弁護士の無料相談実施中!
弁護士に相談して、ココロを軽くしませんか?
  • 離婚の決意をした方、迷っている方
  • 離婚の話し合いで揉めている方
  • 離婚を拒否したい方
  • 慰謝料などの金銭的な請求だけしたい方
あなたの味方となる弁護士と
一緒に解決策を考えましょう。
お気軽にベリーベスト法律事務所まで
お電話、メールでお問い合わせください。

旦那が嫌いな妻が急増中?後悔しないための判断基準と離婚方法を紹介

旦那が嫌い

「旦那が嫌いで離婚したいけれど、子供にとっては良いパパだしなかなか決心がつかない…」

「結婚してから旦那のことがどんどん嫌いになっている」

そんな気持ちの板挟みに苦しんでいませんか?

今回は、

  • 私だけじゃなかった!世の妻たちが旦那を嫌いな理由
  • 旦那が嫌いな人は離婚する?しない?迷ったときの判断基準
  • 離婚後のお金の不安を解消する方法
  • 離婚に同意してくれない夫と別れる手段

について、それぞれ詳しくご紹介していきます。

「もう色々と我慢の限界!」というみなさんはもちろん、「専業主婦だから離婚後の生活費や年金がどうなるのか不安…」という方にとっても、この記事が離婚に向けて後悔しない選択をとるために役立てていただけると幸いです。

関連記事 関連記事

弁護士の無料相談実施中!
弁護士に相談して、ココロを軽くしませんか?
  • 離婚の決意をした方、迷っている方
  • 離婚の話し合いで揉めている方
  • 離婚を拒否したい方
  • 慰謝料などの金銭的な請求だけしたい方
あなたの味方となる弁護士と
一緒に解決策を考えましょう。
お気軽にベリーベスト法律事務所まで
お電話、メールでお問い合わせください。

目次

1、旦那が嫌いな妻は何%?妻が旦那を嫌っている夫婦の割合

旦那が嫌いな妻は何%?妻が旦那を嫌っている夫婦の割合

「旦那が嫌い!」という女性の中には、ご自身が心の狭い人間なのではないかとひそかに悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、妻が旦那を嫌うのは決して珍しいことではありません。

大手のWebメディア「Sirabee(しらべぇ)」が2017年に全国の20~60代の既婚男女705名を対象にアンケート調査をしたところ、以下の結果となりました。

出典:Sirabee(しらべぇ)|夫・妻が好きな人・嫌いな人の割合は? 年代別では残念な傾向も…

旦那が「嫌い」だという女性は8.5%、「あまり好きでない」も合わせると25.7%となっています。4人に1人以上の女性が旦那のことを好きではないと答えていますので、旦那が嫌いな女性は意外に多くいるといえるでしょう。

2、旦那を嫌いな理由〜あなたはどうして旦那が嫌い?

旦那を嫌いな理由〜あなたはどうして旦那が嫌い?

今どんなに嫌いで愛想を尽かしている旦那に対しても、結婚当初は「好き」「かっこいい」と思える瞬間がたくさんあった!という方は多いはず。

そんな新婚当時の思いがここまで冷めてしまった原因には、一体どのようなものがあるのでしょうか。よくある理由をピックアップしてみました。

(1)浮気をした(している)

いくら「本当に愛しているのは君だよ」と言われたところで、旦那が他の女性と関係を持っていることを知って冷静でいられる女性はいないでしょう。

浮気した旦那の事が、許せないんです。妊娠中に一度だけ浮気されました。その事が今でも忘れられず、何かある度に思い出しては旦那を責めてしまうんです。

(引用)YAHOO!JAPAN 知恵袋

子供のことや生活のことを考え、1度は許したつもりでいても、なかなか癒えない傷に苦しむ女性は決して少なくありません。

関連記事

(2)心ない言動が絶えない(モラハラ)

男性は一般的に女性に対するプライドが高いためか、結婚すると妻を見下す人が少なくありません。

単に見下すだけでなく、モラハラ発言を繰り返す旦那もいることでしょう。

旦那の無神経な言葉や思いやりに欠ける言動に対して、疲れ切ってしまう女性もいます。

先日は、38度越えの熱があっても『車を運転して○○にいって来て』と言われたり…いつか過労死するんじゃないかと思います。

(引用)YAHOO!JAPAN 知恵袋

相手からの愛情が感じられない日々の中では、その相手への愛情を維持することもまた難しいのかもしれません。

関連記事

(3)働かない、収入が低い

旦那が外で働き妻は家庭を守るべきといった価値観が薄れつつあるとはいえ、現在でも多くの家庭では主に旦那が働いて家計を支えているのが実情でしょう。

旦那が働かない、貯金がないで

小さな子供がいるのに女の私が働いて足りないのは独身時代の貯金でやりくりしてるのは

離婚原因にできますか?

ストレスで結婚生活続けてくつもりはないのは離婚原因にできますか?

(引用)YAHOO!JAPAN 知恵袋

働かなかったり収入が低いこと自体、女性から見た男性としての魅力が大幅に下がるという声はよく耳にします。
その上に、努力の様子もなくギャンブルばかりする、セックスばかり求めてくるなど、好きなことや楽なことばかりに興じる性質まであれば、嫌悪感を抱いてしまっても無理はないでしょう。

(4)借金がある

ブライダル総研の調査によると、離婚の原因を男女別に見たときに、男性に比べて女性側で特に大きな割合を占めていたのが「旦那の借金」でした。

わたしは大好きな人と結婚1年目の新妻で自分は幸せ者だと思っていました。

しかし、数日前に夫から「実は君には秘密が一つだけあったんだ。でももう、ようやく君を幸せにできるよ。弁護士に渡すお金が用意できたんだ。これで自己破産できるから、これから稼いだお金は2人のために貯金していけるよ。」と言われました。

(引用)発言小町

この女性のように、結婚してから旦那の借金が発覚し、しかもこれから自己破産する予定であることを告げられ、大きなショックを受けてしまったというような実例もあります。

返しきれない借金があることもそうですが、「夫が自分に対して借金を隠していた」という事実にこれまでの信頼を裏切られ、「もう夫婦としてやっていくことはできない」と離婚を決意するケースも多いようです。

関連記事

(5)意見を聞き入れてくれない(自分勝手)

旦那が自分勝手で、妻の話や意見をほとんど聞いてくれないというケースもあります。

例えば、電話していても、話しがスムーズに行かないと「で?先が見えない」とか5分もたたずに言います。「ちゃんと聞いて」などと口論ぽくなると一方的に切り、そして一晩中留守電。

(引用)YAHOO!JAPAN 知恵袋

夫婦なのに会話のキャッチボールが成り立たないというのは、多くの女性にとってかなりのストレスとなるはずです。

また、依存症等の症状が見えるのに専門家のアドバイスを聞こうとしない、潔癖すぎるなど独特な癖があるのに直そうとしない・押し付けてくる等もこのタイプです。
それらの症状や癖が妻に関わってくるものとなれば、嫌いでは済まないこともあるでしょう。

関連記事

(6)家事育児に協力的でない

旦那の「家事・育児への不参加」がきっかけで旦那のことを嫌いになる妻たちは数多くいます。

特に夫婦共働きなのに夫が家事・育児に関心を持たない、「妻がやって当たり前」という態度で開き直るというケースでは妻のイライラも募りやすく、自分の好きなことばかりしている夫に対してマイナスの感情が溜まりやすいでしょう。

仕事して、帰宅して家事をすると自分の趣味さえもできないのに、夫はゲームやベースを弾いたりしているのを見ると、段々イライラしてきます。

私が怒ると、怒る意味がわからない。

手伝えばいいんでしょと口だけです。

(引用)発言小町

関連記事 関連記事

(7)幼稚

外で肩がぶつかったなどですぐにカッとなったり、言葉遣いがなっていないなど、若い頃の荒々しさをいまだに引きずっている旦那に嫌気がさす女性は少なくありません。

ああもうしんどい疲れた。

それは向こうも一緒か。

仕事終わって疲れてゲームしようとして

電源消されたあげくおもちゃ踏ん付けて怪我したらそりゃ頭にきておもちゃも投げるのかな。

でもいくら自分が邪魔だと思ったからって

子供達のおもちゃが壊れる勢いで投げなくてもいいよね。

(引用)発言小町

気に入らないことがあるからといってDVやモラハラを繰り返す夫や、欲望の赴くままに浪費やギャンブル、浮気などに走るような旦那も幼稚といえるのかもしれません。

関連記事

(8)実家に意見してくれない

旦那の両親が、嫁だからといって様々なことを押し付けてきたり、嫁の気持ちを無視することは珍しくありません。

主人の親に結婚してからしばらくの間嫌なことを言われました。

同居してた訳じゃなくたまに行く程度でしたが、毎回帰りの車の中で泣いてしまって主人には何度も言ってきました。

それが何度も続き、子供が小さい頃はおじいちゃん、おばあちゃんに会わせないと可哀想

と思い我慢してまで行ってましたがここ数年は、私は行ってません。

(引用)YAHOO!JAPAN 知恵袋

家庭内での常識は家庭ごとに異なるものですが、そんな親の非常識さに対して何もいえない男性は多いものです。

仲が良好なのであれば「俺の好きになった女性なんだから気持ちを考えてあげてほしい」くらいのことは言ってほしいものでしょう。
何も言えない=妻を大切にしていない現れと思えてしまって嫌いになるのも当然です。

関連記事

(9)自分の実親が嫌っている

逆に、妻の両親が旦那のことを嫌っており、いつしか夫婦間に溝が生まれて旦那嫌いとなってしまう妻たちもいます。できちゃった結婚をした妻の両親では、娘を思うあまりよくあるケースです。

実家依存症の妻と離婚を考えております。

結婚して2年。同居10カ月ほどです。一歳にならない子供もいます。ささいなことでけんかになり子供を連れて出て行かれ、家事放棄されています。

離婚に至った場合、家出や家事放棄の理由で慰謝料が発生したり財産分与の減額になるのでしょうか?

(引用)YAHOO!JAPAN 知恵袋

ご自身と実親の仲が良い場合、親の意見が知らぬ間に自分の中でのスタンダードになっていることもあります。これについては、妻側の愛情の問題というべきかもしれません。

(10)その他

その他にも、様々な理由が挙げられます。

  • 身だしなみが整っていない
  • 体型や容姿が変わった
  • 体臭が強い
  • 食事などの生活マナーが悪い
  • 価値観が合わない
  • セックスレスで愛情が冷めた
  • 産後のホルモンバランスの変化で旦那を受け入れられない

些細な理由や一時的な理由もありますが、「旦那が嫌い」と感じたまま過ごしていると、その感情は強化されていく傾向があります。

それでは精神的に辛いですし、離婚問題に発展することもあります。ご自身がなぜ旦那を嫌ってしまうのかについて、一度、具体的な理由を見つめてみた方がよいでしょう。

3、旦那が嫌いな妻たちの旦那への対処法

旦那が嫌いな妻たちの旦那への対処法

旦那が嫌いだとはいっても、離婚するほどではないという方も多いことでしょう。心底嫌いな場合でも、そう簡単に離婚できるものでもありません。

では、旦那が嫌いで精神的に辛いとき、みんなはどうしているのでしょうか。
ここでは、みんながしている対処法をご紹介します。

(1)無視する

旦那と関わる苦痛から逃れるために、旦那を無視する人は多いです。

無視することで旦那が自分の非に気付いてくれる可能性がありますし、家庭を顧みない旦那に無視されることのつらさを思い知らせてやることもできるかもしれません。

https://twitter.com/guutaramom317/status/1537469109826629633

(出典)Twitter

ただし、単に無視するだけでは旦那としても原因が分からず、事態が改善されるとは限りません。

また、無視をし続けていると妻から夫に対するモラハラとしてご自身が慰謝料請求を受けるおそれもあることに注意が必要です。

(2)諦めてやり過ごす

夫のことが嫌いでも「夫婦というのはこんなものだ」と考え、特に騒ぎ立てることもなく普通に過ごす妻たちも少なくありません。

(出典)Twitter

元々は他人だった夫婦が一緒に暮らしていると、お互いに不満を感じる部分があるのは当然のことです。

一所懸命働いて収入が高く、それでいて家事や子育ても手伝い、愛情表現も欠かさないという完璧な旦那はほとんどいません。

現実に夫婦生活を続けていくためには、諦めも肝心なのかもしれません。

(3)適度な距離を置く

嫌いになった旦那と無理に一緒にいるのではなく、適度な距離を置くことで上手にやり過ごしている妻たちも数多くいます。

https://twitter.com/Yukalovey428/status/1261548690092638208

(出典)Twitter

夫婦といえども、過度に干渉し合うとストレスの元になります。
適度に距離を置くことでお互いに冷静になれますし、相手に対する思いやりの気持ちも出てくるかもしれません。

休日は別々に過ごしたり、寝室を別にしたりするのもよいでしょう。

(4)旦那の良いところを見る努力をする

旦那の嫌いな点ばかりを考えていると全てが嫌に思えてきて、余計に精神的に辛くなってきます。

そうではなく、たまには旦那の良いところにも着目してみてはいかがでしょうか。

(出典)Twitter

人間誰しも、長所もあれば短所もあります。相手の短所ばかりを責めずに、長所を見ることで自分が楽になるはずです。

(5)ストレスを発散する

旦那が嫌いでストレスを溜め込んでいると、心身の不調をきたすことにもなりかねません。

趣味や軽い運動をする、ゆっくりとお風呂につかる、友人と話すなど、ご自身に合った方法でこまめにストレスを発散するようにしましょう。

もしかしたら、仕事や家事・育児、人間関係など旦那とは関係ないストレスを抱えているために、身近にいる旦那のことを疎ましく思ってしまうのかもしれません。

いずれにせよ、適度にストレスを発散して平常心を心がけましょう。

(6)旦那とのコミュニケーションを工夫する

旦那のことが嫌いだという妻たちは、夫婦間のコミュニケーションが不足していることが多い傾向にあります。

相手が何を考えているのかが分からないとストレスを感じ、嫌いという感情につながりやすいものです。適度にコミュニケーションをとることは重要です。

https://twitter.com/s_a_y_a_99/status/1529586673436471296

(出典)Twitter

コミュニケーションをとること自体が難しいという方も少なくありませんが、辛いときは悩みを打ち明けて、話し合いの機会を設けるのも一つの方法です。自分の方からも、あいさつや感謝の言葉を伝えることを忘れないようにしましょう。

4、旦那が嫌いだけど離婚しない理由

旦那が嫌いだけど離婚しない理由

旦那のことが嫌いになったからといって、その気持ちがすぐ離婚へ直結するかというと、そういうわけでもないところが現実の難しいところです。

ここからは、「嫌いだけど離婚には踏み切れない」という女性たちの心の本音を覗いていきましょう。

(1)子供がかわいそう

「自分のことだけを考えるなら即離婚しているけれど、子供から父親を奪ってしまうのはやっぱりかわいそう…」

みなさんの中にも、そんな思いから離婚を躊躇している方はかなり多いのではないでしょうか。

子供が旦那に懐いている場合は特に、「自分さえ我慢すれば良いのだから」と、自分を犠牲にしてしまいがちです。

関連記事

(2)生活ができない

子供の気持ちと同じくらい、女性にとって離婚後の心配の種となってくるのが生活費の問題です。

専業主婦歴が長い場合、いざ1人になって就職しようにも思うような仕事が見つからないのではないか、幼い子供を抱えながら家族全員が暮らしていけるだけの収入を得る自信がない…など、経済面での不安が強いことから離婚に踏み出せないケースも多いでしょう。

関連記事

(3)離婚する決定的な理由がない

「確かに旦那のことは嫌いだけど、一応家事も少しはやってくれるし、浮気をしているわけでもない」など、離婚を切り出すほど明確な何かが夫婦の間にあるわけではない、というケースも案外珍しくありません。

旦那にとって離婚話が寝耳に水になるパターンでは、それなりの説得材料を用意してからでないとスムーズに話し合いを進めることもできず、漠然と現在の生活に耐える日々を送ってしまいます。

関連記事

(4)改善の余地を感じている

旦那のことが嫌いではあっても、心底から憎みきっているわけではないという人も多いものです。

誰しも、できれば離婚などしたくないものです。
話し合えば改善できるのではないか、自分にも悪いところはある、と考えられる人は、離婚よりも夫婦関係の修復を望むことでしょう。

関連記事

5、妻が旦那を嫌う夫婦の子供への影響

妻が旦那を嫌う夫婦の子供への影響

妻が旦那を嫌うと、多くの場合、子供も父親を嫌いになるものです。子供といえども中学生にもなる頃には、母親が父親を嫌っていることにはっきりと気付くことでしょう。

小学生以下の子供でも、夫婦仲に問題があると敏感に察するものです。父親をよく思わず育った子供たちの人生には、以下のような影響が心配されます。

(1)社会性が身につきにくい

通常、子供は父親と対話したり、父親の背中を見たりして社会の様々なことを学んでいきます。

しかし、父親のことが嫌いで父親のことを否定して育つと、父親から何も学べないことになりかねません。その結果、社会性が身につかず、中学生・高校生くらいになると人間関係で悩む子が多いようです。

また、進学先や就職先の選び方が分からなかったり、社会人となった後も人間関係などで苦しみ続けるおそれがあります。

(2)情緒不安定になりやすい

家庭は癒しの場であり、特に子供の心には重大な影響をもたらすものです。

その家庭に嫌いな父親がいるとなると、子供は安心して過ごすことができず、いつもビクビクしたりイライラしたりするようになりかねません。

ストレスから学業に支障をきたすこともありますし、場合によっては非行に走ってしまう子もいます。

(3)自信を持って生きることが難しくなる

父親のことが嫌いであっても、その父親が自分を育ててくれたことは子供にも分かります。このことが罪悪感となって子供の心に残り続けることがあります。

中には、大嫌いな父親に育てられたことに納得できないという子供もいることでしょう。

いずれの場合も、父親との信頼関係を築くことなく育つと、自己肯定感の低い大人になってしまう可能性が高くなります。

そうなると、自分に自信を持つことができず、様々なことに積極的に挑戦することが難しくなります。

自己肯定感が低いため結婚に対して消極的になったり、結婚しても些細なことで離婚してしまうケースも少なくありません。

関連記事

6、旦那が嫌いなとき離婚するかしないかの3つの判断基準

旦那が嫌いなとき離婚するかしないかの3つの判断基準

離婚するのかしないのか、迷ったときにはこれからご紹介する3つの判断基準を目安にするのがおすすめです。

(1)改善の余地があるか

一般的に、DVやモラハラをする旦那の性格を直すことは不可能ではないにしても、かなり難しいと考えられています。改善するためには、本人に改善したいという強い意欲があることが大前提となります。

浮気癖や借金癖、ギャンブル依存症、アルコール依存症などがある旦那についても、同じようなことがいえます。

改善の余地がないと思われる場合は、早めに離婚を検討した方がよいかもしれません。

このような顕著な理由がない場合は、夫婦間のすれ違いから感情的な対立に発展していることが多いものです。

その場合、改善するためにはご自身も悪いところを改める覚悟を持つことと、根気よく旦那に対して働きかけていけるだけの愛情が残っているかがポイントとなります。

(2)どちらのほうが「自分らしく」いられるか

他の家族や生活のことはもちろん離婚前にしっかり考えておかなければなりませんが、それよりも何より大切なのは、あなたご自身の気持ちです。

いくら「子供のため」「生活のため」と我慢を続けても、結果的にそれがあなたの「自分らしさ」を奪うことになるのであれば、心が限界を迎えてしまうときが遅かれ早かれ訪れます。

子育てをする以上、子供の気持ちや立場を尊重することはとても重要です。
しかし最終的に母親の精神状態は子供の精神状態にも関わります。

子供は大人が思っている以上に母親のことをよく見ているものなので、母親がいつもどこか辛そうにしている様子を見て、人知れず心を痛めていることもあるかもしれません。

子供にとっても、あなたが自分らしく生き生きと日々を送ることのできる環境に一歩踏み出したほうが、教育上良い影響を及ぼすことができるケースはあるのです。

(3)離婚後に求める生活水準を維持するのがどれくらい大変か

あなたは、離婚後の暮らしにどれくらいの生活水準を求めていますか?

そして、その水準の生活を実現するためには、どれくらいのお金が必要かを考えてみたことがありますか?

自分が「生活水準は今よりずっと落とすことになっても構わないから、とにかく離婚したい」派なのか、それとも「離婚後の生活が苦しくなるくらいなら、結婚生活を続けたい」派なのかもあわせて、1度検討してみると自分の中での離婚のメリット・デメリットが整理しやすいでしょう。

また、働くことに対する自分の気持ちともこの機会にしっかり向き合っておくのがおすすめです。

もし本音では「どうしても働きたくない」という気持ちがあるのであれば、旦那を就職先と割り切ってこれまで通り生活し続けるのもひとつの選択肢になるでしょう。

7、離婚後の生活費、どうやって工面する?賢い離婚後の生活費の知恵とは

離婚後の生活費、どうやって工面する?賢い離婚後の生活費の知恵とは

「離婚したい、でもやっぱり経済的な不安が大きい…」という方のために、ここからは離婚後の生活費の目途をつけるためのポイントもまとめてご紹介していきます。

(1)財産分与

財産分与とは、結婚生活中に夫婦が築いた財産を離婚時に分け合うことを指し、基本的には二等分が原則です。

専業主婦の場合でも、夫が稼いだお金の半分は受け取る権利があるため、しっかり取り分を主張しましょう。

また、離婚の原因が旦那の浮気にある場合などは、財産分与とは別に慰謝料を請求することもできます。

その他、子供をあなたが引き取る場合は養育費を、離婚が成立するまでの間に別居期間を設ける場合、その間の生活費も婚姻費用として請求することができますので、覚えておいてください。

関連記事

(2)養育費

離婚後共に暮らさない(子供を養育しない)相手に対し、養育費を請求することができます。

離婚時に取り決めることが理想ですが、離婚後でも請求することは可能です。

関連記事

(3)仕事をする

「専業主婦の状態から仕事を見つけるにはどうすれば良いの?」という点に不安を感じている方も多いかもしれませんが、まずはハローワークの就職支援や求人サイトなどを活用するところから始めてみるとよいでしょう。

その際、たとえば英語が得意なら英会話教室の講師やホテルスタッフ、ツアーコンダクターを目指してみるなど、自分の特技を取っ掛かりにすると仕事探しがよりスムーズでしょう。

「私にはそんな特技なんてない」という場合も、それは自分がそう思い込んでいるだけかもしれません。専業主婦歴が長い=積み重ねてきた家事スキルを生かして、家事代行サービスで大活躍している女性も世の中にはたくさんいます。家族や親しい友人などに「私の特技って何だと思う?」と尋ねてみるのも案外参考になりますので、ぜひ試してみてください。

また、まだ子供が小さい場合は、働いている間の子供の預け先についても考えておく必要があります。保育園に預ける場合、みなさんの所得や住まいの地域、認可保育園かどうかによっても保育料は大きく左右されますが、認可保育園のケースで1ヶ月あたり平均20,491円というデータもあるので、ひとつの目安にしておきましょう。

(4)公的支援を利用する

シングルマザー・シングルファーザーなどのひとり親家庭では、以下のような公的支援を利用することもできます。

  • 児童扶養手当
  • 児童手当(旧子ども手当)
  • 保育料の減免
  • 国民健康保険料の減免
  • 上下水道料金の割引
  • 公共交通機関の乗車賃割引 など

特に児童扶養手当は、所得や子供の人数によっても異なりますが、全部支給の場合は子供1人目につき4万2,370円と支給額も頼もしいため、離婚後は忘れず申請を行いましょう。

関連記事

8、専業主婦が離婚したら、将来の年金ってどうなるの?

専業主婦が離婚したら、将来の年金ってどうなるの?

専業主婦で夫がサラリーマンの場合、まず基本となる国民年金に夫婦それぞれの名義で、さらに会社の厚生年金に夫名義で加入しているケースが多いかと思います。

このケースで夫婦が離婚してしまった場合、「妻が将来受け取れる年金はもしかして妻名義の国民年金だけ?」と不安になってしまった方もいらっしゃるかもしれませんが、厚生年金の部分についても婚姻期間に応じて分割請求を行うことができ、たとえば婚姻期間が25年、その間の平均標準報酬月額が36万円だった場合には、次のような計算になります。

婚姻期間分の厚生年金:年間76万9,500円

妻が受け取れる年金(分割分):年間約38万円 → 月額約3万円

これに妻名義の国民年金を足した合計額が最終的に受け取れる金額となりますが、仮に国民年金の分を月額6万円としてもひと月あたり9万円の支給となり、これだけで生活をまかなっていくのはなかなか厳しい数字です。

また、この年金の分割が行われるのは厚生年金のみで、国民年金の部分に関しては対象外となっています。

夫が自営業で国民年金のみの加入の場合はそもそも分割が行われませんので、注意してください。

関連記事 関連記事

9、嫌いと言っても離婚に合意してくれない時の離婚方法

嫌いと言っても離婚に合意してくれない時の離婚方法

「実際に離婚を切り出してみたけれど、旦那がまったく聞く耳を持ってくれない…」

そんなときには、一体どうすれば良いのでしょうか。押さえておきたい予備知識をご紹介していきますので、話し合いの前にぜひ1度目を通してみてください。

(1)原則として離婚には合意が必要

離婚の第一ステップは「協議離婚」と呼ばれるもので、いわゆる夫婦間での話し合いによる離婚です。

協議離婚では夫婦の合意さえあればいつでも離婚を行うことができる一方、どちらかが離婚を拒否すると、相手を説得できるまで話を前に進めることができないという側面もあります。

(2)離婚事由があれば離婚可能

協議離婚では離婚が成立しなかった場合も、法律で定められている以下の離婚事由に該当する場合は、まずは裁判所での話し合いである調停を行う必要がありますが、それでもまとまらない場合は、裁判で離婚が可能です。

  • 旦那が浮気・不倫をしている
  • 生活費を渡さないなどの経済DVがある
  • 旦那の生死が3年以上不明である
  • 旦那が強度の精神病にかかり、回復の見込みがない
  • その他、婚姻を継続しがたい重大な事由がある
関連記事

10、合意してくれない・離婚事由がない・親権でもめてしまいそう等の場合は弁護士へご相談を

合意してくれない・離婚事由がない・親権でもめてしまいそう等の場合は弁護士へご相談を

合意してくれない・離婚事由がない・親権でもめてしまいそう等の場合は弁護士へご相談を

あなたの方には「旦那が嫌い」という明確な理由があっても、旦那にその心当たりがない場合、離婚の話し合いはなかなかスムーズには進まないものです。

離婚自体の合意は取り付けても、親権をどちらが持つのか・どういう形で財産分与を行うのかなど、細かい離婚の条件で揉めてしまうケースが意外に少なくありません。

そんなときにはなるべく早めの段階で弁護士に相談を行い、法律のプロの視点から旦那を説得するためのアドバイスを得るのがおすすめです。

みなさんにとってなるべく有利な条件で離婚を成立させるためにも、できれば最初の話し合いを行う前に、一度弁護士までご相談ください。

まとめ

旦那を嫌いになってしまったことから離婚を考えるようになる女性は案外多く、子供のことや離婚後の生活に不安が残ることを差し引いても、自分らしくいられる生き方を求めて離婚に踏み出す!という女性も実際に増えてきています。

ただ、子供がまだ小さくて思うようには働くことができなさそうな場合など、状況によっては「今はまだこの生活に耐えるしかない」と考えてしまうケースもあるでしょう。

そんなときこそ、「本当にこのまま我慢するしかないのだろうか」という疑問を、ぜひ弁護士にぶつけてみてください。

法律上の知識や公的な支援制度も含めて、弁護士は今のみなさんにとってベストな解決策をいつでもご提案いたします。

関連記事

関連記事

 

弁護士の無料相談実施中!


当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

ご相談は無料ですのでお気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。

弁護士費用保険のススメ

今すぐには弁護士に依頼しないけれど、その時が来たら依頼を考えているという方には、 ベンナビ弁護士保険への加入がおすすめです。

ベンナビ弁護士保険への加入
ベンナビ弁護士保険への加入

何か法律トラブルに巻き込まれた際、弁護士に相談するのが一番良いと知りながらも、どうしても費用がネックになり相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。そんな方々をいざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。

ベンナビ弁護士保険に加入すると月額2,950円の保険料で、ご自身やご家族に万が一があった際の弁護士費用補償(着手金)が受けられます。離婚、労働トラブル、ネット誹謗中傷、自転車事故、相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。)

ご自身、そして大切な家族をトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

ベンナビ弁護士保険の資料を無料でダウンロードする

提供:株式会社アシロ少額短期保険 KL2022・OD・211

閉じる

弁護士相談初回60分無料!※一部有料となる場合
  • Call:0120-71-1765
平日9:30〜21:00、土日祝9:30〜18:00