熟年離婚の現状は?熟年離婚率は上がっている?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
口を押さえる女性

「熟年離婚が増えている」

そういう話を耳にしたことがある方は少なくないのではないでしょうか?

実際、2005年に渡哲也さんと高島礼子さんが出演して放送された「熟年離婚」というドラマが高視聴率を獲得するなど、「熟年離婚」という言葉は世の中に広く知れ渡っています。

しかし、増えているとは言っても実際年間何件くらいあるのでしょうか。
また、熟年離婚率(離婚全体における熟年離婚の割合)はどのくらいなのでしょうか。

今回は、熟年離婚率などについて書いていきます。

1、熟年離婚とは?

そもそも熟年離婚とはどのような離婚のことをいうかご存知でしょうか?

もしかしたら、「55歳以上の夫婦の離婚が熟年離婚なんでしょ?」などと離婚する方の年齢が問題だと思っている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、実はそうではありません。

熟年離婚とは長期の結婚生活の後、離婚することをいいます。一般的には、20年以上の結婚期間の後離婚した場合が熟年離婚といわれています。

2、熟年離婚率は?

そのような熟年離婚ですが、増えているのでしょうか?

(1)全体の離婚件数は?

まずは、全体の離婚件数をみていきましょう。以下の厚生労働省のまとめた表の通り、平成14年の約29万組をピークに徐々に減少傾向にあります。

離婚数

(出典:厚生労働省 人口動態統計月報年計(概数)の概況)

(2)熟年離婚率は?

離婚全体のうちの熟年離婚の占める割合を熟年離婚率とすると、同じく厚生労働省のまとめた表の通り平成11年まで少しずつ上昇傾向にあり平成20年には16.5%となっています。

この数字を踏まえると、平成20年の1年間で4万件以上の熟年離婚があったことが分かります。この件数は、現在もほぼ横ばいで推移しているでしょう。

同居期間別割合

(出典:厚生労働省 「離婚に関する統計」の概況)

もっとも、これはあくまで2008年のデータです。このデータの集計以降、離婚時に年金分割の制度を利用する夫婦が増えているので、現時点ではさらに熟年離婚が増えている可能性が高いと思われます。

3、ちなみに、離婚率は?

(1)離婚率の算出方法は?

まずは離婚率の算出方法をみていきましょう。
以下の計算式の通り、年間の離婚数を婚姻数で割ったものが離婚率となります。

離婚率=離婚数÷婚姻数×100%

(2)結婚は増えている?

結婚ですが、厚生労働省のデータによると、昭和47年をピークに減少傾向にあります。

結婚件数

(出典:厚生労働省 人口動態統計月報年計(概数)の概況)

(3)離婚率は?

以上を踏まえると、離婚率は以下の通り2008年くらいまでは右肩上がりですが、35%を超えたあたりから横ばいの状態が続いています。

離婚率

まとめ

今回は熟年離婚率について書いていきました。現在熟年離婚を考えていらっしゃる方はご参考頂ければ嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初回来所法律相談無料!


もし、あなたが、

・離婚をしようと思っているが、どうして良いのか分からない
・遺産相続で困っている
・過払い金を取り戻したい
・交通事故に遭ってしまい困っている

など、法律のことでお困りのことがあれば、まずは無料相談にお申し込み下さい。
必ず解決策を見つけ出します。

SNSでもご購読できます。

最近の投稿

コメントを残す

*

平日9:30〜21:00、土日祝9:30〜18:00 ご対応可能
  • 電話で無料相談する
  • メールで無料相談する