弁護士無料相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。
ご相談は無料ですので
お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ
0120-711-765
メールでのご相談

単身赴任が離婚に繋がりやすい理由と5つの回避策と5つの浮気調査方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夫が単身赴任になったらあなたならどうしますか?

本当は、家族は一緒にいるべきかもしれませんが、さまざまな事情で単身赴任を余儀なくされるケースもあります。

単身赴任では離婚の可能性が高まるような不安があるでしょう。

ここでは、

単身赴任が離婚に繋がりやすい理由

単身赴任でも離婚を回避する方法

などをご紹介していきます。

ご参考になれば幸いです。

弁護士無料相談実施中!
当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。
ご相談は無料ですので
お気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ
0120-711-765
メールでのご相談

1、 単身赴任は離婚に繋がりやすい?

単身赴任がきっかけで離婚する夫婦は全体の7%です。この数字は同居の約2倍。

つまりは、単身赴任は離婚に繋がりやすいのです。

必ず離婚に至るとはもちろんいえませんが、離婚に繋がりやすくなることは否めません。

単身赴任がきっかけで離婚する夫婦の約8割が夫の浮気によるものだといわれています。

確かに単身赴任で夫は1人です。

開放感もあり、寂しくも感じることでしょう。

その心の隙間を埋めてくれる女性が身近に現れた場合には、浮気につながるのかもしれません。

2、 単身赴任が離婚のきっかけになる5つの理由

では、単身赴任が離婚のきっかけになる理由を5つ見ていきましょう。

事前に理由がわかれば回避できるかもしれません。

(1)夫の浮気

断然多いきっかけは夫の浮気です。

夫は単身赴任先では1人で生活をする必要があります。

開放感もありますし、浮気をしてもバレにくいという好条件が重なります。

そして、1人で暮らすのは寂しいものです。

ついつい優しい女性がそばにいるケースでは浮気をしてしまう男性が多いのでしょう。

浮気をした夫としては、単身赴任先での少しの遊びという気持ちのことがほとんどでしょう。

問題は浮気をした夫を妻が許せないケースです。

そのような妻は、単身赴任先の夫の浮気には妻も目を光らせています。

そのため、浮気が露見する確率も高いのです。

妻は単身赴任を言い訳に浮気をした夫を許すことができずに離婚に至ってしまいます。

(2)妻の浮気

浮気をするのは夫だけとは限りません。

夫がいない寂しさを埋めるために妻が浮気をするケースも少なからずあります。

厄介なのは、女性の浮気は本気になりやすく、夫が妻の浮気を許せないことよりも女性自身が夫から心がなくなってしまうことです。

単身赴任の夫がいる妻は注意したいポイントになります。

(3)1人の方が快適だと気がつく

夫も妻も一人暮らしの快適さにハマってしまう可能性もあるでしょう。

夫は誰の目も気にせず仕事に打込めますし、お酒を飲むのも自由です。

また、女性も夫の帰宅を気にせず自分のペースで家事や育児ができるため、単身赴任中のお互いの生活は快適なものになるのかもしれません。

いざ、夫の単身赴任が終わってみた場合には、突然家族での生活が再スタートして辛く感じてしまう可能性があります。

「夫がいない方が良かった」

「妻が邪魔だ」

などとお互いに感じてしまった場合には、離婚のきっかけになることでしょう。

(4)金銭感覚の相違

単身赴任では、経済的に二重生活になります。

その際のお互いの金銭感覚の違いも決定的なすれ違いの元になり得ます。

夫に生活費を渡してもすぐに使ってしまう場合、反対に、単身赴任中に妻が夫の目を盗んで散財しているケースどちらも考えられるでしょう。

お互いに納得できないお金の使い方をしている場合でも離婚のきっかけになることに。

夫婦生活でお金の管理は大事なことです。

少しのズレが決定的な事態を引き起こしかねません。

(5)久しぶりに会っても好きじゃない

男女共に陥りやすいのが、お互いに触れ合う機会やコミュニケーションが少なくなるとお互いに気持ちが離れてしまうということ。

せっかく久しぶりに会ってみても他人のように感じられます。

また、単身赴任中にお互いの容姿が変貌した場合には余計に感じるのかもしれません。

夫は、単身赴任中に食生活が乱れがちです。

そのため、急に太ったり、栄養不足で激やせ状態になるケースもあることでしょう。

久しぶりに会った夫が一気に老けていた場合には、妻は夫が好きではなくなるかもしれません。

反対に妻が夫の不在中に手抜きばかりをして自分ばかりか家の中までだらしがなくなっているケースでは夫が妻を嫌いになるケースもあります。

どちらも離婚のきっかけには十分な理由です。

3、 単身赴任中の浮気を防止する5つの方法

では、単身赴任がきっかけで離婚に至るケースの約8割と言われる夫の浮気を防止する方法についてご紹介します。

夫の浮気を防げれば単身赴任が離婚に至ることを防げる可能性が格段に上がるかもしれません。

(1)頻繁に連絡をし合い、可能な限り週末は家に戻るルールにする

単身赴任でもコミュニケーションを大事にしましょう。

単身赴任で数ヶ月間会っていない状態は浮気の上で危険状態です。

頻繁に連絡を取り合い、近況報告をすることを忘れずに。

その際には一人きりの夫を慰めることも忘れないでください。

夫は寂しい気持ちがあるはずです。

そんなときに好きな女性の励ましは勇気を与えます。

仕事のために単身赴任をしているのですから、仕事がない週末などの休日は、基本的に自宅に戻ることをルールにしましょう。

自宅に戻る交通費が会社から支給される場合も多いです。

そうでない場合は経済面と相談ですが、少なくとも月に一回は戻ってもらってください。

子供の学校を転校させることがかわいそうだったり、介護を抱えているなど、妻側に転勤について行けない事情があるので単身赴任になっているケースが多いと思いますが、もし時間があるなら会いに行くことも忘れないでください。

干渉しすぎもよくはありませんが、夫の転勤先の自宅をチェックすることは浮気防止に繋がります。

夫と過ごす日は、手料理を振る舞うなど妻の存在をアピールしてください。

精神面でもそうですが、体の上でも健全な状態が保てるでしょう。

単身赴任中の夫の浮気は妻にはバレないだろうという心の緩みが原因です。

頻繁な連絡や、会いに行く行為で夫は妻にバレるかもしれないと気を引き締めて浮気心を封印できます。

(2)過干渉をやめる

浮気を気にしすぎて、夫に過干渉になっても夫は窮屈さを感じてしまいます。

頻繁な連絡の内容が、

「浮気していないでしょうね」

などの疑いの言葉では夫も辟易してしまうことでしょう。

浮気を防止するためには、逆に信頼する心も忘れてはいけません

頻繁な連絡を行う際には、干渉する言葉ではなく、夫の不在を寂しいと感じる心や、夫を労る言葉をかけてあげてください。

その方があなたの優しさが伝わり浮気する心はなくなります。

一方、過干渉にすれば、心を許せる優しい女性が現れでもすれば浮気をしやすい心理に陥ることでしょう。

(3)夫が不在でもだらしがない生活はしない

夫が不在時にこそ、自分磨きを怠らないようにしましょう。

夫がいない場合には、生活はだらしなくなってしまいがちです。

確かにその方が女性は楽かもしれません。

掃除も疲れていたなら翌日でいいか、という心が起きるのは当然です。

しかし、その油断こそが、夫の心が離れる原因です。

美しさを保つと共に、家の中の整理整頓も怠らないこと。

久しぶりに帰宅した夫ががっかりするような行動は慎むべきです。

いつ夫が急に帰宅してもいいように常に家庭内は綺麗に保ち、あなた自身も不摂生をしないように美しさを維持してください。

そうすることで夫の心はいつまでもあなたの元にあることでしょう。

この浮気防止策は、子供がいない夫婦で、妻が仕事を持つこと等を理由に転勤先について行かれないケースで特に重要かもしれません。

このケースでは特に、夫が妻と離れていても他に好きな人を作らないとする理由は、妻のことが大切だから、に他なりません。

夫婦二人きりの場合は特に、結婚こそしていますが、相手を大切に思う気持ち、恋愛のような感情だけが、浮気をしないことに繋がります。

久しぶりの再会時にはさらに美しくなって、再び夫に惚れてもらいましょう

(4)お金の配分をお互いに納得する

金銭感覚のズレも浮気をしやすい状態に繋がります。

男性の浮気は自由になるお金があってこそです。

お互いに生活費を計算し、納得した上で家庭内のお金の配分を決めましょう

とはいえ、夫は一人暮らしです。

仕事柄外食するケースが多い男性もいるはず。

そのことも考えて夫が生活に不自由しない程度のお金を渡すことは大事になるでしょう。

しかし、渡しすぎには注意して!

お金に余裕があった場合には、浮気をしやすい状態になってしまいます。

お互いに家計簿をつけるなど、しっかり家計を管理していくようにしましょう。

そうすることで、夫の浮気を防止し、浮気があったとしても早期発見に繋がります。

(5)気持ちを伝える

大事なことは離れていても愛を伝えるということ。

お互いの誕生日や結婚記念日、子どもの誕生日などにはできる限り時間を作りましょう。

そして一緒にお祝いをして感謝と好きな心を伝えていくのです。

それだけでもお互いの浮気防止に繋がります。

記念日には、家族写真などを撮り、単身赴任中の夫の部屋に飾るなども有効になるでしょう。

家族の存在を常に意識させることで、夫の心が揺らぐことはありません。

4、 単身赴任中の浮気を調査する5つの方法

とはいえ、数値の上でも夫が本当に単身赴任先で浮気をしていないのかは気になります。

単身赴任中の浮気を調査する良い方法を5つご紹介します。

(1)突然会いに行く

単身赴任中の夫の浮気は油断しています。

そのため、突然の来訪では夫が浮気している場合は何かしらのボロを出すでしょう。

突然行ってみると女性と一緒にいる、不在で所在を聞いてもはっきりしないなどです。

このような場合には夫が浮気している可能性が高まります。

しかし、頻繁に行っては警戒されてしまうかもしれません。

突然来訪するなら浮気している確信が高まってから行う方が有効です。

もしも杞憂だった場合でも浮気の抑止力になります。

(2)週末の居場所のチェック

週末自宅にいない場合にはどこにいるのかを聞いてみるのも有効です。

ごまかしている場合には妻にはわかります。

また、スマホの居場所チェック機能などを使ってみてもいいでしょう。

いるはずもないスポットにいることがわかれば、夫に問いただしてみてください。

ごまかせばわかりますし、観念して浮気の事実を話すかもしれません。

(3)連絡を入れる時間を決めない

定期的な連絡は、時間を決めない方が浮気をしにくくなります

いつも連絡が取れるから大丈夫だと過信するのは禁物です。

決められた時間のチェックでは夫に浮気のチャンスを作っています。

怪しいなと感じたなら、時間を不定期に連絡してみてください。

そのうち連絡が取れない時間帯があるはずです。

その時間が夫と浮気相手の逢瀬の時間だということ。

統計をとってみて夫に問いただしてみればわかります。

(4)夫のSNSを定期的にチェックする

夫のSNSを定期的にチェックするのも有効です。

夫のSNSには証拠を残さないように自分1人で出かけたような画像などがアップされているかもしれません。

しかし、同じハッシュタグをたどってみると、浮気相手の女性が何かしらの証拠を残している可能性もあります。

男性は妻にチェックされるとは思わず無用心に証拠を残している可能性もあるでしょう。

SNSのチェックはこっそり行い、証拠をいくつか集めた上で問いただしてみた方が夫は浮気を自白します。

少し我慢してから暴露する方が有効です。

(5)探偵を利用する

何をやっても浮気の証拠がでない場合で、それでも浮気の可能性が心配な場合には、思い切って探偵を利用してみましょう

プロの目はごまかせません。

どうしても信じられないならお金をかけて解決しましょう。

探偵が調査しても浮気していなかった場合には、夫は浮気をしていないということ。

安心して夫のことを信じましょう。

もしも浮気の証拠があった場合には、逆上せずに冷静な対処を行ってください。

5、 単身赴任中に離婚する流れ

残念ながら、単身赴任中にお互いの心が離れてしまい、離婚したいと感じる可能性があります。

そうなった場合のために離婚の流れを事前に押さえておいて損はありません。

離婚の流れを見ていきましょう。

(1)夫の浮気が原因なら浮気の証拠を集める

まずは離婚する前に夫の浮気などの証拠を集めましょう

証拠がないままに離婚を決意しても有利には離婚できません。

慰謝料などを請求するつもりなら証拠は忘れずに取り揃えてください。

その上で離婚話を切り出した方が夫も納得してくれるはずです。

証拠さえあれば裁判離婚に発展したとしても離婚が成立します。

(2)離婚届を入手する

離婚届を入手してください

離婚届は市役所や区役所などから入手します。

自分はサインした後で、離婚話を切り出した方があなたの本気度合いがわかってもらえるかもしれません。

離婚届を入手したときについてはこちらの3記事もご参考にしてください。

「離婚届をダウンロードしてから提出するまでの全手順」

「離婚届の書き方のポイントについて」

「休日でも大丈夫?休日に離婚届を入手する方法と提出する方法」

(3)お互いに離婚届に押印する

協議離婚での離婚が成立するなら、お互いに離婚届に記述し、押印しましょう。

単身赴任中は夫と離れていますから郵送でも大丈夫。

ただし、相手に郵送し、相手に任せてしまうと、なかなか離婚が成立しない可能性があります。

できることなら、直接会って、夫にサインしてもらってください。

離婚届の郵送については以下の記事もご参考にしてください。

「離婚届は郵送できる?郵送する場合に知っておくべき5つのこと」

(4)自らの手で離婚届けを提出する

確実に離婚をしたいなら離婚届は夫任せにはせずに自分の手で提出しましょう。

単身赴任中の離婚届は自分の手で提出した方が安心できます。

以下の2記事もご参考にしてください。

「離婚届を提出しようと思ったら知っておくべきすべてのこと」

「離婚届とともに役所に提出する必要書類について」

(5)慰謝料の請求

夫の浮気など慰謝料を請求できるような離婚事由がある場合には、慰謝料を請求してください。

協議離婚では慰謝料の額もお互いの合意で決定できます。

慰謝料請求については以下の3記事もご参考にしてください。

「​協議離婚(話し合いの離婚)で高額の慰謝料を勝ち取るための全手順」

「​​不倫をした夫に慰謝料請求するときの5つの弁護士費用の相場」

「​​離婚慰謝料の相場と弁護士が教える300万円以上獲得する方法」

(6)婚姻費用分担の請求

単身赴任中であっても、婚姻費用分担の請求は可能です。

婚姻費用分担とは、生活費のこと。

婚姻中には単身赴任であったとしても、お互いに平等に暮らす権利があるのです。

生活費を渡してくれない場合には、間違いなく行っておくべき問題です。

単身赴任中にあなたの生活が不自由していたなら、正当な金額を受け取ることができます。

婚姻費用分担請求については以下の記事をご参考にしてください。

「​​婚姻費用分担請求をして安定した生活をするために知っておくべき5つのこと」

もちろん離婚が成立した場合には、婚姻費用分担の権利は消失しますが、お子さんがいる場合には、離婚後は養育費を受け取ることができます。

協議離婚の場合、離婚に際して養育費の金額や終期についても自由にカップル間で決められます。

養育費については以下の記事をご参考にしてください。

「離婚時の養育費の相場とできるだけ高額もらうための2つの方法」

まとめ

単身赴任が離婚に繋がりやすいのは事実です。

離婚したくない場合には単身赴任中でも夫婦間のコミュニケーションを密に取る必要があるでしょう。

努力をしても離婚に至るケースでは、信頼できる弁護士に相談してみてください。

きっとあなたに有利に離婚を進めてくれます。

そうなる前に!

単身赴任中にはお互いの気持ちが離れない努力が大切です。

単身赴任が終わり幸せな家族生活ができますように。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士の無料相談実施中!


当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には弁護士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

ご相談は無料ですのでお気軽にベリーベスト法律事務所までお問い合わせください。

30秒でダウンロード完了!
離婚完全マニュアル全33ページ

「一度は離婚を考えたことがある」

そんなあなたに贈る、知っておきたい離婚の全知識

そんなあなたに贈る、
知っておきたい離婚の全知識

「離婚」の文字が頭をよぎったことはありませんか?
どのようなことから始めれば良いのか、はたまたこれは離婚原因になるのだろうかと、悩んではいませんか?

そんなあなたにこのマニュアルには

  • ・離婚の手続きの進め方について
  • ・よくある離婚の原因・理由
  • ・離婚後に起こるトラブルと回避法

など、離婚で皆様が悩むところをわかりやすく解説しています。こちらを読んでいただき、離婚で悩んでいる方たちのお力になれればと思います。

SNSでもご購読できます。

最近の投稿

平日9:30〜21:00、土日祝9:30〜18:00
  • 電話で無料相談する