の決意をした方、迷っている方
  • 離婚の話し合いで揉めている方
  • 離婚を拒否したい方
  • 慰謝料などの金銭的な請求だけしたい方
あなたの味方となる弁護士と
一緒に解決策を考えましょう。
お気軽にベリーベスト法律事務所まで
お電話、メールでお問い合わせください。

1、配偶者のLINEで不倫(浮気)を見つける方法 

配偶者がLINEで不倫相手とやりとりしているメッセージを、たまたま見つけたという人もいるでしょう。 

一方では、配偶者が不倫をしている疑いがあるので、LINEの履歴を見たいという人も少なくないと思います。そんなときに、LINEで配偶者の不倫を見つける方法もいくつかあります。 

まず、配偶者がスマホを肌身離さず持っていて、誰かと連絡する際には席を外すような場合や、スマホにロックをかけているような場合は、それだけで不倫をしている疑いがあるといえます。 

スマホにロックがかかっていない場合は、LINEアプリで以下の点を確認してみましょう。

  • LINEにロックがかけられていないか
  • 非表示になっている友達がいないか
  • 不自然な名前で登録されている友達がいないか
  • トーク履歴が削除されていないか
  • 普段のやりとりで使わないようなスタンプを購入していないか

該当する項目が多いほど、不倫をしている可能性が高いといえます。 

なお、この他にも、未読メッセージに既読を付けずに読む方法や履歴をバックアップする方法などもありますが、配偶者のスマホといえども、勝手にこのような操作をすることはプライバシーとの関係で問題があるのでおすすめできません。 

無理のない範囲内で、配偶者のLINEの履歴等を確認するようにしましょう。 

2、LINEで不倫が見つかったら…履歴は証拠になる? 

LINEの履歴等を確認して不倫を確信した場合、あるいは可能性が濃厚であると判断した場合は、配偶者を問い詰める前に証拠を確保すべきです。 

では、LINEの履歴は不倫の証拠になるのでしょうか。 

(1)証拠になるケース 

不倫とは、配偶者以外の異性と肉体関係を持つことを意味します。したがって、LINEの履歴が不倫の証拠になるのは、他の異性と肉体関係を持ったことがその履歴から明確に分かる場合です。 

例えば、性交渉の模様を撮影した動画や画像があれば、強力な証拠となります。 

また、文字によるメッセージでも、「君とのセックスが今までで一番よかった」「あなたとはもうセックスしない方がいいのかも」というような文言があれば、肉体関係があったことが明らかであるといえます。 

そこまで直接的な表現がなくても、2人でホテルに行ったり、どちらかの自宅に泊まったり、一緒に旅行に行って2人で同じ部屋に泊まったりしたことが分かるようなやりとりがあれば、通常は肉体関係があったものと考えられますので、証拠になります。 

(2)証拠として不十分なケース 

LINEの履歴のみでは肉体関係があったことが明確とならない場合は、それだけでは不倫の証拠にはなりません。 

例えば、「昨日は愛されている感じがして嬉しかった」「君の体は素敵だ」といった文言あったとしても、この表現だけでは肉体関係があったかどうかは明らかとなりません。 

言葉や態度など性交渉以外の方法で相手を愛することもできますし、相手の体を服の上から見て褒めることも考えられるからです。 

これらのメッセージは2人が親密に交際していることの証拠にはなり得ても、不倫の証拠としては不十分なのです。 

3、LINEの履歴を証拠化する方法と注意点 

配偶者のLINEで不倫の証拠となる履歴を見つけたら、それを証拠化しておく必要があります。 

証拠化する方法とその際の注意点は、以下のとおりです。 

(1)スマホ画面を撮影する 

証拠化する方法としては、問題となる履歴を表示した配偶者のスマホ画面を、自分のスマホやデジカメなどで撮影することをおすすめします。 

メッセージのやりとりで不倫の事実を立証する場合は、一連の流れを証拠化しなければなりません。その場合は、前後の流れが分かるように連続して撮影しましょう。その際には、つながりが分かるようにメッセージの末尾と文頭が1~2行ほど重複するようにして撮影することが必要です。 

また、メッセージのみをピンポイントで撮影すると、配偶者や不倫相手から「自分のスマホの画面ではない」「加工したものだ」などという言い逃れをされる可能性があります。このような言い逃れを回避するために、配偶者のスマホ全体が映るように撮影しましょう。 

(2)配偶者のスマホを勝手に見るのは違法? 

たとえ配偶者であっても、スマホに記録されたメッセージを勝手に見るのは不法行為にあたりえます。理論上は、配偶者から民事上の損害賠償請求を受ける可能性があります。 

ただ、勝手に見た行為の違法性と、それによって確保した証拠の価値とは別問題であり、離婚や慰謝料請求の裁判では、配偶者のスマホを撮影した写真が証拠として問題なく採用されることが多いです 

配偶者の不倫を心配してスマホを見たという場合には違法性が高いとはいえないので、不倫した配偶者からの損害賠償請求は認められないか、認められたとしても賠償金は低額にとどまる可能性が高いといえます 

低額の賠償金が認められる場合は、不倫された側が獲得できる慰謝料から差し引かれるという処理がなされるケースが多くなっています。 

(3)ロックの解除やデータの転送は危険 

不倫の証拠を確実につかむために、配偶者のスマホやLINEアプリのロックを解除したり、そのうえで履歴を自分のスマホなどに転送したいと考える人もいますが、これらの行為はおすすめできません。 

ロック解除やデータの転送をするためにはパスワードを入力する必要があります。利用権限のない者が他人のパスワードを使用して情報にアクセスする行為は「不正アクセス」に該当します。 

不正アクセス禁止法に違反する犯罪行為ですので、発覚すると民事上の損害賠償請求だけでなく、刑事罰を受けるおそれもあります。

4、LINEで不倫の証拠が見つからない場合、運営者に履歴の開示請求はできる? 

配偶者のスマホやLINEアプリにロックがかかっていて履歴を見ることができない場合や、履歴が削除された形跡があるような場合、LINE社(正式名称は「LINE株式会社)に対して履歴の開示を請求できるのでしょうか。 

結論として、残念ながら事実上不可能であるといわざるを得ません。 

LINEのトークルームにおけるテキストや画像、動画、音声などはプライバシー性の高い情報ですので、LINE社は第三者に情報が漏れることがないように厳格に管理しています。 

情報の開示に応じるのは、本人の同意がある場合の他には、捜査機関から開示要請があった場合など、関係法令に基づく場合に限られます。 

そのため、弁護士が「弁護士会照会」で開示を請求した場合でも、本人の同意がない限りLINEの履歴は開示されないのが実情です。 

離婚や慰謝料請求の裁判を起こした上で、裁判所を通じて開示請求することも考えられますが、手続きに時間がかかるため実効性があるとは考えられません。 

LINE社に情報が保管されているのは約1ヶ月といわれており、裁判所からの照会書が届く頃にはすでに問題となる履歴は抹消されているはずだからです。 

5、LINEのみでは証拠として不十分な場合は他の証拠も集めよう 

配偶者のLINEで不倫の十分な証拠を見つけられなかった場合でも、他の証拠を集めれば離婚や慰謝料請求が可能となります。 

ここでは、集めるべき証拠やその集め方について解説します。 

(1)不倫の証拠となるもの 

一般的に、LINE以外で不倫の事実を証明できる証拠として以下のものが挙げられます。 

  • ホテルなどに2人で出入りする際の写真や動画
  • 性交渉の様子またはそれに近い写真や動画、音声
  • メールやSNSでのやりとり
  • 電話の通話履歴
  • ホテルなどの領収書
  • プレゼントの購入やデートなどで利用したクレジットカードの利用明細
  • デートの約束などを記載した手帳やメモ
  • カーナビやETCの記録
  • GPSの記録
  • 配偶者や不倫相手が不倫の事実を認めた録音・念書など

決定的な証拠がなくても、状況証拠を組み合わせれば不倫の事実を証明できることもありますので、できる限り数多く集めるように努めましょう。 

不倫の証拠については、こちらの記事でさらに詳しく解説していますので、併せてご参照ください。 

関連記事

(2)証拠の集め方 

自分で不倫の証拠を集める場合は、家の中や車の中で配偶者の持ち物を探ることになるでしょう。 

領収書やクレジットカードの利用明細、メモなどを見つけたときは現物を保管するか、それが難しい場合はスマホやデジカメなどで撮影しておきましょう、 

ホテルなどに2人で出入りする際の写真や動画を押さえることができれば強力な証拠となりますが、決定的瞬間を捉えるために尾行するには多大な時間と労力を要しますので、一般の方にとっては現実的ではないでしょう。 

(3)探偵への依頼も有効 

不倫の強力な証拠を確保するためには、探偵に依頼することも有効です。 

探偵はターゲットの身辺調査から尾行・張り込み、写真や動画の撮影まで、プロのノウハウを駆使して綿密な調査を行ってくれます。 

調査の結果は「調査報告書」にまとめられ裁判でも証拠として提出できます調査結果が「黒」であった場合には、調査報告書が強力な証拠となります。 

こちらの記事では探偵の業務内容から費用、信頼できる探偵の探し方まで詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。 

関連記事

6、LINEで不倫を見つけたときにやってはいけないこと 

ここでは、配偶者のLINEを見て不倫の証拠を見つけたときに「やりがち」だけれど「やってはいけないこと」をご紹介します。 

配偶者の不倫を確信すると、怒りや失望の感情が先走りがちですが、以下の点に注意して冷静になりましょう。 

(1)いきなり配偶者を問い詰める 

いきなり配偶者を問い詰めると、配偶者も意地になったり、その場を取り繕おうとして不倫の事実を否定する可能性が高いです。 

その後は証拠が残らないよう細心の注意を払って行動するようになるでしょうから、証拠集めが難しくなります。まだ決定的な証拠をつかんでいない場合は、離婚や慰謝料請求が困難となるでしょう。

こちらに離婚する気がない場合でも、いきなり問い詰められた配偶者は良い気がしません。勝手にスマホを見られたことを責めてくることもあるでしょう。 

最悪の場合は、配偶者の方から離婚を申し出てきたり、家を出て行ったりすることもあります。不倫された側にとっては「こんなはずではなかった」ということにもなりかねません。 

(2)不倫相手にメッセージを送る 

配偶者が不倫しているという事実を知ったとき、不倫相手に対しても「ひとこと言ってやりたい」「責任をとってほしい」という気持ちになることでしょう。 

しかし、不倫相手に対しても、いきなりメッセージを送ることは控えましょう。 

不倫された側の配偶者と不倫相手が接触すると、どうしても感情的になりがちです。不倫相手と感情的なやりとりをしてもプラスになることは何一つありません。 

それよりは、まず不倫の証拠を確保することを考えるべきです。その前に不倫相手にメッセージを送ってしまうと、配偶者をいきなり問い詰める場合と同様、証拠隠滅を図られる可能性があります。 

不倫相手に連絡をするのは、証拠を確保し、慰謝料請求の準備を整えてからにしましょう。 

(3)不正アクセスに該当する行為 

前記「3」(3)でご説明したように、配偶者のスマホのロックを解除したり、そのうえでデータを転送したりすることは不正アクセスに該当する犯罪行為に該当するので、行わないようにしましょう。 

配偶者のスマホを探るためには、どうしても軽度の違法行為をすることになりますが、パスワードを入力して情報を盗むような行為は慎むべきです。 

無理なく見ることができる範囲内で証拠が見つからなかった場合は、前記「5」(1)でご紹介した他の証拠を集める方が得策です。 

7、LINEだけの関係は不倫(浮気)になる? 

配偶者のLINEを見ても不倫の決定的な証拠がなく、他の証拠も見つからなかったとしても、配偶者が他の異性と親密な関係を持っていること自体に納得できないということもあるでしょう。 

そこでLINEだけの関係でも不倫の責任を問えないかという疑問を持つ人もいますが、残念ながらこの場合は不倫には該当しません 法律上の不倫(不貞)とは肉体関係を持つことを指すからです。

不倫でない以上、配偶者の同意がない限り、離婚や慰謝料請求はできないのが原則です。どうしても離婚や慰謝料を求めたい場合は、話し合いで決着をつけるしかありません。 

このような場合の対処法についてはこちらの記事で詳しく解説していますので、併せてご参照ください。 

関連記事

8、LINEだけで不倫を証明するのは難しいことも!弁護士に相談しよう 

配偶者が実際に不倫をしていたとしても、LINEだけでその事実を証明することは難しい場合が少なくありません。 

性交渉の様子を撮影した画像や動画があれば決定的となりますが、実際にはそのような映像を撮影し、しかも相手に送信するような人は多くありません。文字によるメッセージだけでは表現が曖昧で、不倫の決定的な証拠にはならないことが多いのです。 

結局のところ、他の証拠を集めることが必要となるケースが多いのが実情です。そんなときは、まず弁護士に相談することをおすすめします。 

どのような証拠を集めればよいのか、どのようにして集めればよいのかについて、弁護士が状況に応じて具体的にアドバイスしてくれます。信頼できる探偵事務所を紹介してくれる弁護士もいます。 

不倫の証拠集めは難しいことが多い上に、不正アクセスなどの違法行為をしてしまったり、配偶者に気付かれたりするリスクもあります。 

離婚や慰謝料請求をお考えなら、弁護士に相談した上で確実に準備を進めていきましょう。 

関連記事

LINE不倫に関するQ&A

Q1.配偶者のLINEで不倫(浮気)を見つける方法 とは

スマホにロックがかかっていない場合は、LINEアプリで以下の点を確認してみましょう。

  • LINEにロックがかけられていないか
  • 非表示になっている友達がいないか
  • 不自然な名前で登録されている友達がいないか
  • トーク履歴が削除されていないか
  • 普段のやりとりで使わないようなスタンプを購入していないか

Q2.LINEで不倫が見つかったら…履歴は証拠になる?

  • 証拠になるケース

他の異性と肉体関係を持ったことがその履歴から明確に分かる場合です。 

例えば、性交渉の模様を撮影した動画や画像があれば、強力な証拠となります。 

  • 証拠として不十分なケース

LINEの履歴のみでは肉体関係があったことが明確とならない場合は不倫の証拠にはなりません。 

例えば、「昨日は愛されている感じがして嬉しかった」「君の体は素敵だ」といった文言あったとしても、この表現だけでは肉体関係があったかどうかは明らかとなりません。

Q3.LINEで不倫の証拠が見つからない場合、運営者に履歴の開示請求はできる

残念ながら事実上不可能であるといわざるを得ません。

情報の開示に応じるのは、本人の同意がある場合の他には、捜査機関から開示要請があった場合など、関係法令に基づく場合に限られます。 

まとめ 

配偶者のLINEの履歴だけで不倫の証拠が見つかる場合もあれば、見つからない場合もあります。 

証拠が見つからなくても、「不倫しているに違いない」「不倫しているかどうかを絶対に確かめたい」という人もいることでしょう。 

そんなときこそ、弁護士にご相談ください。不倫の証拠を集めるためにも、離婚や慰謝料請求をするためにも、専門的な知識とノウハウが要求されます。 

弁護士の力を借りて、最善の解決策を見つけましょう。 

関連記事

弁護士の無料相談実施中!


当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

ご相談は無料ですのでお気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。

弁護士費用保険のススメ

今すぐには弁護士に依頼しないけれど、その時が来たら依頼を考えているという方には、 ベンナビ弁護士保険への加入がおすすめです。

ベンナビ弁護士保険への加入
ベンナビ弁護士保険への加入

何か法律トラブルに巻き込まれた際、弁護士に相談するのが一番良いと知りながらも、どうしても費用がネックになり相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。そんな方々をいざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。

ベンナビ弁護士保険に加入すると月額2,950円の保険料で、ご自身やご家族に万が一があった際の弁護士費用補償(着手金)が受けられます。離婚、労働トラブル、ネット誹謗中傷、自転車事故、相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。)

ご自身、そして大切な家族をトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

ベンナビ弁護士保険の資料を無料でダウンロードする

提供:株式会社アシロ少額短期保険 KL2022・OD・211

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

閉じる

弁護士相談初回60分無料!※一部有料となる場合
  • Call:0120-71-1765
平日9:30〜21:00、土日祝9:30〜18:00